インフォメーション

2017-03-31 17:03:00

先程来られた方の主訴は毎日の軟便、下痢の症状でした。
正露丸かなにかないかと言うので、様子をいろいろとお聞きしていたらその中に原因らしきものがありました。
冷たいもの、なま物とかを控えめにして、温かいものを食べたり飲んでくださいとお話したら、毎日自販機からの冷たい缶コーヒーを何本か飲んでいるそうです。寒い冬も今も冷たいのが好きだそうです。
今までに病院にも行ったことがあったが、お腹の具合がなにも変わらなかったので行かなくなった。違う薬局でも薬を買っていたが、冷たいものとかのことは聞かれたことが無いそうです。飲食がとても大事なのに聞かれたことがなくて、ただ薬を飲んでくださいというのは間違いです。
患者さんからお話を聞くことを する薬剤師、しない薬剤師、医師、しても上手にできない薬剤師、冷たい缶コーヒーが話の中で出てくるようにしないと無駄に患者さんに薬を飲ませることになっています。

体は毎日の食で出来ているし、特に胃腸の働きが落ちていると元氣が作れないです。
ちなみに、冷たいリポビタンも毎日飲んでいる、刺身が好きでよく食べているそうです。温かいもの、火を通したものを食べて飲むように話しました。これまで効かなかったお薬がよく効いてくると思います。

2017-03-08 17:51:00

先日の青森の新聞東奥日報に載りました。青森ではこのような記事が良く載ります。

IMG_0104.JPGIMG_0105.JPGIMG_0106.JPG

 

短命県返上に頑張っていますが、なかなかすぐには効果がでません、が、なにもしないとダントツでワーストワンになるのです。

私達は青森市の学校薬剤師会で薬剤師の一部でいろいろと学校で検査をしていますが、薬物乱用防止教室もやっています。ここ数年で多くの小学校、中学校、高校と申し込みがあり薬物乱用防止教室をやっていて、子供たちに喫煙をもちろん今も、今後大人になっても煙草を吸わないようにの話もしています。そんな学校で話していて残念な事は先生方でタバコを吸う方がいることです。子供達に向けて話していますが、本当は先生方に向けても話しています。数十年も吸っていては病気に、ガンになる確率は高くなります。

また、昨日県外から青森にやってきた友人と食事に行きましたら、さすがにしょっぱいな、何を食べてもしょっぱい、味が濃い、ホタテの貝で作る貝焼き味噌を食べても、味が濃い~と驚いていました。私達青森県人は子供の頃からこの味付けですから、これもなかなか難しいことです。私も氣をつけないといけないです。

2017-03-08 17:38:00

2月はこちら青森市でも風邪やインフルエンザが流行っていました。
病院で風邪に漢方薬だと葛根湯やインフルエンザだと麻黄湯をもらったと効きますが、漢方薬はその人その人、その時その時で薬を選ぶのが簡単ではないです。たとえば、売っている薬ですと風邪だからパブロンやベンザを誰が飲んでもいくらか効くと考えていると思いますが、漢方はそういかないです、その人その時に合わせて選ばないといけません。たまたま良くなったり、治らなかったり、逆に悪くなってこじれたりすることもよくあります。麻黄湯等は特に氣をつけたいと思います。熱の高くないインフルエンザを風邪だと思って長びいていた方が多かったです。
これからのアレルギー性鼻炎も耳鼻科では新しい治療法もあるようですが、漢方薬も眠くならずに、スッキリと症状が楽になることも多いです。一度試してみませんか?

1