妊活の知恵倉庫

2021-04-26 19:30:00
【重要】妊活においての”気”

 

今回は妊活においての”気”の重要性と漢方治療について書いていきます。

 

 

この”気”は

”や”水(リンパ・体液)”と違って目に見えないこと

東洋医学の胡散臭さを際立てていると思っております。

 

 

なので、”気”に関しては抵抗感がなくなるまで、何度でも書き続けます。

 

 

”気”についての理解を深められ、東洋医学が世間にもっと浸透し

それが日本の妊娠数を上げることに繋がるような内容となるようまとめていきたいと思います。

 

 

”気”はエネルギー

 

ここで「へぇ~エネルギーかー」で終わってしまうとイメージが湧きにくく

またどこでも言っていることで終わってしまいます。

 

 

もっと『”血”が身体を流れている』のように

『”気”が身体に流れている』と言われて簡単にイメージできるようにかみ砕いていきます。

 

 

”気”は時によって

 

電気エネルギー(電気シナプス)

熱エネルギー(体温・蒸気)

音エネルギー(振動)

 

など、多様に変化します。

 

 

例えば熱エネルギーは自然界でも寒暖差がありますが

目で見えないことはわかると思います。

 

 

空気の温かさは見えません

そこに”温かさ(熱エネルギー)が存在する”というのはわかるはずです。

 

 

人の身体も、36~37℃を保っているのは、気(陽気)のおかげです。

 

 

リンパ液を取り出してコップに置いておいても36~37℃を保つことができません

 

 

ですが、気の元である”食べ物”と”酸素”を燃焼させることで温かさを生むことができます。

 

 

体温というと、妊活中の方は高温期に敏感だと思いますが

その高温期と気の関係は強く結びついているのです。

 

 

高温期が36.7度~37度の範囲で安定しないと

赤ちゃんが育つ上でストレスを感じてしまいます

 

 

着床した段階ではとても小さい命ですので

そういったストレスは成長に影響しやすいのはわかると思います。

 

 

気を安定させないと、そういったリスクが高まってしまいます

 

 

逆に言うと、その状態を整えられたら赤ちゃんをそれらのストレスから守ることができるのです。

 

 

自分の体温を感じてみましょう。

 

 

その温かさがあなたの気の一部なのです。

 

 

「気?見えなくてわからない。そんなのあるの。」

 

 

これを読む前はそうだったかもしれません

今は目に見えなくても、その存在を感じることができるようになったと思います。

 

 

また、心臓などの臓器はなぜ動くのでしょうか。

 

 

動いていることが当たり前すぎて

『生きているから動いている』と思っているかもしれませんが

『動いているから生きている』んです。

 

 

心臓は身体の外に取り出したら動かないと思うかもしれませんが、実は動きます。

 

 

取り出した心臓は、血や水などを与えても動きません

電気を流すことで体外でも動くのです。

 

 

(薬学生である私はカエルの解剖で心臓を取り出して電気流して実証済みです滝汗

 

 

心臓が止まった時に電気ショックで生き返ることもあるように

電気で刺激することでポンプ機能が働くのです。

 

 

これはまさに気の力で、見えなくとも各臓器を動かすために電気エネルギーは体内を流れています。

 

 

この電気信号はホルモン伝達はもちろん、

心臓と同じように子宮や卵巣を正常に働かせることにもとても重要です。

 

 

子宮や卵巣の働きが悪いと妊娠率が低下するというのはわかりますね。

 

 

気(電気エネルギー)が不足してしまうと、

子宮や卵巣の機能が落ちてしまい、成長に負担をかけてしまうのです。

 

 

”気”は赤ちゃんを育む体温維持

また卵巣や子宮の機能を活性化して成長を促すために不可欠ということです。

 

 

妊活においての”気”の重要性をご理解いただけたでしょうか。

 

 

その気は、妊活を主で考えると

理屈では生殖器に関わる気さえあれば十分です。

 

 

が、身体全体が気不足状態であると

もちろん生殖器に分配される気が減ってしまいます。

 

 

また身体に十分な気が備わっていたとしても

生殖器へ気が伝わる道筋で渋滞を起こしてしまうと

結果として生殖器へ十分な気が送られてきません。

 

 

その状態をそれぞれ”気虚”と”気滞”と言い

生殖器の気が満たされていない(西洋医学ではホルモン不足)という結果は同じでも

出す漢方はその状態を考慮した上で変わるのはそのためです。

 

 

気を整えることで妊娠力を上げるには

 

→次回

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

2021-04-23 17:00:00
知っていますか?『アッシャーマン症候群』~見逃されがちな不妊原因~

 

アッシャーマン症候群を知っていますか?

 

 

不妊や不育症の原因の一つですが

 

・あまりメジャーではない

・自覚症状ではわかりにくい

 

ため、ご説明いたします。

 

アッシャーマン症候群とは

”子宮腔癒着症”とも言われるもので

内膜同士がくっついてしまった状態を言います。

 

 

くっついてしまうと子宮内が狭くなり

また子宮の動きが制限されることで

”不妊症”や”不育症”の原因となります。

 

 

症状では引っ張られるような強めの生理痛を生じたり

歪んだ子宮の形の為に十分なホルモンが伝わらず内膜が薄くなったり

排血の動きが十分にできないことで生理の血が激減し

子宮内に瘀血を形成して血の塊が出来やすくなります。

 

 

この瘀血も”不妊症”や”不育症”の原因となります。

 

癒着の原因

 

一番多い原因は

流産や出産時に行う掻爬(そうは)手術です。

 

 

子宮内に残っている血を物理的に掻き出す時に

子宮内を傷つけてしまい、炎症が起こり、癒着してしまうのです。

 

 

流産・出産時の掻爬手術を境に

 

・経血が少なくなった方

・生理痛が強まった方

・血の塊が増えた方

・なかなか妊娠できなくなった方

・流産を繰り返す方

 

は可能性があることは頭に入れておきましょう。

 

 

他にも細菌感染による子宮内膜炎でも癒着することもあります。

 

診断方法

 

子宮鏡検査が確実です。

 

 

ですが、妊娠前に様々な検査をする一連の中で

子宮鏡検査をすることはありますが

一度検査して問題ないと

それから流産や出産したからといって

病院側から再度検査することはほとんど促されません。

 

 

(なぜ再検査を促さないかは自分たちの掻爬手術の失敗が分かる可能性があるからでしょうか・・・?)

 

 

なのでアッシャーマン症候群自体あまり知られていないです。

 

 

掻爬手術をした後の生理が

 

・グッと生理時の経血量が減った

・生理痛が強まった

・血の塊が増えた

・生理周期が早くなった

・基礎体温が全体的に高め(高温期が37℃を超えるなど)

 

 

こんな変化に思い辺りがあれば

再度調べることも良いでしょう。

 

 

また、上記の症状に思い当たるところはあるけれど

医師に言われていないのに子宮鏡検査をお願いしにくいという人。

 

 

子宮鏡をしなくても

子宮内環境(癒着)をお掃除して整える身体作りを

漢方で行えるので、下記を参考にしましょう。

 

対策

 

癒着の原因は子宮内膜表面の炎症です。

 

 

牡丹皮・山梔子などの清熱涼血薬で炎症を鎮静化し

地黄・玄参などの滋陰薬で粘着した部分を潤わせ剥がれやすくし

赤芍・牡丹皮・益母草などの活血剤で血を巡らせ瘀血を除去し、癒着を改善していきます。

 

 

処方では折衝飲や加味逍遙散、芎帰調血飲第一加減、血府逐瘀丸、清肺潤喘丸、腸癰湯などを良く使いますが、それはその人の瘀血の程度と陰虚や湿痰の状態により調整しなければなりません。

 

 

もちろん、癒着の程度はごく一部分の人もいれば広範囲の人もいます。

 

 

何を飲めば良いのか、どれくらい飲めば良いかは

子宝相談中では舌や脈、顔色などの瘀血度合いで視覚的に見極めていきます。

 

 

子宮内のことなので、経血の状態から

血塊・血の色・血量などが以前の状態に戻れば癒着も解消できているでしょう。

 

 

また、生理痛の改善からも癒着の解消が感じられるでしょう。

 

 

漢方以外でのアッシャーマン症候群対策は

子宮鏡手術による物理的な改善方法もありますが

日常生活を見直すだけでは難しいでしょう。

 

 

子宮鏡では物理的に癒着を取るだけですが

漢方での癒着治療は癒着部分以外の内膜全体の質が上がり

癒着前よりも妊孕力が上がる効果もあります。

 

 

病院側が積極的に調べないため

認知度が低い”アッシャーマン症候群”。

 

 

でも仮にこの状態になっていたら絶望的に妊娠率や流産率は高くなってしまいます。

 

 

病院にばかり頼って気付かないのでなく

自分の身体からのサインを見逃さず、自分で妊孕力を高めていきましょう。

 

 

もしそれが難しいという方は私にご相談ください。

 

 

あなたのカラダからの悲鳴を聞き、寄り添うことで

悲鳴は喜びの声に変わり、新しい命は育まれるでしょう。

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

2021-04-19 18:15:00
精子・卵子に悪影響を及ぼす食品添加物

(この記事は6分で読めます)

 

活性酸素除去シリーズ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に続いて、

 

食品添加物と精子の関係についてまとめていきます。

 

食事の重要性

人の身体は何から出来ているでしょうか?

 

 

食べなければ痩せ、食べ過ぎたら太るように

食べたものから出来ているはずです。

 

 

あなたの慢性疲労や不調

そして妊娠しにくい体内環境は

日々の食事によって作り上げられた結果からきているとも考えられます。

 

 

食べたものから身体一つ一つの細胞が構築され

活性化することで元気に活動できますが

食べたつもりでも食べ物の栄養が少なかったり

消化に悪い物を食していたら知らず知らずに身体への負担となってしまいます。

 

 

せっかく食べたものも栄養とならず

身体の汚れとしかなっていない人も見受けられます。

 

 

その汚れの代表的なものが食品添加物です。

 

食品添加物のメリット

 

日々口にする食べ物も

内容物を見るといろんなものが入っていることにお気付きでしょうか。

 

 

科学の発展のお陰で

私たちの身の回りの食べ物には様々な食品添加物が入っています。

 

 

料理の状態をより良く長く保つための保存料

 

見た目や匂いで食欲をそそるように

食品に混ぜている香料や着色料

 

甘味にはなるけれど人体に入った時に糖質とならない

人工甘味料などがあります。

 

 

もちろんそれらを使用したことで

本来腐っていたかもしれないものを美味しく食べることができ

 

糖質制限中でも人工甘味料で味わい豊かな食事となり

 

見た目や匂いから本来の旨味をより引き出しているなど

 

三大欲求である”食欲”を満たし

心を満たすことに大きく貢献している側面はあります。

 

 

また何より”安価”ということが一番大きなメリットでしょう。

 

食品添加物の弊害

 

安価で美味しく食べられることはとても大きいことですが、

こと身体にとっては必要なものではありません。

 

 

少し前までは食品からの色素や香料

自然な保存方法を駆使しましたが

今は化学的な作用により保存を長期化していっております。

 

※クリックで拡大

 

天然だから毒性がない訳でもないですが

そうした人工物は消化・代謝されにくい側面があります。

 

 

イメージでいうとプラスチック材です。

 

 

プラスチックはとても便利な人工素材ですが

捨てられたプラスチックごみが自然界で分解されず問題となっているように

腐らず、錆びず、雨風微生物で分解されにくい素材です。

 

 

こういったものが胃腸に入っても消化が出来ず

消化できないことで分解もされにくく、吸収も満足にできません。

 

 

かといって身体から出る排出も出来ず身体に汚れとして蔓延り

筋腫などの異物の原因となることもあります。

 

 

元々食事というのは、食べ物を消化・分解し

身体に合うエネルギーに変換することで

身体の活力に変えていくために行っています。

 

 

つまり、人工の添加物が入った食べ物は

食べている満足感はあっても栄養になっていず

むしろ汚れになって身体に溜まって邪魔になっているものもあるということです。

 

 

保存料はまさに”長期保存”するためであり

自然界からも代謝されにくい=人の身体でも消化&代謝されにくいものです。

 

2大精子に悪影響を及ぼす添加物

保存料の中でも精子を始めとした

身体に不調をきたす添加物としてトランス脂肪酸があります。

 

 

これは食すほど身体に蓄積し、除去しにくい性質があり

また気・血・水のそれぞれを滞らせてしまいます。

 

 

肥満が不妊の原因となることもありますが

見た目が太っていなくてもトランス脂肪酸を含んだ食事を多く摂っている人は

同じように不妊の原因となり

男性は精子の質の悪化

女性では多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による

卵子の質の悪化や月経痛の元となってしまいます。

 

 

そして、もう一つ精子に悪い影響を及ぼす添加物があります。

 

 

それは人工甘味料のアスパルテームです。

 

 

そのためトランス脂肪酸は欧米諸国などでは添加禁止されており

アスパルテームは禁止こそされていないものの

マウスの実験にて精子への悪影響を叫ばれています。

 

 

悪影響がある割にはあまり認知されていないようですが

トランス脂肪酸・アスパルテームを口にすることが減ると

精子の質は改善し得るということです。

 

 

一般にどんなものに多く入っているのか、見ていきましょう。

 

トランス脂肪酸を多く含む食品

※クリックで拡大

 

マーガリン・ショートニング・インスタントラーメン・ファストフード・ピザ・フライドポテト・シリアル・スナック菓子・カレーのルー・ケーキ・チョコレート・アイスクリーム・天ぷらなどの揚げ物・ドーナツ・クッキー・コーヒーフレッシュなどです。

 

 

洋菓子やファストフード系、また食べた時にベタベタとするもの(脂なので当たり前ですが)多いことが分かりますね。

 

 

これら全てを食べないなどの無理はしなくて良いですが

ファストフードやインスタント系を避けたり

お菓子も量や頻度を減らしてみたり

和菓子系にしてみるなどの工夫をしてみましょう。

 

アスパルテームを多く含む食品

※クリックで拡大

 

ほとんどのカロリーゼロ商品には入っています。

 

また、飴やミンティア・フリスクなどの嗜好品や口臭ケアのものや

このリストにはなぜか無いようですが、ガムなどにも含まれていることが多いです。

 

 

これらは甘味と共に爽快性を味わう目的があり

糖質は口の中がベタつくために人工甘味料が使用されています。

 

 

食事以外での落とし穴であり、特に精子の質向上のために

禁煙した男性が好んで口にすることも多いため、注意してみましょう。

 

 

人工甘味料は意識すれば減らせるものですので

この機会に人工甘味料入りの食品は控えるようにしましょう。

 

 

アスパルテーム以外の人工甘味料も身体に良いとは言えませんが

精子への影響はそれほどないと言われています。

 

 

アルコール・喫煙・過労・睡眠不足などの精子への影響は一時的ですが

食事による影響は日々の積み重ねである為

アスパルテームとトランス脂肪酸は

射精3日前だけに集中するなどでなく

常に口にすることは控えめにするようにしていきましょう。

 

 

余談

これらの悪いところは特定保健用食品(トクホ)に指定されている場合もあることです。

 

例えばアスパルテームは血糖値を上げないことからトクホに指定されていますが

エコナ油もトクホに指定されていたのに身体に害のあるものと真逆の結果になったように

国が認めたからといって何も考えず安心して口にできないということです。

 

 

「国が身体に良いって言ってるから」で口にしたもので

健康力・妊娠力が下がったらたまったものじゃないですよね。

 

 

トクホだからと簡単に鵜呑みにすることは止め

自分なりに考えて、疑問があるものは私に聞いてください。

 

 

ネットでは経った一つの食品だけでも賛否ありすぎて混乱を招くだけですので

私でなくても、頼れる軸となる人を見つけるべきです。

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変えて差し上げます

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの妊娠力を最大限に引き出す

あなただけの漢方薬をご提案いたします

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

2021-04-15 17:00:00
老い・大気汚染が精子に及ぼす影響と対策

(この記事は6分で読めます)

 

活性酸素除去シリーズ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑で睡眠の質改善による活性酸素除去をまとめましたので、

 

放射線、紫外線、薬物、大気汚染、加齢etcから

 

活性酸素を減らし、卵子・精子の質を上げる方法をまとめていきます。

 

 

加齢と精子の関係

健康な男女がタイミングを上手く取れた場合の自然妊娠率は20~25%

 

つまり、4~5周期に1度妊娠する計算となりますが

 

1度ならず2度、3度と妊娠するまでに1~3周期しかからない夫婦もいます。

 

 

 

これは精子の運動力と受精力が強い為で

 

本来の20~25%の妊娠率をはるかに上回ります。

不妊症は女性側ばかり重要視されがちですが

 

女性側に多少の問題があっても精子が強ければ実は妊娠できます。

 

 

女性の場合、産まれた時から”原始卵胞”の数は決まっており

 

原始卵胞を使い切ってしまうと閉経を迎えるという、明らかなタイムリミットがあります。

 

 

 

一方男性の場合、精通してから死ぬまで精子を作ることができる能力はあります。

 

 

 

つまり精子産生のタイムリミットはありません。

 

 

 

ですが、年齢と共に精子自体は老化してしまいます。

 

 

卵子と出会うまでに過酷な環境(膣内の酸性etc)を耐え抜き

 

さらに長い距離を泳ぎ切る体力が必要ですが

 

誰しも年齢と共に持久力がなくなっていくように

 

加齢とともに精子が卵子まで到達できる数が減ってしまいます。

 

 

 

また、受精卵の分割能は精子によるところが大きいため

 

老化した精子ほど分割が途中で止まってしまい

 

つまり受精卵が育ちきれない傾向にあります。

 

 

 

それは着床してからも同様で、精子の老化により流産率も上昇します。

 

 

 

一般に、男性側が原因となり妊娠しにくくなる年齢は35歳以上と言われています。

 

 

加齢による問題を解決するには若返りしかありませんが

 

現代医学で若返りすることは不可能です。

 

 

 

だからといって、一端低下してしまった精子能が20代の頃に戻らないわけではありません。

 

 

 

20代の頃は無茶をしても身体への負担はそれほど大きく感じなかったのに

 

年齢と共に疲労感がなかなか取れなくなっていったり

 

回復するまでにかかる時間が長くなってしまっていると感じることはありませんか?

 

 

 

精子も同じです。

 

 

 

20代の頃は酒やたばこや生活リズムが悪くても”若さ”という力が

 

それをカバーすることで妊娠力は高い状態を維持できます。

 

 

 

35歳以上になると精子の疲労回復力こそ低下していますが

 

精子へ負担を掛けないように過ごしていると問題はありません。

 

 

これまでに上げた「活性酸素からの負担を減らす方法」こそが

 

加齢による精子への影響を減らす近道です。

 

 

 

時間を戻すことは出来ませんが

 

酸化ストレスをコントロールすることで

 

精子の老化を防ぐことが出来るということです。

 

 

 

また、精子の質を保つことは高血圧や糖尿病、高脂血症、メタボ、痛風etc

 

そんな生活習慣病に悩まされることもなく若いカッコいい自分を保つことにも繋がり

 

日々疲労を感じず元気に過ごせ、長生きも出来るでしょう。

 

 

 

活性酸素が多い少ないは血液検査でも見えませんし、身体の見た目にも表れません。

 

 

 

それは自分の感覚が全てで、日々の疲れなどがどうすると解消するのかに焦点を当て、

 

自分の身体に合った精子活性化方法を見出しましょう。

 

 

 

大気汚染と精子の質

 

日本の空気が綺麗かといったらそうでもありません。

 

 

 

ですが、普段生活していて精子の質に影響するほどの

 

大気汚染状態の地域はあまりないでしょう。

 

 

 

基本的にはそれほど気にしなくても構いませんが

 

時に森林や綺麗な水で濾過された気(空気)で肺を満たし、浄化することも大事です。

 

 

身体に溜まった活性酸素を吐き出し、質の良い酸素を取り入れると

 

頭と身体がリフレッシュされ、気分が良くなるはずです。

 

 

 

また、空気の状態に関わらず

 

現代人は普段の呼吸が浅くなりがちです。

 

 

 

常に肺を大きく使う呼吸が望ましいですが

 

仕事の合間などのふとした時だけでも数秒~数分ほど深呼吸する癖をつけていきましょう。

 

 

 

すると気が付くと溜まっていた脳内ストレスが

 

少しでも解毒され、気持ち良い日々が送る手助けとなるでしょう。

 

 

精子の質を低下させる食品添加物

→次回へ続く

 


ここまで読んでくれた

あなたに感謝です。

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

赤ちゃんとの出逢いへと

繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じている

 

妊活苦しさ・疲れを感じる

 

そんな時はご相談ください

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 


「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

 

たった一度の人生

 

これからの人生に後悔を残さない為

 

そして

 

楽しい妊活を送るために

 

私の力をお求めください

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

2021-04-12 17:00:00

(この記事は4分で読めます)

 

活性酸素除去シリーズ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑で睡眠の質改善による活性酸素除去をまとめましたので、

 

放射線、紫外線、薬物、大気汚染、加齢etcから

 

活性酸素を減らし、卵子・精子の質を上げる方法をまとめていきます。

 

薬物による精子への影響

 

 

精子の異常形態・異常運動率が上がる薬は多数ありますが

 

異常な精子はまず卵子の元まで十分に泳ぐことができないので

 

異常な情報を持ったまま受精することはまずないと言われています。

 

 

 

精子については問題ないですが

 

精液に成分が混入し女性の身体に悪影響を及ぼしてしまう薬が

 

数種だけあるので下記にまとめます。

 

薬剤名 商品名 薬効 避妊すべき期間
エトレチナート チガソンカプセル 乾癬、魚鱗癬などの皮膚病の薬 女性:服用期間中+2年間
男性:服用期間中+6カ月間
ガンシクロビル デノシンカプセル サイトメガロウイルスによる網膜炎の治療剤(抗ウイルス剤) 女性:服用期間中
男性:服用期間中+90日間
グリセオフルビン グセルビン
グリソビン 他
抗白癬菌剤
(水虫の薬)
女性:服用期間中+1カ月
男性:
服用期間中+6カ月間
コルヒチン コルヒチン 痛風治療薬 添付文書に記載なし
メトトレキサート メソトレキセート
リウマトレックス
抗リウマチ薬 女性:服用期間中+1月経周期
男性:服用期間中+3カ月間
リバビリン レベトールカプセル C型慢性肝炎治療剤
(抗ウイルス剤)
服用期間中+6カ月間(男女とも)

 

また、これら以外でも育毛剤であるプロペシア

 

男性ホルモンを抑える働きがある為、精子の数・質・機能が落ちやすく

 

抗精神薬の多くは性的興奮が起きにくくなり

 

機能的な男性不妊(勃起不全や射精障害)などを起こすことはあります。

 

 

 

また覚せい剤などの薬物乱用などの影響は明確にはわかっていませんが、

 

脳に影響を及ぼすことが多いため、ホルモン分泌へ影響し、精子への影響も大きいと考えられます。

 

 

 

ですが、乱用している場合は精子がどうかに関わらず

 

産後の育児への影響が大きいと思われますので

 

薬を絶ってからでないと倫理的な問題が生じるでしょう。

 

 

覚せい剤や抗精神薬は精子や機能性の問題よりも

 

父親として薬に頼らずとも子育てできる状態になることの方が重要でしょう。

 

 

 

漢方やカウンセリング・セラピーなどを通して

 

父親の精神へと成長することが大切ではないでしょうか。

 

放射線からの精子への影響を避けるには

 

 

日常的に多少の放射線に曝されていることはありますが

 

放射線が漏れている場所に行かなければ卵子や精子に影響するほどにまでは至りません。

 

 

 

例えば健康診断などでのX線照射なども

 

やるとしても一時的な事であり影響力は大きくありませんので

 

過度に気にすることはありません。

 

 

 

食べ物への放射線の影響は憶測の域を超えて書けない為

 

特に触れないでおきます。

 

 

 

目に見えないだけに変な不安を感じる要素ですが

 

気にしすぎることの方が不健康になるくらい、気にしないで良いでしょう。

 

紫外線からの精子の影響

 

 

紫外線は皮膚の活性酸素を増やしてしまいますが

 

精子に影響を及ぼすほどの活性酸素は溜まりません。

 

 

 

また、現代では紫外線は悪者扱いされがちですが

 

やはり地球に命が誕生した大きな理由が太陽であり

 

太陽光は刺激も強いですが、身体にとって欠かせない働きも促します。

 

 

 

例えば、起床と睡眠のリズム作りで書いたように(↓参考)

 

起床時に日光を浴びることで交感神経を昂らせ運動機能や集中力を上げ

 

そのリズムからスムーズな入眠状態へ導くことにも寄与し

 

またビタミンDも活性化して骨が丈夫になります。

 

 

 

妊活においても太陽の存在は

 

交感神経と副交感神経のバランスが整うことでホルモンバランスも安定し

 

またビタミンDの活性化は精子の運動能を高めることにも繋がります。

 

 

 

『紫外線=悪』とばかり捉えず

 

適度(1日5~10分程度)に日光を浴びる習慣づけも大事なのです。

 

 

 

浴び過ぎは良くありませんが。

大気汚染と精子

→次回へ続く

 


ここまで読んでくれた

あなたに感謝です。

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

赤ちゃんとの出逢いへと

繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じている

 

妊活苦しさ・疲れを感じる

 

そんな時はご相談ください

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 


「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

 

たった一度の人生

 

これからの人生に後悔を残さない為

 

そして

 

楽しい妊活を送るために

 

私の力をお求めください

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...