インフォメーション

2019-11-15 13:58:00

効果はあります。確実に。

 

効果はあるのか?と思っている人も、実はその効果を日常的に感じているはずです。

 

食べたら異様に汗が噴き出るものってありませんか?

 

想像しただけでも、よだれがドッと出る食べ物

 

口にするとお腹が痛くなって下痢しちゃうもの

 

脂っこいものを食べるときに合わせて食べると胃もたれせずスッキリ食べられるもの

 

香りを嗅ぐだけで心が落ち着くもの

 

飲んだら飲んだ以上に小便を催すもの

 

病気を治すほどではないけれど、日常的に食べ物を食べたことで感じる身体の変化があることにお気づきでしょうか。

 

ですが、同じものを口にしても、そういった症状が出る人もいれば、全く何も感じない人もいます

 

これはその人それぞれが持つ体質食べ物の特性がもたらす違いです。

 

元々暑がりな人に身体を温める食事をすると汗をかきます

 

冷えている人に同じ温める食事を与えると、汗はかかず冷えによって起こっていた諸症状が取れていくなどです。

 

根本は漢方もこれとおんなじなんです。

 

漢方はそういったこと特性をより極めて引き出しお飲みいただいているため、という扱いになっているのです。

 

漢方って本当に効くの?効果あるの?と思っている人のほとんどは

 

病院で漢方を服用した経験があるけど、

 

「2週間~数ヶ月服用したけれど何が変わったのかわからない

 

という人がほとんどのように思います。

 

特に妊活や婦人科に関しての漢方薬はほとんどが当帰芍薬散・加味逍遙散・桂枝茯苓丸のはずです。

 

この3つは”女性用3大漢方”と言われ、

 

冷えやむくみ、貧血、生理痛、妊活、妊娠中なら”当帰芍薬散

 

生理前症状(PMS)が強いなら”加味逍遙散

 

冷えのぼせ、強い生理痛、頭痛、肩こりなら”桂枝茯苓丸

 

漢方をまったく知らない医師が良く出している3大漢方です。

 

間違っているとは言いませんが、もっと人間って多種多様で、3つだけで緩和できるものじゃないですし、

 

逆に”この3つのどれか”みたいな考えですが、このうちの2つを併用することで改善できる場合もあります

 

ようは、そういったものを飲んだけど効果を感じなかった人は、それが身体に合った漢方じゃなかったというだけです。

 

漢方の服用により身体の不調や妊娠率が上がることは確かなので、

 

それらの普及率が上がることはとても望んでいるのですが、

 

逆に広く浅い漢方処方をされてしまうと、効果を感じなかった経験が

 

本当に身体に必要な漢方との出会いの妨げとなってしまうことが多くなっているようなので悩みどころです。

 

だからこうしてこんな記事を書いているのですが(恨み節)

 

漢方の起源

(最後の章を何より伝えたいので、ここがくどいと感じたら飛ばしてください)

 

漢方は元々中国何千年の歴史の中で培われた中医学が日本に渡り、それを基本として日本独自に発展していった医学です。

 

その元の中医学は、その口にするものの特性を活かしたら、身体の異常を治せるんじゃないか?

 

もしかしたら異常が起こったら治すだけでなく、異常が起こる前に予防することも出来るんじゃないか?

 

”冷えたら温める”そんな単純な事を突き詰めていった”集大成”です。

 

と言えばカッコ良いですが、そこには裏があります

 

中国は昔から人口はとても多い国でしたが、今よりももっと格差が大きくありました。

 

トップの人を守るために、奴隷のような人たちが多く犠牲になるのが当たり前で、

 

特にこの中医学の発展に欠かせないのが、底辺国民の犠牲、つまり人体実験です。

 

数千年前は今のように機械での分析はもちろんできず解剖などでも清潔に保つことが困難な時代でした。

 

中医学を確かなものとするために、身体の中のことを知らないわけにもいかず

 

相当な数の人体実験が行われていたと言われています。

 

今では「漢方は科学的・理屈的じゃないから信憑性に欠ける」「エビデンスがないから信憑性に欠ける」などと言われますが、

 

残虐性の為に隠されていますが、実はこれほどに人体実験を経て得たエビデンスがあるものもないほどなんです。

 

現代に戻りますが、ではなぜそんなエビデンスがしっかりしたものが、今の妊活者で効果を発揮できないと感じる人が多いのでしょうか。

 

それはそういったことで得られた”こういう人にはこれを出す”という見方がズレているためです。

 

現代医学は不快症状などがあったら、それにまず病名を付けます。

 

病名を付けるから、それに対しての薬があり、それに対してのエビデンスが出来上がっていくわけです。

 

ですが、漢方の元の中医学は病名ではなく、症状がまずあったら、その原因を主訴や主訴以外の症状から探ります

 

鼻水が出ているなら、現代では”花粉症”や”風邪”によるもので、どちらにしても一時的なアレルギー症状という末端に合わせて抗アレルギー剤を使います。

 

それでは症状は治まっても抑えているだけで、お薬を止めたらまた症状は復活します。

 

ですが、中医学は鼻水でも粘り気はどうなのか、色は黄色なのか透明なのか、どんな時に出るのか、お腹に水は溜まってないか・・・

 

色んなことを考え、鼻水の原因を探ります

 

そのため、鼻水症状に対してだけでも、10種類以上の処方あります。

 

抗アレルギー剤も10処方以上あると考える人もいますが、名前や化学構造が少し違うだけで基本的には同部類のものが多いですが

 

漢方の10処方はそれぞれの中見がまるで違います

 

その中でも一番効果を見いだせたものが”小青竜湯”であり、10人中3人にそれが効いたから

 

病院での鼻水漢方と言えば小青竜湯が9割くらい処方されます

 

ですがその他の10人中2人は辛夷清肺湯、1人は葛根湯加川芎辛夷、1人は荊芥連翹湯、1人は苓甘姜味辛夏仁湯、1人は藿香正気湯、1人は玉屏風散だったりします。

 

つまり、統計的にもそのようにタイプが割れるのに、「漢方の中で鼻水に一番聞いたやつを皆に出そう」となり

 

鼻水漢方→小青竜湯になってしまっているのです。

 

それで10人中の7人は「漢方自体が効かない」となってしまいます。

 

伝えたいこと

何が言いたいかというと、”漢方”を飲めばいいんではないのです。

 

”自分に合った漢方”を飲めばいいんです。

 

妊活においては生理の状態なども大事ですし、普段からのむくみ冷え、いったらキリがないほど関わる症状はあります。

 

病院での漢方処方はあなたの身体のことを知った上で出しているでしょうか?

 

不妊”そのくくりだけで、自分自身の身体を見つめる機会を逃さないでください。

 

何も必ずしも漢方を飲めといっているのでなく

 

不妊治療だけをしている場合、”自分の身体の見方もわからず、ネット情報に振り回されている

 

そんな人が多いので、もっと自分を知ることで幸せになれるのではないかなと伝えたいです。

 

”自分に合った妊活”

 

”自分に合った漢方”

 

今一度、考えてみませんか?

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-11-14 11:33:00

着床前スクリーニングとは

体外受精顕微授精などを経て得られた受精卵(8分割~胚盤胞)移殖前染色体異常が無いか調べる検査(診断)です。

倫理的な側面から、日本産婦人科学会では”見解”の構えで、

 

習慣性流産(不育症)の場合などに認可”された施設でのみ診断できる状態であり、

 

体外受精、顕微授精をしている全ての人の希望に添えるものではなく、また男女の産み分けを目的とした利用は原則禁止されています。

 

世界的には宗教や各国の倫理観により対応は様々ですが、欧米では積極的に行われていることが多く、

 

アメリカでは男女の産み分けも含め受け手の自由に診断を受けることができるようです。

 

※自然療法、タイミング療法、人工授精では受精卵を外に出せない為調べられません

 

着床前スクリーニングの意義

高齢になるにしたがって、ダウン症などの障害児の出産率流産率高まる傾向にあり

 

その原因は受精して間もない時期から見られる受精卵の染色体異常”が原因と考えられています。

染色体異常の受精卵が着床した場合、そのほとんどが流産してしまいますが、

 

流産を経験すること子宮の状態ホルモンバランス精神的負担が強まり

 

以降の不妊治療・妊活にかかる負荷がとても大きくなってしまうと考えられる為、その負荷を軽減することが目的です。

 

着床前スクリーニングの個人的見解

流産を経験したことによる心と身体の傷が癒えずに妊活を断念している人は少なくありません

 

東洋医学的に見ても、流産後の処置によってはその後の”気虚”や”血虚”、”瘀血”、”陰虚”などを生むキッカケともなります

 

その場合は状態が深いことが多く、身体を妊娠前の状態に戻すことにも時間がかかる為、

 

出来るなら流産するリスクが高い移殖は控えられるに越したことはないと思います。

ですが、過去に着床前スクリーニングをしている方の相談にのっていた時、

 

病院側は”数撃ちゃ当たる”と言わんばかりに、卵巣にいくら負担がかかろうが

 

注射を高濃度でバンバン打って採卵→診断結果は全て染色体異常陽性→休憩なしで次周期もより高濃度で注射→採卵→全て染色体異常→・・・

 

と繰り返してOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を繰り返し、そのたびに採卵数育つ受精卵の数・質落ちていく方がいました。

 

その方は採卵を半年間休憩し、その間に漢方薬を飲んでいただいたことで、その後の採卵では採卵数が増え

 

胚盤胞まで育つことができ、また受精卵のグレードも悪くないばかりか、やっと染色体異常がないという結果が出ました。

着床前スクリーニングをしなければ染色体異常の受精卵を戻し

 

結果妊娠しても流産していたかもしれないので着床前スクリーニング自体が悪いとは思いませんが、

 

それをする上では受精卵の染色体異常という結果のことばかりに執着せず

 

より根本の卵子・精子の質の改善、またそれらが育つ場である卵巣・精巣を正常に働かせる土台作りが大事だと思います。

 

実際に、着床前スクリーニングをした場合、流産率は減っているようですが、

 

一方の妊娠率が増えているわけでもないとの見解もあるほどです。

 

結果(葉)ばかりを見ないで、それに関わる木の幹、そしてその木を支える根(体質)を見直し

 

どこに問題があるかに従って改善していくことが愛しい赤ちゃんとの出逢いへの歩みとなるでしょう。

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-11-13 13:45:00

出生前診断”についてご存知でしょうか。

 

これは妊娠中に、胎児に何か異常が無いかを知る為の診断のことを指します。

 

最近では医療技術の進歩により、母体・胎児ともに負担の少ない方法で、かつ精度も高い診断が可能となり、

 

産まれてくる赤ちゃんの状態をいち早く知りたい妊婦さんの間で普及しています。

 

異常が認められた9割の方が”中絶”を選択し、「命の選別」とも言われ賛否両論を生むの診断ですが、

 

自分達の子供と自分たち夫婦の未来のために、知っておくべき内容と考えていますので、まとめていきます。

出生前診断の種類

上記の図のように、新型出生前診断(NIPT)、コンバインド検査(超音波検査)、母体血清マーカー検査、絨毛検査、羊水検査があります。
NIPTに関しては日本では6年ほど前から施行されている診断法で、
通常の妊婦検診でする血液検査と同じように採血によって行えるため、母子ともに身体へのリスクがほとんどなく
感度も良好であるため、近年ではこの検査が普及しています。
ですが、NIPT、コンバインド検査、母体血清マーカー検査は”非確定検査”であり、
それらの検査結果が陽性の場合、絨毛検査、もしくは羊水検査の”確定検査”にて再検査する必要があります
感度が99%でありながらNIPTが非確定検査であるのは
NIPTにより”陰性”という結果が出た場合の胎児に異常がある確率は0.01%以下でとても高精度ではありますが、
陽性”という結果の場合、実際には胎児に異常がないという誤診が一定数ある為です。
それは35歳で10週目の妊婦における陽性的中率85%40歳10週目の妊婦では95%であり、
年齢が低い程、精度が下がる傾向にあり、陽性結果の5~15%ほどは誤診であるということです。
また、出生前診断は妊娠中に全ての胎児の異常がわかるわけではなく発達障害各臓器の機能不良、アトピーなどのように
産まれてからじゃないとわからない症状もあるので、誤解のないようにしましょう。

出生前診断の条件・費用

出生前診断は誰でも受けられるわけではありません
その条件
分娩予定日時点35歳以上の方」
「以前に障害のある子を妊娠・出産したことがある方」
「定期健診時に医師にその可能性を指摘された方」
などが診断を受ける対象となります。
また、診断に関しての費用については保険適用ではない為、全て自己負担となり、また病院ごとに金額が異なりますが、
NIPTでは約15~25万円
 
母体血清マーカーテスト2~3万円
 
超音波検査1~3万円
 
絨毛検査10~20万円
 
羊水検査10~15万円ほどが相場のようです。

出生前診断の注意点

出生前診断をする大きな理由は、異常が分かった時に”中絶”という選択をする可能性があるということであり、
中絶”は妊娠22週未満(21週6日目)までとされており、22週目以降の人工的な中絶行為は殺人罪に問われる形となる為、
羊水検査などは15週目からの診断が可能ですが、結果が出るまでとそれから考える時間などを考慮すると時間はあまりないです。
その時になって迷うのでなく、まず診断をするのかどうかを含め、予め良く考えておくことが大事だと思います。
また、この診断、特に血液検査で簡易的に出来るようになったNIPTは、法律上は医療機関でどこでも出来るらしく
サービスという言葉の裏に商売的に無認可で行っている医療機関もあるようなので、
結果などに変わりはないとは思いますが、説明や理解などの面では充実していない為、
美容整形などの”ついで”の診断でなく、産科・婦人科で認可されているところで検査しましょう。

出生前診断の難しさ

出生前診断は陽性9割以上中絶を選ぶ現実があるため、その診断自体に対して賛否が分かれています
自分のことでなければ、「命の選別」と表現されると「道徳的に~」と診断自体中絶否定したくなる気持ちはわかります。
一方、妊婦視点での、夫婦の為、そして産まれてくる子の幸せの為苦渋の決断も心が締め付けられるほどに良くわかります。
賛否が分かれる中の私個人の意見としては、やはり妊婦当人の気持ちを尊重します。
妊活を支援していて感じることは、皆さんとても真剣”と向き合って日々の生活を送られております
否定派の気持ちもわかりますが、やはりその意見は他人事であり”机上の空論”に近いものを感じます。
命は何より大切生死を選ぶなどと、そんなことはあってはいけない
そんなことは、新しい命新しい家族を迎えたい人たちが分かってない訳ないじゃないですか。
家族の幸せの為に、頑張って授かった命犠牲にすることに苦悩しないわけなんてないじゃないですか!!
その選択は「道徳観を捨てた」のでなく、その道徳観を超えるほどの何かに至るまで考えつくした結果だと思います。
診断を受けるかどうかに悩み、結果が出るまでの1~2週間は結果待ちで心を消耗し、またその結果を受け止め、どうするか
一番に苦しんでいるのは、絶対に妊婦当人です。
ではそれほど悩ませる検査を受けなければ良いのでは?という意見もあるかもしれません。
それも当事者が考えることだと思います。
ただ、今はそういう選択肢があると知りそれに対しどうするかは、
やはり世間の意見ではなく夫婦の気持ちを何より尊重するようにしてほしいと思います。

次回は同じように道徳観の問われている”着床前診断(PGTA)”についてまとめようと思います。

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-11-12 13:16:00

妊娠中の母体と胎児の変化のまとめリンク

 

妊娠1ヶ月目(0~3週目)

 

妊娠2ヶ月目(4~7週目)

 

妊娠3ヶ月目(8~11週目)

 

妊娠4ヶ月目(12~15週目)

 

妊娠中期の過ごし方

緩やかな服を着ていたら見た目では目立たない程度ですが、お腹は少しずつポッコリと出てきます。

妊娠5ヶ月目(16週目)は妊娠中期、いわゆる”安定期”に入ります。

 

安定期というだけあって流産率はグッと下がりますが、

 

安定期というのは世間が勝手に付けた名称で医学的に言われているものではありませんので、

 

安定期だから大丈夫」と、羽目の外し過ぎには注意しましょう。

 

ですが、これからは身体を適度に動かしていくことは体重の過剰な増加むくみ血行不良対策としても良く

 

また出産時の身体の負担の軽減とも繋がる為、安産率が上がります

 

マタニティビクスマタニティヨガなどのような妊婦に合わせた運動教室を行っているところを探して行ってみてはどうでしょうか

妊婦としての気持ちの共有情報交換をする場としても良いでしょう。

 

またその際は、マスク・手洗い・うがいなどの風邪対策はしっかりとしましょうね。

 

戌の日(安産祈願)

流産リスクが減る時期に入ったため、次は安産を意識していく時期となってきます。

 

その安産祈願の習わしとして戌の日”に安産を願う「帯祝いがあります。

 

帯祝いの儀式を行っている神社お寺へ行き、”岩田帯”と言われる帯を祈祷してもらいます。

この”岩田帯”は昔は妊婦側の家族から送られるものでしたが、

 

最近は自分で購入したり、祈祷する神社やお寺で準備してもらうことが多いようです。

 

祈祷後はその帯をお腹に巻き、大きくなるお腹を支え腰痛予防姿勢を矯正することで

 

妊娠生活の負担が軽減できるように支え、安産へ導いていきます

 

ですが、あくまで古典的な帯であり、トコちゃんベルトのように設計したものではないので、

 

腰痛が強い場合などは無理に”岩田帯”にこだわらず、自分が楽になるものを使用しましょう。

戌の日12日毎に訪れます。

 

5ヶ月目を迎えてから一番近い戌の日に祈祷することが一般的ですが、

 

必ずしもそれにこだわらず、体調気候に合わせ無理をしないようにしましょう。

 

(”戌の日”は、イヌが子だくさんかつ安産であるため、”安産”の象徴として扱われ、それにあやかったものが習慣として根付いたもの)

妊娠5ヶ月目の母体の変化

子宮は幼児の頭より少し大きいくらいまで拡張してきます。
産後の授乳の為に、乳腺も発達してくるため、胸の張りを感じやすくなるかもしれません。
胸を締め付けるような服装は控えめにすると良いでしょう。
場合によっては乳頭から何か汁などが出ることもありますが、これは母乳を出すための準備の反応なので気にしなくて良いです。
もちろん、出ない場合も問題ありません。
また、この頃は妊娠中でもオリモノが増えることがあります。
痒みや匂いなどが気になる場合は医師に相談すると良いですが、
それ以外は蒸れないように気を付けるくらいで良いでしょう。
赤ちゃんの成長のために母の血液を消耗する為、貧血を起こすこともあります。
鉄分、ビタミンC、アミノ酸(タンパク質)、葉酸などを摂って、血を増やしていきましょう
プルーンなどを口にすると良いでしょう。
お腹が大きくなってきているため、うつぶせ寝は母子ともに負担をかけてしまう体勢となってきます。
睡眠や休憩時にはうつぶせ寝をやめて、負担がかかりにくい左側を下にして横になる姿勢を心がけましょう。

5ヶ月目の胎児の成長

胎児と母を繋ぐ”胎盤”が完成し、胎児への栄養循環がしっかりとしてきます。
それにより、16週目では11~12cm80gほどですが、19週目には18cm200gほどまで成長します。
それと共に骨、皮膚、筋肉などが徐々に成長し、丈夫になってきます。
また胎児自身の動きも活発化し、腕、足、指など、少しずつ細かいところも動かせるようになってきたり、
首を動かしたり伸びをするなどの動きも出来るようになってきます。
それを胎動”として感じられる人もいれば、羊水や脂肪がクッションとなりまだ感じられない人もいます
胎動を感じられたとしてもお腹を手で触れてわかるレベルではなく
何となく動いているかも?」程度の身籠った方にしかわからない感覚のようです。
焦りは禁物ですが、”胎動”とわかるものを感じると、
「お腹の中で”生きている”、”成長している”んだなぁ」
とより一層命の輝きを実感できることでしょう。
大きくなるにしたがって胎動は苦しさ不快感を生むこともあるので、
感じ始めのこの時期が一番楽しく胎動を感じられる時期となるでしょう。
また、羊水を飲み込むようになり、その羊水が胎児の胃や腸を通り
腸の中で死んだ細胞や腸内の分泌物と混じって胎便を作りますが、これは産後すぐに緑色の便として排泄されます。
普段胎児から出る老廃物は、胎盤を介して母の老廃物と一緒に排泄されます。
その為、胎児は母体の中ではウンチはしません(苦しい時は別)が、おしっこは羊水内でします。
耳も発達し、この頃から音を聴きとれているともいわれています。
モーツァルトのα波など、クラシック音楽などを聴かせる方が多いようですが、
基本的には母親がリラックスできる曲を流すと良いでしょう。
また、お腹の赤ちゃんに話しかけ、より一層愛を深めるとなお良いと思います。
私は音楽よりも母の声が一番の胎教だと思っております。
こうしてみると、妊娠5ヶ月目
妊娠初期の身体の不調がなくなり流産を心配する気持ちも薄れ身体も十分に動かせるようになってくると同時に
だんだんと自分が子供を育んでいると実感できる症状も現れてくる時期です。
心音を聴いたり、話しかける道具なども簡易に買えるため、色んな楽しみ方を味わう余裕も出てきます。
妊娠中にしか味わえない”時間”を大事にしましょう
妊活中の未来のママにも、そんな幸せを感じられるように、尽力致します
次回は”出生前診断”についてまとめていきます。

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-11-11 13:54:00

流産リスクの低下

妊娠12週以降になってくると、子供は小さいながらもしっかりと成長強くなり

 

母体も子を育む環境が整うことで、母子ともに安定してくるため流産率が下がってきます

 

~12週までの流産率は流産全体の80%12~22週までの流産率20%ほどまで下がってきますが、

 

もちろんまだ安心できるわけではありません。

 

しかも12週までの流産は染色体異常が原因であることが多いですが、

 

12週目以降の流産は、染色体異常よりも母体が問題であることが多くなってきます

 

油断は禁物です。

 

諸々の妊娠初期症状の緩和

また、妊娠12週目以降となるとツワリ症状もピーク時より緩和していきます

 

ツワリ対策のために偏った食事はツワリの治まりと共に見直していきましょう

妊娠前と出産直前では

 

胎児が3kg、羊水500g、子宮1kg、血液増加2kg、胎盤500g、合計約7~8kgは増加する為、

 

制限しない食事を続けてしまうと妊娠前よりも10kg以上増加してしまい、難産の原因となってしまいます

 

ツワリ時期の食べたいものを食べる食事”は控えていきましょう

 

逆に「7~8kgも太らないといけない!」と思って頑張って食べる人もいますが、

 

ほとんどの方は自然と増え、また逆に増えすぎて妊娠後期に食事制限がツラくなることの方が多いので、

 

無理に体重を増やすなどを目標とした食事は止めましょう

 

他にも高温期が続いていた母体も、低温期の状態に戻り、火照りダルさなどの何とも言えない不快感も取れていきます

 

子宮の拡張に伴い、人によっては下腹部は少しだけふっくらとしてきて、

胎児も少しずつ動くようになってきますが、まだ胎動として感じることはないでしょう。

 

4ヶ月目に出やすい症状

お腹がふっくらとしてくると、胎動こそ感じないものの赤ちゃんの成長を感じられると思いますが、

 

この時期から気を付けていきたいことが妊娠線の予防です。

 

子宮の拡張に伴い、お腹の皮膚が伸びてしまうので、その影響が出産後に痕になってしまうことがあります。

この痕(妊娠線)は妊娠中だけでなく、産後も残ってしまうことが多いため、

 

クリームなどでしっかりと保湿ケアをして皮膚の柔軟性を高め産後の負担とならないようにしましょう。

 

また、急激な成長に伴う下腹部の張りを強く感じる人もいます

 

軽度であれば問題ないですが、あまりに強い場合は無意識に皮膚下の筋肉収縮を招いている場合があり、

 

胎児にも影響し得るので、病院の張り止め漢方で予防していくと良いでしょう。

 

また、妊娠中は腎の力を生殖機能へ大きく使用しているため、

 

他の骨・膀胱・歯・腰・髪の毛などへの腎の力の分配力が落ちてしまいます

 

特に歯や歯茎などは妊娠前に比べ弱くなりやすいため、歯のケアは妊娠前よりもデリケートにしていきましょう。

4ヶ月目の胎児の状態

12週目では6cm30~50gほどに成長し、臓器などは完成されてきます。

 

性器も出来ますが、エコー検査での性別診断できるのはまだでしょう。

 

まつ毛眉毛などの細かいところも発達し、まぶたが出来て目を閉じている状態になります。

 

声帯も出来上がり、産まれた時に産声を上げる準備も出来てきます

 

13週目では7~8cmに成長し、臓器は形だけでなく活動を始めます

 

超音波で見られる状態としてはこの13週辺りが全身を見ることが出来る時期です。

 

それまでは小さすぎて見えにくかったり、それ以降は大きすぎて部分的にしか見れないので、

 

検診時のエコー画像も二度とない機会となるでしょう。

14週目では8~9cm皮膚が厚く強くなり、産毛も生えてきます。

 

時に親指を咥えチュッチュッと吸う動作をして母乳を飲む練習をし始めます

 

15週目では10cmを超えるほどに成長していきます。

 

この頃には生涯の頭髪パターンが決まってきます

 

もちろん産まれた時点でフサフサであったり、ほとんど生えていない子など様々ですが、

 

一生の髪が生えるラインは実はこの時期に決まっているのです。

少しずつですが、胎児が成長していき、母体も安定していく時期ということが分かります。

 

身体の倦怠感などが軽減していくことが多いですが、中にはその症状が続く場合もあります。

 

その時は無理をせず、自分の身体の声を正直に受け止め、身体に無理をかけないこと。

 

また倦怠感や疲労感などが薄れ、元気になってきたと感じる方は、少しずつ適度な運動を心がけていきましょう

 

安静にばかりしていると、筋力低下血行不良に繋がり、出産の負担となることもあります。

 

漢方でのサポートとしては特別な症状が見られなくなってくる時期であるため、

 

ツワリなどの症状に合わせたものでなく胎児の発育を助ける生薬や血行改善する漢方薬で支えていく時期となります。

次回は妊娠5ヶ月での身体の変化について書いていきます。

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...