妊活支援ブログ

2021-05-31 19:30:00

2020年はコロナの1年でした。

 

 
それは今年もそうですが
コロナ禍にも関わらず、子宝相談件数が増えた2020年。

 

 

元々遠方の方からの問合せも多く電話相談の形は出来ていたため
コロナの影響を受けにくかったということもありますが
県内・県外共に相談件数はとても増えました

 

 

そして今年はその2020年に相談した方の9割近くは
身体作りが実を結んで2021年現在妊娠・出産報告が続いております

 

 

もちろん早い方では年内に子宝相談を始めた方でも結果が出てきています。

 

 

2020年は妊娠相談件数&妊娠・出産報告数が過去最高を記録しましたが

このままでは2021年は妊娠&出産報告はほぼ間違いなく超えるでしょう。

 

当店の数字の話

 

 

見てわかるように31歳以上が9割以上で

一番相談依頼の多い30代の妊娠割合は70%以上

妊娠しにくいとされる35歳以上の妊娠は全体の58%(つまり半分以上!)

さらに40歳以上では妊娠自体が難しいと言われる中でも全体の約2割を占めています。

 

 

また、お身体の状態では

 

・最近不妊治療を経て妊娠報告があった南明奈さんも抱えている子宮内膜症チョコレート嚢胞の方

 

・数cm~十数cm級の子宮筋腫をお抱えの中妊活している方

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で排卵が上手くできない方

 

体外受精顕微授精を繰り返してもなかなか結果に繋がらない方

 

・着床しても流産してしまう不育症の方

 

・色々調べても原因不明の不妊症の方

 

など、一般には高度の不妊治療をしていても妊娠しにくい

かなり複雑な状態での子宝相談が多いです。

(もちろんわりと簡単な身体ですぐ妊娠してしまう方もいますが)

 

 

こちらに相談するに至る前に色んな不妊治療をやってきていたり

または別の漢方薬局で子宝相談していたけど上手くいかない方からの相談が多く

最終的に相談する場所になってきているように思います。

 

 

安心してください。

 

ダメ元な気持ちでこちらに相談し

妊娠し、嬉しい驚きを味わってくれている方はたくさんいます(↓随時更新の妊娠報告リンク

 

 

最終的に相談し、赤ちゃんを迎えないまま卒妊活するのでなく

赤ちゃんと出逢える卒妊活を全力で支援しています。

 

子宝相談をお考えの方へ

妊娠した方からのご紹介からのご相談は少しずつ増えてきています。

 

 

こうした繋がりで幸せが増えていくことをモットーに漢方相談しているので

ご紹介が増えていることはとてもありがたいです。

 

 

ただ、少し残念なのは
当薬局の「お問合わせページ」にまでは来ていても

そこからいざ『お問合わせ送信』・・・

というところで止めてしまっている”躊躇(ちゅうちょ)さん”が増えていることです。

 

 

繋がりで幸せが増えることはありがたいですが
ご紹介だけでは与えられる幸せが一部のコミュニティ、つまり限定的になってしまいます。


ネットでたまたま見つけた。


その”たまたま”という偶然から
その時に子宝相談をしてしまえさえすれば
授かっていた命があったかと思うと切なく感じることもあります。


偶然が”奇跡”を産むことはありますが
それは受け身ではなく行動することで”奇跡”へと繋がります。


漢方相談は
ページを見ている時だけでは始まりません。


漢方という身近にない世界で
金額も良くわからない・・・

だから初めての相談は不安・・・


気持ちはとても良くわかります。


こちらもその不安を解消したいのですが
人の身体の状態によって出来ることは違うため
これだけはご相談していただくことでしか解消できません。


少しでも解消に繋がることとしては
先輩ママ達の相談を通して得られた声でしょう。


薬局業界では70%以上で高水準と言われる相談リピート率ですが
当薬局では97%で、ほとんどの方が相談を続けてくれます。


数字の高さは相談後の安心の証。


相談された方からは

「相談して良かった。もっと早く相談していれば良かった」

というお言葉を良くもらいます。

自慢したいのでなく、
ご相談を迷っている方の背中を押して
その一歩があなたの幸せに繋がるように、と思っているのです。


平成堂へ相談した先輩ママ達の言葉は
これから相談することで
未来のあなたの言葉にもなるでしょう。



あなたが今までの苦しんだことは
ここに導かれるためだったのかもしれません。


こちらに相談して、命の誕生に繋がった時それを実感するでしょう。


直接お話して初めて
あなたの妊活に新しい活力が与えられます。


一度考えたお問い合わせを止めてしまうと
ずっと気にはなっていてもその先に進めないまま時間が過ぎてしまいます。


妊活において何よりも大事な時間が。


相談してから子宝漢方を”飲む”・”飲まない”の選択はいくらでもできますが
相談をしないことは赤ちゃんとの出逢いを選ぶことすら拒否してしまっているかもしれません。


身の回りの方の妊娠報告が嫌になったり嫉妬してしまうこともあるでしょう。


そういう自分が嫌いになることもあるかもしれません。


その知り合いの中にも、実は子宝漢方で授かった命があるでしょう。


今度はあなたの番です。


未来の命のために
そして何より自分自身の為に
赤ちゃんを育む身体作りを始めませんか? 

ダウンロード (8).png

2021-05-27 19:40:00

知っていますか?
病院の漢方と漢方相談専門薬局の漢方の違い。
世間的には漢方自体に興味がない方が多いため
「漢方は漢方でしょ?」真顔と思っている方が多いように感じます。


結論から書けば
ほとんどの病院漢方は漢方の”か”の字も勉強せずに処方されていて
相談専門薬局の漢方はめちゃくちゃ勉強した上で処方されています
ってことを言いたい。
(もちろん病院も漢方専門にやっているところは尋常じゃなく勉強しているところもありますが!)



同じパソコンでも
パソコンの使い方を知り尽くしている人と
ネットサーフィンはできる、くらいの人とでは
パソコンを使った作業に大きな違いが出ます。


それでもまだ
「でも、同じ漢方なんでしょ?」
と思う人がいたら、
そんな人にこそ以下の記事を読んで欲しい。

病院漢方

病院でお薬を決める時は漢方か西洋薬かに関わらず
患者の訴えよりも血液検査や血圧、もしくはMRIなどの画像を基に
マニュアルに沿った薬が選ばれます。


簡単にいうと、『患者の訴え』より『検査結果』に合わせて
決められたお薬を出すわけです。


普通は西洋薬が第一選択となりますが

・今まで出した西洋薬で効果がいまいち
・副作用が出た
・西洋薬よりエビデンスの良い漢方薬がある

等の理由から漢方薬が処方されることがあります。


そうして漢方を処方する時
漢方について学ぶのは
”添付文章を見る”だけ。


「副作用はあまりないからとりあえず安心」
「飲んでみて効果なかったら止めればいい。効いたらもうけもん」
程度に処方する医師すら居ます。


漢方を知ることの大切さ


漢方を勉強しないで処方することは、例えると

モノを切りたいAさんがいた。


Aさんは切る道具として一番使われている『ハサミ』を知り
ハサミで紙を切れたことで「ハサミがモノを切るのに良い」と学ぶ。


モノが切れずに困っているBさんがいた。


AさんはBさんに
「ハサミというモノを切る道具がある」
と教えてあげた。


するとBさんは、
ハサミで木を切ろうとしたが切れなかった。


Bさんは
「ハサミは使えない道具」と道具のせいにしてしまう。

ハサミ自体に問題はないですし
切る道具はカッター、包丁、ノコギリ、チェーンソーetc
素材に合わせた道具は色々あるのに、
それを知らない為に切る道具全般が無能扱いされてしまいます。


漢方に置き換えると

『風邪の初期には葛根湯』
これは漢方処方の中でも一番有名だと思いますが
葛根湯以外に風邪に使う漢方だけでも数十種類はあります。


なのに、病院から出る風邪用の漢方薬は葛根湯が90%以上。


”葛根湯が使える風邪”を知ろうともせず
馬鹿の一つ覚えで『風邪には葛根湯』で処方されている現実。


先ほどのハサミの例は自分達の常識なので
「木や鉄をハサミで切ろうとする人は居ない、変な例」
と思うかもしれませんが、


”葛根湯は風寒型の風邪の浅い位置で
ある程度抵抗力があるタイプに使用する”


のように葛根湯の簡単な使い方さえも知らないで処方されていると
こちらとしては「ハサミで鉄を切ろうとしている」くらい変に思う行為だというわけです。


現代医学で風邪は
細菌やウイルスを調べることでタイプ分けすることが多くなっていますが

漢方のタイプ分けは細菌やウイルスの種類も少しは考えますが
それよりも感染者の状態を見ることが処方に大きく関係します。

「風邪には葛根湯」のように
「インフルエンザには麻黄湯」と
葛根湯以外の漢方の飲み方を知っていて
さも漢方について知ってますよ、という方も多いです。

が、実際にはインフルエンザか風邪かではなく

咳があるか、喉が痛いのか、鼻水が出ているのか、寒気はあるのか、熱はあるのか、食欲はあるのか、汗はかくのか、だるいのか、関節痛はあるのか、頭痛はするのか、または脈は・・・

などを聞いて

・病邪の性質は寒なのか熱なのか
・病邪の位置は深いのか浅いのか
・身体は抵抗力があるのか弱っているのか

を考えてお薬を決めていく、これが漢方です。

漢方薬局の現実


葛根湯を例にしたように
漢方の本当の使い方を知っており、
またその漢方はどのようなヒトに効果があるのか
というヒトのカラダを測るモノサシを持っています。
モノサシとは、例えば高血圧に合った薬を出す時
病院では血圧の数値を基準に薬を決めるでしょう。


血圧測定器と血液検査が西洋薬のモノサシです。


ですが、東洋医学では血圧は高いことはもちろんですが

・血流が悪くて圧が強いのか
・ストレスが強い緊張時だけ血圧が高まるのか
・寒くて血管が収縮することで血圧が高まるのか

等々、血圧は末端症状であり
高血圧の原因を測るモノサシでカラダを見ています。


それで効果が見られた漢方を
病院漢方は真似してどの高血圧にも出すこともありますが
原因の違うヒトの方が多い為、ほとんどが効果が出てきません。


すると、また漢方は効果がない、となってしまうのです。
妊活における子宝漢方はもっとです。


なかなか妊娠できず、血液検査しても超音波検査しても異常が見られない女性を
『原因不明の不妊症』としてしまい、
妊娠する身体にとても重要な月経の状態も確認しなければ冷えの状態も気にしません。


ホルモンが少ないならホルモンを補って
様子をみるというモノサシが出来ますが

ホルモン値は問題ないなどの原因不明の不妊だとモノサシは無く、
とりあえずホルモンは足りるけどホルモン剤を出したり
とりあえず漢方が出るなどの”とりあえず処方”が出されるでしょう。


とりあえずで出しても副作用が無ければ良い。
と思う人もいます。


ですが、とりあえずで出して
変化を見るポイントが分からなければ
続けて良いのか、変えた方が良いのかが分からず
結果、本当は効果のあるものも中途半端で
妊娠が遠のいてしまっているケースはたくさん見かけます。


実際には身体に熱が溜まっている人でも身体が冷えてしまっている人でも
「不妊には当帰芍薬散が良い」というデータだけをみて誰しもに当帰芍薬散を出して
熱が溜まっている人に過剰に熱を産んでしまったり

精子の不調には牛車腎気丸が良いということだけで
冷えてもいず、胃腸機能の悪い人に出してお腹を壊してしまうなんかはとても良く見ます。

使われる漢方も違う


また、使用される薬としても
病院漢方は保険内のものしか出せないという縛りがあるのに対し

薬局漢方は保険内のものも、保険外のものも出せる(金額は高くなりますが滝汗
という違いもあります。


これもとても大きなポイントで
世間的に知って欲しいのは
処方を構築する為の知識・技術面が全然違うということです。


専門としている身としては
インスタントラーメンでラーメンを専門料理店の料理くらい
使っているものが違います。
(興味ない人にとっては「どっちも食べ物でしょ」と思うかもしれませんがゲロー


だからお金も高くなってしまうのですが
身体は全ての資本であり、
そこに価値を感じる方は
身体を知って漢方を飲むことほど良い身体作りは無いのです。


 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

2021-05-20 12:30:00
K.Sさんの妊娠考察!

 

 

 

のK.Sさんの考察です。

K.Sさんの東洋医学的分析考察

2度の妊娠&流産前は相談していないので元の状態はわかりませんが
相談時点では瘀血の存在が妊娠を妨げ不妊となっている状態でした。
2度自力で妊娠できたことからも”腎(生殖機能)”は問題ないと感じましたが
元々胃下垂など身体の上に支える力が弱かったことが流産原因と考えられます。
またその流産によって上手く出排出しきらなかった血の老廃物が瘀血になったのでしょう。

まずは野牡丹で瘀血をお掃除し、血流改善していきながら
再度の妊娠時に流産しないように”昇提(しょうてい)”という上に持ち上げる力を補う補中益気湯で
体質改善していきました。
その内、瘀血は改善していき、妊娠。
3度目の妊娠は
黄耆、升麻、微量の柴胡の昇提作用でしっかりと支えることができ、無事出産されました。
(書いていただいたのは産前なのでK.Sさんのお言葉は臨月中の表現あり)

妊娠前も妊娠中も、流産を経て精神的に弱くなってしまったようで
とても不安を口にすることが多かったですが
それはカウンセリングの中で解消し、少しずつ妊活前の明るいKさんになってくれたので何よりでした。

K.Sさんを通して

東洋医学での妊活は基本が”腎(生殖機能)”にあると考えますが
それを支える為の気(脾気)や血が上手く働かないことを考えさせられる一件です。
K.Sさんを参考に
「繰り返す流産」「胃下垂」「不妊」
などだけのワードを取って自分に当てはめ
”補中益気湯”を飲めば良いと思いこんでしまう方が多いですが
「流産」「胃下垂」「不妊」は同じでも人の身体は多種多様です。
生まれつきの腎虚が強い為に脾気の働きも悪い場合は
同じ「流産」「胃下垂」「不妊」であっても補腎精を主体としますし
瘀血が強い場合でも「流産」「胃下垂」「不妊」を産むこともあります。
つまり、こういった症例を書くのは
病名や症状という”結果”と改善した漢方という”答え”を飛ばし読みして参考にして欲しいのでなく
その間の考察経過が大事だと伝えたいのです。
ネットの切り取られた情報だけで本質を見抜くことは難しいです。
切り取られた情報はなぜか「自分に合っている気がする」
と思ってしまいがちです、
漢方はそう単純ではないので、
「試しに・・・」程度の軽い気持ちであれば何も言いませんが、
真剣に子供を授かる身体作りがしたいのであれば、私にご相談ください。

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

2021-05-17 17:00:00
e637700bbbd0355089f1badc389a11df_t.jpeg

 

K.Sさんからのメッセージ

~平成堂へ相談に至るまで~

結婚して自分たちでタイミングをとっていたら2回自然妊娠。

 

 

しかしその2回とも流産してしまい
その後2年半の間一度も妊娠できず、不妊になってしまいました。


早く赤ちゃんと出逢いたいけど
妊娠してもまた流産するのではないかと怖くなり
妊娠判定から陰性を繰り返すたびに精神的な負担は大きくなっていきました。


体調としても生理痛も痛み止めが必須で
冷えや生理前になると風邪っぽくなるなど不調が続き、体質改善できれば
と思い平成堂薬局に相談させていただきました。

 

 

~漢方を飲んでからの変化~


漢方を服用すると少しずつ足先の冷えがなくなり
毎回の生理周期での風邪っぽさを感じることも少なくなってきました。



また生理痛も痛み止めを飲まなくても我慢できるくらいまで落ち着き
赤黒かった生理の血が赤くサラサラになっていきました。


基礎体温も低温期から高温期にかけての上がり方が緩やかでしたが
漢方を飲んでからはくっきり高温期と低温期の二層になりました。




櫻井先生からも「それらの変化は身体の中が妊娠しやすい環境に整っていっているからだよ」と言われ
今までは不安でいっぱいだった妊活の日々に自信を感じて前向きになることができました。


漢方を服用し始めたから8ヶ月ほどで妊娠陽性!2回の流産時は妊娠中の腹痛や不正出血などがあったので
妊娠中も続けてサポートしていただいたおかげか
ツワリを感じたくらいで大きなトラブルも無く、あっという間に臨月を迎えています。



出産はもう少しですが、ここまでこれたのは平成堂の漢方を飲んでいたお陰だと思いますし
精神的にツラい時もサポートしていただけたので、子宝相談してよかったと感謝しています。


本当にありがとうございました。

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

2021-05-14 16:30:00
【臨床例】生まれつきの視床下部性無月経のMさん

 

1年に1回も月経が来ないこともあるMさん

 

初潮20歳。年に1,2回の月経。

 

 

1年以上月経がない年もあるとのことでした。

 

 

体つきはとても小柄で、顔は白く

とても疲弊していた顔つきでした。

 



その為、「今疲れを感じているか」と質問しましたが

「いつもと変わらない」ということで

本人としてはその状態が日常的だったようです。

 

 

舌は”鏡面舌”といって、苔がほぼ無く

唾がやや多めで鏡のようにテカテカしていている状態。

 

 

舌自体の大きさもとても小さく、舌色は淡紫色。

 

 

舌裏の怒張は細く薄いものが見られましたが

太さと張りはほぼ見られませんでした。

 

 

脈は細弱遅、特に尺脈(身体に一番近い位置の脈)は

ほぼ触れないほどに微弱でした。

 

 

問診・脈診・舌診の結果(弁証)

 

月経の状態からも明らかな先天的無月経であり

身体や顔つきなどからも生殖機能だけでなく

身体全体が生まれつき虚弱体質の方ということがわかります。

 

 

舌の小ささからも、身体の陰陽の器が小さいため

少しの刺激に身体の抵抗力がない状態であり

鏡面舌からは”陰虚”という潤い不足が現れ

舌色が淡紫で潤滑舌の状態からはエネルギー不足の”陽虚”の状態が見られています。

 

 

陰陽のパワー不足のために

血流を押し出す力も弱くなっており

冷えや暑さの体温調節機能も脆弱なようでした。

 

 

脈気も触れにくいほどに明らかに弱く、気血両虚。

 

 

まとめると生まれつきの腎虚(陰陽両虚や気血両虚を複合する)状態なために、月経はもちろん、生命力が弱い状態でした。

 

 

西洋での月経治療(ホルモン治療)

 

・視床下部性無月経

 

・下垂体性無月経

 

・卵巣性無月経

 

など

 

どこに原因があるのかは重要です。

 

 

(その辺りがわらかない人は過去記事の”東洋医学とホルモン

 

 

に簡単な解釈が書いていますので、参考に。)

 

 

この方の場合は、GnRHを補うことで月経が通常通り(といっても35日周期)で起こったので

視床下部由来の無月経だったとわかりました。

 

 

ですが、この方はその治療を止めて

漢方で治療することを選びました。

 

 

その理由は、病院の薬でも月経はくるものの

身体の疲労感がとても強く感じ

仕事や普段の生活がままならないためでした。

 

 

東洋医学での月経サポート

 

 

上に書いたように、一番の原因は先天的な身体の弱さ(腎虚)があることは間違いないですが

その機能失調の裏で血行不良が続いたため、

2次的に瘀血もできてしまうなど、状態は複雑です。

 

 

こういった状態には補腎・補気・活血などを行いますが

場合によってはそれらを段階に分けて身体を立て直していきます。

 

 

Mさんの場合、日々お身体の負担を感じていること

身体の状態が複雑な中にシンプルさもあることから

全体を同時進行でサポートしていくことがベストと判断しました。

 

 

漢方は、動物性の補腎薬を高濃度でお飲みいただくことで腎精を補う形を軸としました。

 

 

生まれつきの腎虚が何より大きな問題であると判断したためです。

 

 

それと同時に、それらのお薬がなるべく100%効果的になるように

補気剤という、胃腸機能を高めて食べ物からのエネルギー補給効果を上げて

普段の元気を補い、かつ補腎薬との相乗効果を強めました。

 

 

また、血流循環を改善する必要はありますが

強い活血剤は虚ベースの身体には負担となるので

シベリア霊芝での補腎・補気を兼ねながら活血・解毒していきました。

 

 

漢方の服用経過

 

始め1ヶ月は月経関連の症状はなく、無月経状態が続きました。

 

 

ですが、日常的な倦怠感が凄く緩和していたとのことでよろこばれていました。

 

 

「今までの自分は疲れていたんだ」と実感したとのことです。

 

 

生まれつき身体のエネルギーの根本が弱いと

健康な状態と比較しようがありませんが

特にホルモン治療での疲労感とは違い

月経のために身体が楽になったと実感いただけたことは何よりでした。

 

 

 

漢方服用し始め、2か月経たない頃

うっすらと出血が見られたとご連絡が来ました。

 

 

月経?と思うレベルの出血で終わったようでしたが

何となく、生理の時のお腹の感覚はあったので

体の中が変わってきているのかな、と感じていたようでした。

 

 

そして3か月目。

 

 

前回の出血から41日ほどで、しっかりとした月経が来ました!

 

 

まだ月経周期としては標準よりは長めですが

1年に1~2回だった月経が周期的に来るようになり、驚いていました。

 

 

また月経血の色も今までよりも

鮮血で出血量もしっかりしていたことにもビックリ。

 

 

原発性無月経の方が3ヶ月で月経が来るようになることはなかなか難しく

半年以上かかることの方が多いですが

Mさんに関してはとても早く反応も見られました。

 

 

これは腎虚ではあるが、汚れがほとんど溜まっていない身体で

ようは純粋な状態であったため、期間も短く、

お薬もストレートに合うことが出来たのではないかと考察します。

 

 

Mさんはホルモン療法でも月経は来ていましたが

その為に日常的な身体の不調が負担となってしまっていたので、

日常的な快適さを手に入れたことでの驚きが強かったようでした。

 

 

まさに”健康”を手に入れた!というように喜んでいました。

 

 

一時は金額が高めなことから

3種の内(補腎・補気・活血)から1つ削るなど自分で調節したようでしたが

どれを削っても疲労面は感じるようで、3つそろって飲んで初めてとても快調!とのことでした。

 

 

先天的な問題は一時的に飲んだから治るかといったら

実はそれはかなり難しい問題です。

 

 

”生理不順症状”を見てみぬふりをしている方は多いですが

放置していて良い方向に働くことはありません。

 

 

いざ子供が欲しくなった時に

授かることが難しい身体になっていたら嫌でしょう。

 

 

今だけの自分ではなく

未来の自分の為に

今できる身体作りを支援いたします。

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

1 2