インフォメーション

2017-10-20 16:01:00

29.9.22喫煙率東奥日報.JPG

私達は学校薬剤師として、青森市内のほとんどの小中高の学校に行って

毎年、薬物乱用防止教室でお話をしています。

覚醒剤や大麻とかはもちろんですが、身近なところではアルコールやタバコがあります。

ご存知の方が多いと思いますが、青森県はずーっと日本一の短命県、寿命が短い県、
働き盛りの方が突然亡くなっているのも大変なことです。

その不名誉な短命県を数年前から県をあげて返上しようとしています。

そこで、私達が強く話しているのが、「タバコを吸わないように!」です。
小中高のみなさんにもちろん今もですし、大人になってもタバコをけっして吸わないように話します。
しかし、青森県はタバコの喫煙率が長い間ずーっと日本一高かったのです、
まずはこれをなんとか下げたいと子供達に繰り返し話してきました。

先日発表されたJTの2016年の喫煙者率調査では、
喫煙率がワースト9位になっていました。
ワースト1位から9位になりました。
これは素直に結果を見ると、驚きです。


私達が頑張っているから、なんてとてもおこがましいですが、
そのような氣でこれからもコツコツがんばります。

2017-10-18 17:55:00

 

青森市の相談薬局で、

女性の悩みで多いのが、冷えや肩こり、頭痛、そして生理痛、生理不順があります。

青森はもうだいぶ寒くなりました、夏場でも冷えで悩んでいる方には、まずは厚着等
工夫して体を冷やさないよう、温かくしてください。

漢方薬では冷え性、血行が悪く、様々な症状の方が多くいらっします。
体を内側から温めること、ストレスや疲れからのホルモン等のバランスの乱れを治していくと、
とても楽になります。

基礎体温の乱れも良くなるのが実感します。

症状を抑えるだけではなくて、健康で元氣な体作りをしましょう。
はじめは10日分からで大丈夫です。

例として、今来られている30代の方で、もともと生理痛、生理不順が普通で、仕事して頭痛や
肩こり、疲れがひどくなり、特に仕事からのストレスがひどいときには症状が強く出るそうです。
このような体調不良の方が10日分の漢方薬を買っていただき、全部ではないですが苦痛が楽になりました。
その後も10日分ずつ買われて服用しています。

2017-10-07 19:00:00

耳鳴りの方が多いです。

みなさん、病院にあちこち通ったけど変わりないとか、病院でも最初から治らないですよとか、
歳だからと言われたと話してくれます。

こちらでは漢方で滋腎通耳湯と耳響草のふたつがあります。

昨日、来られた方は、先月、耳鳴りで滋腎通耳湯をお買いになった60代の男性ですが、
飲んで3週間目に耳の聞こえが良くなって、あれっと思ったそうです。
もしかしてこのせいかなと2箱目を買っていただきました。

もうひとりの方は、50代の女性です、だいぶ以前から耳鳴りで何軒も病院に通った方で、
なかば諦めてこちらに来られて、耳響草という粒上の漢方を買っていただき、飲んでいます。
もう長く飲んでいますが、最初2ヶ月ぐらいは何も変化がなかったけど、続けているうちに
耳鳴りが小さくなり、楽になって、今も続けています。

皆様にいくらと聞かれますので書きますと、
できれば1箱1ヶ月分ですが、試したい方には10日分も用意してあります。
10日分3680円 1ヶ月分7500~10000円 

2017-10-05 16:49:00
IMG_0532.JPG

毎月、毎日の元氣のために頑張られているお客様に送っているダイレクトメールがあります。

その中の1枚に「元氣創造ニュース」があり長く続けています。

今月10月号を読まれた方の何人にもとてもいいねえ~と褒められまして、

うかれて、こちらにも載せます。

 

天高く馬肥ゆる秋といわれますが、キレイに青い空が高く爽やかな気候になりました。

気温がだいぶ下がりましたので油断せずに体を守りましょう。

 

8月前から9月中旬まで近所に住む娘家族が私達の家に孫ふたりを含む四人とで一緒に暮らしました。

それは朝から夜まで騒がしく楽しい毎日で、その間に手足口病になったり、ヘルパンギーナになったりと

大変な日々もありました。

今は自分達の家に帰り、以前と同じ夫婦ふたりでくらしています。ギャップが大き過ぎて私は放心状態です。

 

また、19年前にこの家を建てた時に青森市からいただいた白木蓮の木があります。

その時は高さ1mくらいの細い苗木でしたが、今は2階の屋根よりも高くなって、お隣の家にもご迷惑なので

高枝切りチェンソーというものを使って2階の窓や下から切っています。

この木のおかげで暑い夏でも居間は日陰になりエアコンのない我が家でも涼しく過ごすことが出来ました。

この白木蓮の木を見上げながら、こんなに大きくなって年月を感じています。小学校の子が30歳を過ぎて、

その子供達がいるのですから。

1