インフォメーション

2019-04-17 17:34:00

現在増えているPCOS、つまり多嚢胞性卵巣症候群。

 

漢字が並んだり、アルファベットが小難しく並んでいると何やらたいそうな疾患のように感じてしまうので、どういったものかを説明します。

 

この症状になっている方は増加傾向にあります。

 

ですが、PCOSや多嚢胞卵巣症候群などは、自分がそう診断されないと目に求めない字の並びと思いますが

 

・なかなか排卵しない(月経周期が長く、特に低温期が長い)

 

・排卵期がバラバラ

 

・オリモノが多い、またオリモノが伸びず水っぽい

 

・卵子の成長が遅い

 

・フェイスライン・口周りにニキビが出やすい

 

・体毛が濃い

 

・排卵期に鼠径部(そけいぶ、左右の足の付け根周辺)で痛みを感じる

 

疾患名を書かれてもピンとこないけど、上の症状については気になる人もいるのではないでしょうか。

 

多嚢胞という見慣れない字から来る印象が理解しにくく、少し怖い印象を受けると思いますが

 

個人的見解では嚢胞というのはリンパの新陳代謝が上手くいかず、球状にとどまってしまっている状態で

 

卵巣の中で、卵子などが成長しかけて留まって、かといって排卵もされず、卵巣に負担をかけてしまっている状態です。

 

現代医学ではリンパという表現よりインスリン関係とされているようですが、

 

どちらにしろ東洋医学での””の問題という点では共通点です。

この図で分かるように左は正常、右が異常に腫れている卵巣です。

 

その原因が”排卵が上手くいかない”、つまり多嚢胞性卵巣症候群(以下PCOS)です。

 

アメリカではこのPCOSが不妊の原因第一位とされています。

 

PCOSの原因は現代では不明で、遺伝性などが言われていますが

 

要因とまでは言われないまでも、肥満傾向の方に偏って多いようです。

 

「自分は肥満じゃないから違うのかな?」

 

と思う人もいると思います。実際自分が相談にのった方もむしろ痩せ型でしたがPCOSの不妊で

 

その問題を解決することで妊娠・出産に至った方も何人もいました。

 

傾向としてはやはり肥満気味な人が多かったですが、共通項はリンパの流れが悪いということです。

 

この傾向は全員でした。東洋医学的に見た水毒体質です。

 

PCOSとの診断は無いにしても卵管狭窄や卵管閉鎖、卵管水腫、おりものがやたら水っぽく多いなどの訴えや

 

日常でいうとリンパから想像しやすいですが、むくみなどを訴える人が多いです。

 

舌診でいうと舌の側面に歯型や波打っている状態。

 

これは水分代謝が悪く、舌がむくみ、閉じているときに舌が歯に当たってしまうこと

 

また当たったとしても、柔軟性のある舌なら型が付くほどでないですが、水膨れなので形が歯の痕となってしまうのです。

 

 

 

他にも色々ありますが、ようは水分代謝が悪い状態で、まれにですが身体全体では問題はないですが卵巣周辺だけ水分代謝が悪い方もいます。

 

卵管水腫やオリモノが多いと想像しやすいですが、卵巣内、卵巣周辺、卵管周辺に

 

水たまりがあり、動きを悪くしたり、冷やしたりして卵巣壁の柔軟性がなくなり固くなってしまっているために排卵できない原因となったり、

 

卵巣内の卵胞に栄養を送っているのにもかかわらず、周りのリンパの老廃物が除去されないことで

 

正常に栄養が伝わりきらず卵の成長が遅かったり未成熟となってしまうことで無排卵になることがほとんどです。

 

場合によってはエネルギー不足で未成熟や成長が遅くなってしまう場合もありますが、少数ではあります。

 

 

 

漢方としては、その周辺の水毒の性質(湿痰といって頑固さのレベル)や位置に合わせ、お薬をお出しすることで

 

内側からそういった水分代謝の問題を正常化して卵の成長へとつなげていきます。

 

 

 

また水分代謝の中でも脂分の悪さなら脂肪分を燃焼する運動や食事指導、

 

水の流れや冷えからの水毒ならそれに合わせた運動や食事などを合わせて見つめ直すアドバイスをしていきます。

 

 

 

一つ注意点としては、最近流行りの”発汗でのデトックス”。

 

水溶性の汚れを外に出すには汗と小便・大便が基本なので発汗はとても大事なのですが

 

運動をせず、サウナなどで大量に発汗するなどは少し違います。

 

場合にもよりますが、基本的にデトックスを意識した発汗は肺をしっかり使うことが重要です。

 

サウナや岩盤浴で身体を動かさず、肺をそれほど使わない発汗は、深い汚れは動きません。

 

逆に表層の綺麗な水分が失われているだけで、体内の深いところで汚れが濃くなってしまう可能性すらあります。

 

池などを想像したとき、波がないと底ではヘドロがあっても表層は綺麗な水が溜まっている場合があります。

 

その表面の水ばかりすくって”デトックス”といって捨てているだけだとヘドロ成分が濃くなるとわかりますよね。

 

やはり楽して身体を綺麗にするなどは難しいのです。

 

有酸素運動をすることで肺をしっかり使い、リンパの汚れを起こし、排出させる。

 

それだけ、頭には入れて欲しいです。

 

 

 

またPCOSの自覚症状としてフェイスラインや口周りのニキビ、体毛が濃くなるなどがありますが

 

ようは身体が男性化してしまう場合があります。

 

排卵が上手くいかないことでホルモンバランスが崩れ、普段でも女性にも男性ホルモンは存在しますが

 

その男性ホルモンが活発になってしまうことでそれらの症状が見られます。

 

漢方相談していて「PCOSなんです」という人より

 

「ニキビが気になります」という人に卵巣を調べてもらうとPCOSだったとわかるパターンの方が多かったです。

 

ニキビ=PCOSではないですので焦らないように。またニキビができないからと言ってPCOSじゃないというわけでもないです。

 

 

 

もう一つの自分で感じられるサインとしてはオリモノです。

 

経血もですが、オリモノは他人と比べられないため(普通は)

 

自分が正常なのか異常なのかもわからないと思います。

 

基本的には排卵期周辺の2~3日で多くなるという方は普通です。

 

場合によっては生理前に増える人もいますが、これも正常ないですが東洋医学的には血の問題があると思います。

 

排卵期以外にダラダラとおりものシートが必要な場合は異常です。

 

または突発的に水っぽいオリモノが多いことも異常です。

 

匂いの異常やオカラ状のものが出るなども正常ではないですが、蒸れてしまっている結果でもあります。

 

排卵期周辺の増加でもおりものシートでカバーできないくらいであったり、1日に複数枚使用するなどは多いです。

 

逆に異常とまでは言えませんが、全くおりものシートも使わず、排卵期も増えない人はそれはそれで水分代謝異常があります。

 

またオリモノが多いことで蒸れやすく、カンジダになりやすかったり、子宮頸がんのウイルスにも罹患する可能性が高くなり、

 

子宮頚部異形成にひっかかる人も多いです。異形成はガンの先駆体みたいなものです。

 

ですが引っかかったとしてもビビらないでください。

 

自分が相談に乗ったかたは漢方服用で体質改善により異形成が改善した人は多くいます。

 

 

 

また卵巣には異常はないけども検査の結果、卵管狭窄や閉塞などがわかる場合もありますが

 

この場合もPCOSではないですが、位置が卵巣か卵管かの違いなだけで水分代謝の問題と卵管の柔軟性の問題で

 

漢方でのアプローチは共通する形で考えます。

 

卵管狭窄や閉塞は卵の成長などには影響がない場合もありますが、肝心の精子と出会い受精することができない可能性が高まってしまいます。

 

これは物理的な問題なので、FT手術などで広げるなどで妊娠に至る方も多いですが

 

同じように過ごしていると繰り返して狭窄や閉塞してしまう人がほとんどなので、手術をした後も

 

生活習慣の見直しは続けましょう。

 

 

あと体質と違うので最後になりましたが、若いときに排卵を抑制するピルを服用していたことで

 

卵巣内にストレスが溜まり、また卵巣壁の柔軟性が失われたことでPCOSになる方も多いと思っています。

 

相談に乗っていてそういう方は結構いました。ですが医師はそんなことは思っていないようです。

 

ピルは必要なこともあるのでしょうが、安易に避妊目的でしようしたり

 

ひどい生理痛を誤魔化すためや生理前症状の緩和のためやニキビのために出すようですが

 

後先考えず出してしまうことが多かったり、

 

ビックリするのがネットで海外から買えたりするらしいです。

 

しかも安いし大量に。。

 

ダメ、ゼッタイ!

 

ピルを全否定はしないので、必要な場合はしっかりと病院受診し医師に処方してもらいましょう。

 

んー。卵巣周辺は今日いっぱい書いたので、次回は子宮の問題なんかを。

 

 

 

この記事やブログを読んだことや、このブログを通してこちらにコンタクトを取ったことが、新しい命の誕生と繋がるために尽力致します。

 

過去に思いを伝えられなくて

 

行動できなくて後悔している経験があるなら、

 

今のその踏み出せない一歩が未来の後悔とならないように。

 

その一歩を未来のあなたの赤ちゃんは待っているのかもしれません。

 

あなたのその一歩をお待ちしております。

 

一緒に未来のあなたと天使の笑顔へ歩んでいきましょう。

 

 

心はいつもあなたの隣に。

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可)の

漢方相談薬局 平成堂薬局 櫻井 大輔

相談予約電話  017-739-0444   

メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

〒038-0022 青森県青森市浪館泉川22-1