インフォメーション

2016-10-30 16:53:00

ご本人に承諾していただいたので書きます。
最初は26年5月に口の中上顎の奥になにか腫れていると歯医者さんで見つけてもらい、大きな病院を紹介していただき検査に行きました。悪性リンパ腫と言われて、地元の総合病院に入院して抗がん剤の治療をするので、なにか助けるものはないかと相談をされまして、滋養強壮剤とガンに使うというものを入院前から服用していただき、入院しました。入院中も副作用を心配していましたが、食欲もだるさも髪もなにも異常なく過ごせて、入院中になにすればいい?と電話がきました。ええっそんなに良いなら体調をみて病院の中を散歩したらと伝えたら、歩いていたそうです。同室の3人は同じ治療をして、3人ともだいぶ体調が悪く見ていられないと、自分だけがなんともないのを不思議に思って、これのせいかなと思っていたそうです。たまたま相性がとても良かったのかと思います。その後、入院して治療をする治療を6回やって、その間も体調に変化無くて、治療が終ればひとり住まいの家に帰って普通に生活をしていました。なんともなくなったと言い、病院には定期的に検査に行っていますが、これといって治療は必要ないと言われながら、あれこれの検査や内服等あるので、キリがないので自分でやめたそうです。現在、28年10月、どこもなんともなく元気に毎日過ごしています。今でも、最初からお薦めした2種類は服用していただいています。寛解、普通に生活しているというより、昭和4年生まれですので87歳、元氣ですごいなあと笑っています。