インフォメーション

2017-11-23 19:04:00

平成堂薬局は平成元年開業なのを前回に書きました。
今回のお客様は私が平成堂薬局をやってから一番古いお客様です。

顧客台帳を見ると、平成2年5月に初めて来られた仲の良いご夫婦でした。
それから今でもご主人は月に2~3回は顔を見せてくれます。
奥様は数年前に亡くなってしまいましたが、ご主人が元気で88歳です。
お仕事の退職後の60歳から来てくれています。

この間というか、こちらにくる前からずっと病院のお薬はいっさい飲んでいません。
2年前に白内障の手術をするということで、高齢なのでこちらでは一番大きな総合病院で
手術をすることになりました。
その手術のために、1泊2日で体中の検査をしたら、医師の皆さんが驚くほどどこもなんともないです、
と言われて、帰りに喜んで寄って報告してくれました。

この方の健康法は、毎日朝早く起きてラジオ体操と昔流行したぶら下がり健康機にぶら下がることです。
ただ長い間のぶら下がりのために掌は厚く茶色の皮になって、最初はなんで手のひらがこうなんだべ?と
言っていました。私達も何故手のひらがこなのかと考えていましたが、ああ~ぶらさがりでだなあと、わかりました。
それと27年間レオピン~レオピンファイブネオを服用してくれていて、
「わ(私)こんなに元気で風邪も引かないのはこのレオピンのせいだ」といつも言ってくれます。
毎日運動して、レオピンを飲んでいるから、元氣で健康で有り難いです、と話しています。

今はひとり住まいですが、それまで運転していた自動車を、なにがあるか分からないから
もう運転しない、免許を返してくる、自動車も業者に持っていってもらったとスッキリとしていて
年配の方々のお手本のようです。

この方も88歳です。まだまだ元氣でいてほしいです。