2人目不妊のストレス診断

2人目不妊の

 

育児に追われ、妊活が思うようにいかない


・不妊治療のために
病院に子連れで通うことに気が引けてしまう


子供の都合(突発的な風邪など)で
思うように不妊治療が進まない


・育児に妊活、増える出費に対し、

前向きに妊活できない


・夫は「一人でも十分」もしくは

「まだできないの?」など、気持ちにズレがある夫婦


・不妊治療に時間を割くことで
第一子に負担をかけていると思ってしまう


第一子の為にも弟妹が欲しいのに
なかなかできなくて焦っている


・一人目の時より周りが気を遣わず
「2人目は考えてないの?」と聞かれて困る方


など、2人目妊活ならではの様々な悩みを抱えている方が多いです。


publicdomainq-0001125xvq.jpg


2人目妊活者は、1人できていることに後ろめたさを感じてしまい不妊の悩みを同じ妊活者同士で共有できず一人で抱え込んでいる人がとても多いです。

そのため、初めての育児”と、なかなか上手くいかない“妊活”の板挟みになってしまい、また周りのママ友や親族は続々と
2人目が産まれ、気持ちは焦る一方・・・


また、産後は子供と離れられず、自分の時間が全くと言っていいほど無くなってしまいます

どんなに辛くても、子供の前で気持ちを爆発させるわけにもいかず、かといって誰かと悩みを共有したり、発散することも出来ず、自分自身に気持ちを閉じ込めてしまっている辛さは、
通常の妊活以上に深く、孤独感も強いはずです。

 

 

 

 

 

心の負担は不妊治療院に行ってもあまり変わらないでしょう。

 

 

赤ちゃんが出来ないから不妊治療に行くことは止めはしませんが

あくまで産婦人科は不妊治療のための場所であり

心の負担は軽減する場所ではありません。

 

 

また、心の負担を軽減しようと心療内科に相談に行く方もいるようですが

心の負担は心のやり取りが緩和するもの。

 

 

カウンセリングや

 

 

決して精神安定剤のような安易なものでは

複雑な悩みは解決せず、一時的に気分が良くなっても

 

負担は増すばかりです。