子宮内膜症

子宮腔内にしかできないはずの子宮内膜組織が、子宮腔外の場所にできる疾患。

子宮内膜組織は女性ホルモンであるエストロゲンの作用で増殖するため、一度発症すると月経周期毎に病気が進行する。

症状

月経時の激しい痛みや多量出血で気付くことが多いが、自覚症状を伴わない場合もある。

子宮内膜組織は月経周期毎に分泌されるエストロゲンで増殖するため、閉経するまで悪化しやすい。

子宮内膜症の30~50%ほどは不妊症となり、妊娠する為に必要なエストロゲンで病気が進行する為、子宮内膜治療と不妊治療を並行して行うことは難しい。

良性の疾患なので、放っておいて命のかかわる疾患ではない。

 publicdomainq-0002928omp.jpg


現代医学での原因

月経血の逆流により、子宮腔外に子宮内膜組織が残る

骨盤静脈瘤内に子宮内膜細胞が普及し、血流により発症部位へと至り、エストロゲンで増殖する

自己免疫が原因となり、発生する

など、諸説ある。

子宮付近の腹腔内で発生しやすいが、子宮筋層内や卵巣内などの閉鎖空間にも発症したり、肺に子宮内膜が発生した例もあり、未だ発症原因についてはわからないことが多い。

子宮筋層内にできると”子宮腺筋症”、卵巣内にできると”チョコレート嚢胞”と呼ばれ、発生部位で総称が変わる。


東洋医学での原因

東洋医学で考えると、子宮内膜=血液組織であり、本来あるべきではないところに存在する”血”であることから『離経の血』、つまり『瘀血』と捉える。

瘀血の生成原因には、冷えや熱、気の停滞(ストレス)、気不足(血流循環エネルギー不足)、打撲や手術などの外傷、湿痰邪の存在による血流阻害などが考えられる。子宮内膜症という病名以外に月経血の状態やその他の舌、脈、腹、自覚症状などからその人に合った『瘀血』の生成原因にアプローチして改善する。


 

現代医学での治療

エストロゲンの作用で増殖する為、疑似的閉経を誘発してエストロゲン量を減らすピルの服用が第一選択となる。大きすぎる場合は、手術により取り除く。

ピル服用中は妊娠できないこと、また安易な手術により妊娠率が大幅に下がることもある。その為、子宮内膜症の治療と不妊治療を同時進行で行うことは難しい。


漢方での治療

一方漢方では、エストロゲンの働きが本来の子宮内の内膜組織のみへ成長が促されるように調整しつつ、子宮外にできた子宮内膜症の成長を抑えるという『妊活支援』と『病気対策』のどちらも兼ねる形が可能。

ホルモンの感受性が正常になると、エストロゲンが分泌されても子宮内の内膜のみが成長しやすく
、子宮外の子宮内膜症は悪化しない。漢方ではホルモンの感受性は”気”と考える為、気虚ならば補気剤を、気鬱が起こっていれば理気剤を使用してホルモンの感受性を正常化する。

それと同時に、子宮外の内膜組織は”瘀血”なので駆瘀血剤を使用して進行を抑える。場合によっては子宮内膜症を抱えている人は貧血であることも多い為、補血薬も合わせることもある。

処方例:芎帰調血飲第一加減、野牡丹、血府逐瘀丸、桂枝茯苓丸、桃核承気湯、通導散、腸癰湯など