妊活支援ブログ

2021-10-28 19:27:00
”不育症”について

(この記事は3分で読めます。専門度★★★★)

”不育症”とは

2回以上流産(薬による堕胎は除く)を経験した方の体質を”不育症”と言います。
つまり何らかの身体の不具合により
妊娠はできるものの成長が途中でストップして流産してしまうのです。
また、”習慣性流産”は細かくは違うものですが
「流産しやすい体質」という意味ではほぼ同義です。
たまに”不育症”という字を見て
「発育・成長が十分でない人」
と勘違いしている人もいるので、注意です。
2度も流産を繰り返してしまうと
もう一度妊娠できたとしても、また流産してしまうのではないかという不安が拭えず
妊活においてのストレスはかなり強いものとなってしまいます。
でも安心してください。
過去には5,6度などの流産を繰り返した方が
こちらにご相談して無事出産された例もあり
不育症の方の出産率を上げることは当薬局は得意です。

不育症の原因

現代医学で分かっている原因には

  • 抗リン脂質抗体陽性
  • 同種免疫異常
  • 甲状腺機能異常
  • 糖代謝異常
  • プロラクチン分泌異常
  • 子宮形態異常
  • 両親の染色体異常
などです。
たくさんあるように感じると思いますが、
現実ではこれらの問題を全てクリアしていても
流産を繰り返してしまう方は多いです。
つまり現代医学では不育症の原因に関しては
あまりわかっていないということです。

漢方でのアプローチ方法

西洋医学では検査値ばかり見て原因を探っていますが
東洋医学では実際の胎内環境や受精卵の状態を読み取って原因を探ります。
つまり
  • 受精卵にダメージをストレスを与えてしまう原因は無いか?
  • 赤ちゃんにとって居心地が悪いと感じる原因は無いか?
を漢方ならではの体質を読み取る技術で行っていきます。
簡単な例では、顔色が青白い場合には
貧血傾向で赤ちゃんに送られる血が不足しており
酸欠や栄養不足を生んで成長がストップしてしまう。
顔色は一例ですが
生理の血の状態、生理前症状、舌の状態、便の状態・・・と
身体の色んな状態を把握して原因を探っていきます。
上にも書いたように、原因を考える上では
『卵子』・『精子』・『子宮内膜』のそれぞれに分けて考えていきます。
卵子・精子・子宮内膜は全て大事な要素ですが
不育症において一番多い原因は”卵子”、および”卵巣環境”にあります。
その次に”子宮内膜”、および”子宮内環境”
そして”精子”の順です。

まずは月経の状態を観察する

経血は赤ちゃんが住む環境そのものといっても過言ではありません。
怪我をした時は鮮やかな血が出てきますが
時間が経つと血は黒ずみ、固まってきます。
これは血のヘモグロビンが酸素を失ったために
色は暗くなり、固まります。
つまり経血の色が暗かったり
レバーのような大きい塊が多く出る場合
体内であるのにも関わらず子宮内が酸欠で血が固まってしまっているということです。
そんなところに着床した場合、
着床して妊娠陽性は得られても赤ちゃんは酸欠で苦しくなり
流産してしまうでしょう。
経血を確認し、整えることは
赤ちゃんの住む環境を作る上でとても重要なことが分かるでしょう。

血行不良といっても

  • 冷えて巡らない
  • ストレスで血管が収縮している
  • 体内に熱が溜まり血の潤い不足により巡りが悪い
  • 運動不足により心臓ポンプや筋肉ポンプの力が弱い
  • 老廃物が除去できていない
  • 貧血で巡るものがない
  • 疲れ切っていて巡る力が出せない
  • リンパの巡りが悪いことが血管にも影響している
  • 姿勢が悪い
  • 運動不足による酸欠
同じ”血行不良”でも
このように色々な原因があります。
漢方には血行を改善する”活血剤”や”駆瘀血剤”なるものが存在し
代表的なものでは『桂枝茯苓丸』というものがありますが
どの血行不良にも良い、というわけではありません。
原因に合わせた血の巡り改善を行わないと
子宮内環境は整っていかないでしょう。
それぞれの原因に合わせた漢方薬については・・・
次回(11月1日月曜日午後にUP予定(でも最近忙しいので延期になるかも・・・滝汗)に続く
2021-10-22 18:50:00
”精神安定剤(&睡眠導入剤)”の妊活への影響

(この記事は3分で読めます。専門度★★★★)

 

 

前回の続きです。

 

精神安定剤(眠剤)はホルモン剤以上に

妊活における心の負担から精神安定剤に頼ることもあるでしょう。
元々精神安定剤や睡眠導入剤を服用してきたという方もおられます。
精神安定剤は、一時の心の負担を軽減するために有効なお薬であり
例え一時的であれその効果に救われている人は多くいるため
服用を否定することはしません。
ですが、何も知らずに長期服用してしまうと
ホルモン剤以上に身体を渇かしてしまいます。
つまり、カラダ全体や卵子の老化を早めてしまいます。

精神安定剤の連用しすぎのサイン

陰虚(≒潤い不足≒老化)のサインは舌に現れやすいです。
舌肉がふっくらしていず痩せていたり
舌内に”裂紋”というヒビ割れがある方は陰虚です。
深く、長く、多く存在するほど陰虚の程度は強いです。
この裂紋は舌の真ん中に出やすいですが
舌の淵の部分がノコギリ状になっている場合も陰虚です。
また、舌肉だけでなく舌表面についている舌苔がまばらに剥がれる地図舌や
全体が剥がれ鏡のようにテカテカと反射している鏡面舌も陰虚です。
鏡面舌は苔は無いものの唾液は多くテカテカとしていますが
陰≒潤いですが、唾液が多く潤っていれば良いわけではありません。

ではどうすれば良いのか

精神安定剤・ホルモン剤の連用が生む陰虚は
教科書に載っているようなものではありませんが
数多くの相談を通してみると明らかな傾向は見られます。
陰虚→老化は卵子に影響が出やすいですが
陰虚から血の巡りが悪化し”瘀血”を作ってしまい
子宮内環境も悪化してしまう場合もあります。

 

とはいってもホルモン剤も精神安定剤や眠剤も

好きで飲んでいるわけではなく仕方なく服用している人がほとんどです。

 

 

ただ服用するだけだとドンドン陰は失われ

失った卵子は戻ることはありません。

 

 

だからこそ自分の陰(潤い、若さ)を守るために

あなたの体質に合った潤いを補う漢方薬を飲むと良いでしょう。

 

 

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

2021-10-19 19:16:00
間違ったホルモン剤の連用は老化を生む

(この記事は2分で読めます。専門度★★★)

 

 

ホルモン剤過剰は渇き(老化)を生む

ホルモン剤をむやみやたらに使用することは

卵巣の疲労を生み、卵の老化に繋がります。

 

 

しかし、ホルモン剤がないと妊娠できない人もいます

 

 

その場合、ホルモン剤の使用を過度にならないようにしながら、漢方で潤いを補助し、

よりホルモンの感受性を高めて効率を良くすることが大切です。

 

 

もちろん、ホルモン剤が合わない人の場合は

ホルモン剤を使用せずに自分本来のホルモンの力を活かす漢方を使用するなども臨機応変に対応します。

 

 

現代の不妊治療は、妊娠力を高める治療と称していますが

実際のところは一時的な妊娠力向上が主であり

先を見据えた治療でないのが現実です。

 

 

一時的に妊娠力を高めた時に成功すれば良いですが

なかなかそうもいかないのが現実で、次こそは!と繰り返し

気が付くと連続でホルモン剤を多用してしまっていることも多いでしょう。

 

 

そうしているうちに気が付くと妊娠力が下がってしまい

不妊治療で前に進むはずが停滞、さらには後退し

欲しい気持ちが強いほど妊活全てが負担になってしまうでしょう。

精神安定剤も陰虚を生む

そうした心の負担から、精神安定剤に頼る方もおられます。
しかし精神安定剤ホルモン剤以上に身体を渇かす副作用が・・・

次回(10月22日金曜日にUP予定)に続く。

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

2021-10-14 17:42:00
漢方薬とサプリの違い

(この記事は3分で読めます。専門度★★★)

 

サプリメントと漢方薬での滋陰することの違い

関節痛用のサプリに良く配合されている

コンドロイチンやグルコサミン、ヒアルロン酸

美容(アンチエイジング)にもコラーゲンやヒアルロン酸などが多用されますが

これも立派な潤いの素材です。

 

 

素材としては悪くないのですが

試してみても全く効果を感じない人もいます。

 

 

その原因は、それらを摂取したらそのまま各部位に送られるわけではなく

分解・吸収され必要部位に運ばれてから再構築されて初めて効果が得られるためです。


  1. 胃腸からの吸収率が悪い
  2. 素材があっても再構成できる力が無い
  3. 必要部位に運ばれない(血行不良)

 

などが原因で効果が出ないことがあります。

 

 

その点、漢方薬は滋腎陰生薬の単独使用でなく

  • 消化吸収を高める生薬
  • 再構成する機能を高める生薬
  • 血行を改善する生薬

バランス良く配合されたものなので、ただのサプリメントよりも効果的です。

 

 

妊活においてのプラセンタすっぽんコラーゲンなども卵子の潤いに関わります

単独の服用よりもそれに吸収率を高めた子羊袋亀齢寿亀鹿二仙膠などの方が

良い卵子が得られ、妊娠にも繋がります。

 

 

しかし、漢方薬だけでは補えない滋陰剤もあるため

上手く状況に合わせ使い分けるとより良いでしょう。

 

 

関節痛などにつかうグルコサミンなどは

「本来の形から吸収する際に分解されるため、意味がない」

といったことをいう人もいます。

 

 

ですが、現実的にその服用で「痛みが改善した」「軟骨が増えた」などの例はたくさんあり

一度パズルを崩しても、再度パズルを再構築する力があれば、それは問題ないのです。

 

 

ホルモン剤過剰は渇き(老化)を生む

妊活で多用されるホルモン剤や

精神疾患に使用される精神安定剤は

基本的に身体を渇かし、老化を加速させてしまう傾向が・・・

 

→詳しくは次回に続く(10月18日月曜日にUP予定)

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

2021-10-12 14:35:00
老化から守る漢方薬について

(この記事は3分で読めます。専門度★★★★)

 

 

人の身体や卵子の老化を防ぐ漢方薬について

より詳しくまとめています。(少し難しい内容かもしれません)

 

老化は膜(陰)が守る

乾燥(老化)から身を守る””は
加齢と共に減ってしまうため
老化症状や乾燥症状が強い場合に補うべきは水分でなく、膜の潤いや膜の素材を補うべきです。
漢方の成分でいうと”腎陰”薬に当たります。

 

 

例えば地黄は保健適応の中で最重要な陰のお薬であり

他にも阿膠などの膠成分などもそうです。

 

 

ですが、それらは胃もたれなどの胃腸に負担をかけやすい副作用が出やすく

また陰を補う効果も浅めです。

 

 

妊活において深い潤いが不足している人には

亀板膠胎盤製剤などの保険適応外の滋陰剤は欠かせません。

 

 

卵子膜がプリプリに潤うと

染色体レベルであらゆるダメージから卵子を守ることができるでしょう。

 

 

当店で採用している滋陰剤はとても優秀で

卵子への効果はもちろんですが

肌においてもアンチエイジング効果を感じる方が多いです。

 

 

子宝相談を終えても

若々しい肌を保つためにその漢方を飲み続ける人もいるくらいです。

 

 

また、健康志向で話題のω‐3の不飽和脂肪酸も膜構造を強化する性質がある為

立派な滋陰剤の一つだと私は捉えています。

胃腸の弱い人の滋陰は慎重に

膜の素材であるリン脂質・コレステロールなどは

動物性のお肉やてんぷらなどにも多く含まれますが

脂濃い食事は胃がもたれやすいように

腎陰剤の使用は胃もたれを生むことがあります

 

 

その原因の一つに脾陰虚故に

腎陰剤を汲み上げられず、もたれや消化不良をもたらしていることがあります。

 

 

このような時は脾気を上げる人参と脾陰を補う

白朮、黄精、ヨクイニン、百扁豆などで助ける必要があります。

 

 

処方でいうと参苓白朮散啓脾湯などを使用します。

 

 

また妊活においては腎陰ばかり重要視されがちですが

人間にとっての一番外側の膜は肺陰です。

 

 

肺陰の脆弱性が

卵子のバリア機能を落としている場合には

沙参、麦門冬、玉竹など、処方でいうと沙参麦門冬などが必要となることもあるでしょう。

 

 

胎盤(プラセンタ)製剤は妊娠力を上げるとても良いお薬ですが

プラセンタほど質がピンキリなお薬も無いと感じています。

 

 

製品によっては妊娠力を上げられないどころか

むしろ身体を汚すような質のプラセンタ製剤もあるので

私は絶対自分達が実績を作ってきた製剤しか使用しません。

 

 

また胎盤要素を摂っても

胃腸の吸収に問題がある人や血行不良の人は

十分に摂った分の効果が生殖機能まで届かないこともあるので注意です。

 

 

やはり漢方はただ「妊活に良い」とされるものを試してみるのではなく

しっかりと自分に合った漢方薬を選んでもらうことが大事でしょう。

 

 

妊活は

あなたのためだけでなく

新しい命が生まれるかどうか左右するものなのですから。

 

サプリメントと漢方薬での滋陰することの違い

→次回(10月15日金曜日午後にUP予定)

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

1 2