インフォメーション

2017-11-10 18:50:00

健康相談をしているといろいろな方が相談に来られます。


それぞれの具合の原因もいろいろですが、ひとつはストレスを受け続けているからなのではと考えられます。

誰でもストレスを受けると副腎皮質よりコルチゾールというホルモンを多量に分泌して、
体を守ろうとストレスに対応します。
が、ストレスを受け続けて、このコルチゾールの過剰に出続けていると、ついに働きが低下して
やる気が無い、いらいらする、眠れないのようなうつや精神疲労も起こってしまいます。

その結果、脳にも活性酸素が溜まりすぎてますます様々な症状で苦しみます。
ひとつひとつの症状の原因が活性酸素からの方が多いと思います。

自律神経もアンバランスになってしまいます。
眠れない、疲れがとれない、冷えが強い、低体温、食べ物が美味しくない、頭が痛い、スッキリしない、
めまい、ふらつき、耳鳴り、目の疲れ、肩こりひどいとか、まだまだありますが書き出すとキリがないです。

その症状を治療するために病院で治療をしますが、症状を抑える薬だけでは
思うようには改善しないことが多いのではないでしょうか。

漢方や食品で活性酸素を除去するものを使っています。
気持ちよく、質の良い睡眠をとれるようにして、体と氣を修復しましょう。