インフォメーション

2018-05-19 15:57:00

後鼻漏や蓄膿症です。

 

鼻の勉強をしていると、

まずは鼻の働きはどうなのか からです。

 

鼻はなんのためにあるか

 

機能は 呼吸器としての機能 と 感覚器としての機能 です。

 

呼吸とは息を吐いたり、吸ったりして

酸素を取り込む、二酸化炭素を吐き出すためです。

無意識で簡単なことなはずですが、そうでもない方々が多いです。

 

呼吸器としての機能

ろ過機能 体内に取り込まれた空気中に含まれるほこりや雑菌とか

       有害物質を取り除く

加温・加湿機能  肺が充分に働けるように肺の環境を整えている

抵抗器としての機能 肺の末端まで空気が届くように、

       吐く時には肺に空気が長くとどまるように、鼻、気管、気管支を

       通過する時間を適度に遅らせる

 

普段は意識していませんが、青森だと冬の寒い夜はマイナス8℃を歩いて帰っても、

夏の暑い日は汗だくで34度とかになっても、肺が傷まないように鼻呼吸で守られています

一瞬にして肺の中に入る空気の温度と湿度を調整しています。

これは口呼吸ではうまくいかないことです。

それに鼻からの呼吸のほうが、酸素の取り込みが良いのです

子供達でよく口をあけている子がいますが、口で呼吸しています。

酸素不足だとすると、脳に酸素不足だと大変です、しっかりと治したいですね。

 

私達は1日に1~2万リットルもの空気を吸い込んでいます。

1万リットリとは500mlのペットボトル20000本です、凄い量です。

 

意識をしない呼吸ですが、自然な不具合の無い呼吸にできるように

呼吸が氣になる方はお聞き下さい。

後鼻漏.jpg