インフォメーション

2018-05-19 15:57:00

後鼻漏や蓄膿症です。

 

鼻の勉強をしていると、

まずは鼻の働きはどうなのか からです。

 

鼻はなんのためにあるか

 

機能は 呼吸器としての機能 と 感覚器としての機能 です。

 

呼吸とは息を吐いたり、吸ったりして

酸素を取り込む、二酸化炭素を吐き出すためです。

無意識で簡単なことなはずですが、そうでもない方々が多いです。

 

呼吸器としての機能

ろ過機能 体内に取り込まれた空気中に含まれるほこりや雑菌とか

       有害物質を取り除く

加温・加湿機能  肺が充分に働けるように肺の環境を整えている

抵抗器としての機能 肺の末端まで空気が届くように、

       吐く時には肺に空気が長くとどまるように、鼻、気管、気管支を

       通過する時間を適度に遅らせる

 

普段は意識していませんが、青森だと冬の寒い夜はマイナス8℃を歩いて帰っても、

夏の暑い日は汗だくで34度とかになっても、肺が傷まないように鼻呼吸で守られています

一瞬にして肺の中に入る空気の温度と湿度を調整しています。

これは口呼吸ではうまくいかないことです。

それに鼻からの呼吸のほうが、酸素の取り込みが良いのです

子供達でよく口をあけている子がいますが、口で呼吸しています。

酸素不足だとすると、脳に酸素不足だと大変です、しっかりと治したいですね。

 

私達は1日に1~2万リットルもの空気を吸い込んでいます。

1万リットリとは500mlのペットボトル20000本です、凄い量です。

 

意識をしない呼吸ですが、自然な不具合の無い呼吸にできるように

呼吸が氣になる方はお聞き下さい。

後鼻漏.jpg

 

2018-05-18 17:54:00

口内炎の続きです。


口内炎は
体調が悪い
ストレスが強い生活
忙しすぎる生活
バランスの崩れた食事  からです。

口の中の粘膜が傷んでしまうので
新しい粘膜を作って修復しないといけないです。

その修復の時には以前も書きましたが
ビタミンやミネラルが必ず必要です。
ビタミンはB2、B6、B12とか
ミネラルは亜鉛が一番ですが銅、セレンとか
他のミネラルも必要です。

そしてコラーゲンを新しくつくって粘膜やお肌も
生まれ変わっています。

また、ストレスから身体、脳に活性酸素が溜まって
この多すぎる活性酸素はコラーゲンを傷つけます。
活性酸素の上手に減らしていかないといけないです。

粘膜、コラーゲンなどのタンパク質合成を促す栄養素の
ミネラルとビタミンを十分にとること。
活性酸素を処理する栄養素でもあるミネラル、ビタミンを
十分にとることです。

また、肌、くすみには血行がとても関係があります。
肌が綺麗な方は血行に氣をつけています。
パッと見で若く見える方、年齢より老けて見える方の違いは
血行が良いかどうか、肌も常に生まれ変わっています、
店頭でたくさんの皆さんとお話をさせていただきますが、
それがよく分かります。

このミネラルとビタミンの補給できるものと
血行を良くする、血の働きを元氣良くするものがあります。
氣になる方は
一度、店頭でお聞き下さい。

青森市 相談薬局 平成堂薬局 櫻井

相談予約をしていただきますとゆっくりと相談できます。
相談予約電話   017-739-0444
   メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

青森市金沢小通り 生協向かいです。

2018-05-17 16:39:00

くり返す口内炎の方やなかなか治らない口内炎の方がいらっしゃいます。


ほとんどの方がビタミンB2,B6のチョコラBBとかを服用していますし、
病院からも同じようなビタミン剤をもらって服用しています。

口内炎をくり返すのはからだに普段からビタミンやミネラルが足りない方かもしれません。
なかなか治らないのも同じようにビタミンやミネラルが足りないことが考えられます。

こちらでは
B2,B6のビタミン剤だけではなくて、
それプラス粘膜を上手に作るために必要なミネラルのしっかり入ったものを
お薦めして、服用してもらいます。
チョコラBBを買いに来られた方にお話して2~3日分を飲んでもらうと
珍しく早く治った~と教えてもらえます。

いつもなかなか治らない口内炎の方は、
ビタミンだけじゃなくて、亜鉛を含むミネラルがしっかり入った
栄養剤を2~3日試しに飲んでみると良いと思います。

口内炎をくり返す方は普段から毎日上手に補給すると
徐々に出来なくなっていきます。
ただ、ストレスや他の原因で身体に活性酸素がたまってしまって
自分で自分を傷めている場合もありますので
こちらに相談してください。

青森市 相談薬局 平成堂薬局 櫻井

相談予約をしていただきますとゆっくりと相談できます。
相談予約電話   017-739-0444
   メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

青森市金沢小通り 生協向かいです。

2018-05-15 18:03:00

最近は低体温や冷え性の女性がよくみられます。

 

そして、生理不順、生理痛とかの症状がひどいのに

それをそのまま一時抑えでまぎらわして過ごしています。

基礎体温表をみると高温期低温期がなく、ギザギザのグラフの方もいらっしゃいます。

特に妊活の方では多くみえます。

 

自分にあった漢方薬を飲むのは必要ですが、

それといっしょに

外からも冷やさないようにするためには

特に今の青森は寒いので、

 

厚着をする

必要におうじてカイロを上手に使う

眠る時は湯たんぽ使う

生もの、冷たいものを控える

お風呂は湯船にしっかり入る

体を動かす

呼吸はゆっくり深く

できれば運動をする筋肉が熱を作る

とか、

 

そして、いろんな漢方薬があります、

芎帰調血飲第一加減という漢方薬を飲まれている方が多く、

効果を良く感じています。

1