インフォメーション

2017-11-28 18:09:00

前回と前々回とこの平成堂薬局と長いお付き合いの方で
どちらも88歳のお客様のことを書きました。
ふたりとも88歳で元氣だなあと思って、今回はと考えて、
お家が近所のおばあちゃんについて書きます。

そういえば、何歳なんだろうと名簿を見てみると、
89歳でした。
小さい体で、膝や腰が痛むことが何度もありました、
ご主人と息子さんと住んでいますが、どちらもあまり何もしないようです。
なぜ何もしないのかと話したこともありました。
冬は雪がだいぶ降りますが、このおばあちゃんが雪かきをしていて
家から数十m離れた川までソリで雪を運んで捨てています。
がんばっています。

この方も、長くレオピンロイヤルを毎月買ってくれて飲んでいます、
膝にラクッションというコンドロイチンやグルコサミン、コラーゲン等が
入ったものを飲んでくれたり、カルマジンというカルシウム+ミネラルを飲んでくれたり、
氣がつまると人参牛黄という漢方を買って飲みます。サッパリすると言ってくれます。
また、眠りが十分出来ない時にはワタナベオイスターを飲んでくれて、
病院の薬よりよく眠れていいよと教えてくれました。
そうして、傷んだ体を守りながら毎日暮らしています。

この店に入ってくる時に必ず「だんなさ~ん、具合わるいじゃ~、なにかいいのねが~」 
(なにかいいのないか?) と言うのが口癖です。

来年は元氣な90歳になりますよね。

2017-11-23 19:04:00

平成堂薬局は平成元年開業なのを前回に書きました。
今回のお客様は私が平成堂薬局をやってから一番古いお客様です。

顧客台帳を見ると、平成2年5月に初めて来られた仲の良いご夫婦でした。
それから今でもご主人は月に2~3回は顔を見せてくれます。
奥様は数年前に亡くなってしまいましたが、ご主人が元気で88歳です。
お仕事の退職後の60歳から来てくれています。

この間というか、こちらにくる前からずっと病院のお薬はいっさい飲んでいません。
2年前に白内障の手術をするということで、高齢なのでこちらでは一番大きな総合病院で
手術をすることになりました。
その手術のために、1泊2日で体中の検査をしたら、医師の皆さんが驚くほどどこもなんともないです、
と言われて、帰りに喜んで寄って報告してくれました。

この方の健康法は、毎日朝早く起きてラジオ体操と昔流行したぶら下がり健康機にぶら下がることです。
ただ長い間のぶら下がりのために掌は厚く茶色の皮になって、最初はなんで手のひらがこうなんだべ?と
言っていました。私達も何故手のひらがこなのかと考えていましたが、ああ~ぶらさがりでだなあと、わかりました。
それと27年間レオピン~レオピンファイブネオを服用してくれていて、
「わ(私)こんなに元気で風邪も引かないのはこのレオピンのせいだ」といつも言ってくれます。
毎日運動して、レオピンを飲んでいるから、元氣で健康で有り難いです、と話しています。

今はひとり住まいですが、それまで運転していた自動車を、なにがあるか分からないから
もう運転しない、免許を返してくる、自動車も業者に持っていってもらったとスッキリとしていて
年配の方々のお手本のようです。

この方も88歳です。まだまだ元氣でいてほしいです。

2017-11-19 15:22:00

平成堂薬局を平成元年に開業しましたので、これまで沢山の相談の方々がいらっします。

考えてみると、よくお客様の家に訪問して様子を聞いているので、その方の物語をいろいろと

聞いているのでそれを少しずつ書いてみようかと思いました。

 

ひとりめは、平成19年からレオピンロイヤルを飲んでいただいているおばあちゃんです。

昭和4年生まれなので今年は88歳になりました。

たまたま誕生日が私が1月27日、女房が1月29日でこのおばあちゃんは1月28日で

ええ~とその時は盛り上がりました。

 

レオピンロイヤルを平成19年から飲んでいただいていましたが、26年5月に口の奥、

のどが腫れていて歯医者さんに行ったら、他の病院を紹介され、青森県では一番大きな

弘前大学病院で検査の結果、悪性リンパ腫でした。

どうすれば良いかと電話があり、病院での治療はもちろんですが、こちらでできることを

しましょうと話し、治療は住まいの隣町の大きな病院に転院して治療することになりました。

元々、田舎でひとり住まいです。

 

検査が沢山でそれで具合が悪くなるよと言いながら、しっかりと抗がん剤治療をするのですが

その入院中もレオピンロイヤルとタヒボという健康食品を沢山飲んでもらいました。

そうしたら、抗がん剤の副作用がまったくなくて、元氣いっぱいで病院の電話から、飽きてしまっている

なにすればいい?というので、体調がいいならその広い病院の中を歩いての運動を兼ねて探検したら

良いよと、そしてそれから病院内を歩いていました。たまたま電話があり、同じ病室の3人が同じ病気で

同じ治療をしているようだけど、とても具合が悪そうで見ていられない、どうしてなんだべ?といいながら

入院しての抗がん剤治療を6ヶ月やって、あとは自宅で静養となりました。

その後もなんども病院で検査や内服薬がでていましたが、本人はすっかりなんともないのに

いつまで病院へ行かねばならないのかと、私も何度もの検査や薬は必要なのかなと思いました、

もう80代なのに余計な薬や検査もいらないのではと思っていたら、本人が先生にいくら言っても

このままでとしか言わないからと、病院に行くのをやめました。

 

リンパ腫はまったく落ち着いていています。レオピンロイヤルとタヒボは何年間も、続けています。

 

先週、風邪を引いたと電話があったので、なんせ88歳ですから、大事を取って

一度病院へ行ってみたらと話して、昨日電話があり、その大きな病院へ行ったら

その後の体調は如何ですか変わりないですか?と聞かれて、変わりないです、

ただ今、風邪を引いたようでと言ったのに、それでは良かったですね、そのままで

とだけ言われて、帰されたそうです。

なにあの病院、風邪の薬ぐらいくれれば良いのに、何もくれなかったじゃ~と言ってます。

レオピン、タヒボのせいで治ったじゃ~と元氣です。

2017-11-13 18:33:00

自宅の裏に畑があります、夏場は様々な野菜を毎日いただきました。

特に今年の毛豆は旨かった。

何人かにあげたけれどとても美味しいと喜ばれました。

今の畑は大根だけです。

もうすこしで収穫できそうです。

そこで、大根の絵を描きました。

青首大根、美味しそうに描けました。

この大根を食べると、身体も心も歪が治っちゃうかもと思っています。

IMG_0648.JPG

2017-11-10 18:50:00

健康相談をしているといろいろな方が相談に来られます。


それぞれの具合の原因もいろいろですが、ひとつはストレスを受け続けているからなのではと考えられます。

誰でもストレスを受けると副腎皮質よりコルチゾールというホルモンを多量に分泌して、
体を守ろうとストレスに対応します。
が、ストレスを受け続けて、このコルチゾールの過剰に出続けていると、ついに働きが低下して
やる気が無い、いらいらする、眠れないのようなうつや精神疲労も起こってしまいます。

その結果、脳にも活性酸素が溜まりすぎてますます様々な症状で苦しみます。
ひとつひとつの症状の原因が活性酸素からの方が多いと思います。

自律神経もアンバランスになってしまいます。
眠れない、疲れがとれない、冷えが強い、低体温、食べ物が美味しくない、頭が痛い、スッキリしない、
めまい、ふらつき、耳鳴り、目の疲れ、肩こりひどいとか、まだまだありますが書き出すとキリがないです。

その症状を治療するために病院で治療をしますが、症状を抑える薬だけでは
思うようには改善しないことが多いのではないでしょうか。

漢方や食品で活性酸素を除去するものを使っています。
気持ちよく、質の良い睡眠をとれるようにして、体と氣を修復しましょう。

1