インフォメーション

2016-12-17 19:07:00

子宝相談では身体の下地作りをお手伝いします。

卵胞ホルモン、黄体ホルモンが上手に放出されるためには、まず脳の脳下垂体からの刺激ホルモンがしっかりと分泌されてって、そこからうまくできるようになると、基礎体温も整います。その元々の脳に活性酸素が溜まり悪さをしてホルモンが上手に分泌されにくいことが原因になっていることが考えられますので、脳の中の活性酸素を処理するものを補給することが有効です。

それに、女性ホルモンは抗酸化物質なので、とても大切です、できるだけ長く女性ホルモンが充分に身体にあったほうが良いわけで、更年期の時には長い間あったものが急激に減ってくるので様々な不調(不定愁訴)がおこってしまい、辛い思いをしている方が多くいます。