インフォメーション

2019-04-22 11:55:00

卵巣周辺のことは書いた(卵巣・卵子・卵胞・卵管について)ので、今度は子宮周辺についてを書いていきます。

 

 

 

 

子宮は何のためにあるのでしょうか?

 

そうです。

 

赤ちゃんを体内で育むためにあります。

 

 

 

月経についてでも述べたように、

 

月経は赤ちゃんのための暖かく柔らかい布団(子宮内膜)作りのあと、

 

その布団が使わなかった場合に経血として排出され

 

また新しいお布団を作ることを繰り返すものですが

 

子宮はそのためのお部屋全体

 

子宮筋層はベッドを担っていると考えるとわかりやすいです。

 

 

 

お部屋全体を満たすのは羊水であり、人にとっての空気です。

 

ベッド(子宮筋層)で重要なのは固さや弾力性です。

 

これは筋層とあるように、平滑筋の集合体となっています。

 

腕に力こぶを作るなどで分かるように、力を入れると筋層は筋張り、

 

力を抜くと弛緩して肌肉が柔らかくなりますが

 

子宮内の筋肉をいちいち意識してコントロールしている人はいないと思いますが

 

慢性疲労やストレス、冷えなど、漢方でいうところの気や血の滞りを生む環境にあると

 

知らず知らずのうちに力が入り、筋張ってしまいます。

 

子宮の弾力がなくなり、硬くなってしまいます。

 

するとせっかく着床しようとしている受精卵がその固さに負けて根を張れなかったり

 

根を張った後もベッドの固さが赤ちゃんに堪(こた)え、出産まで至れないこともあります。

 

筋張るとマッチョマンが血管がビキビキ浮かび上がるように

 

太い静脈に血が集中し、筋肉を大きく見せます。

 

ですがそれ以外の毛細血管は太いところに血がもっていかれるために

 

毛細血管の血は少なくなってしまいます。

 

 

 

さっき言ったように、上腕に力こぶを作るように力を入れて手を握り続けていると

 

手の平は白く、痺れたり冷たくなると思います。

 

末端に血が行っていない状態が想像できますね。

 

子宮も同じで、無意識な筋肉の緊張は

 

本当は着床に何よりも重要な子宮の毛細血管を閉じてしまい

 

なかなか陽性を得られないという結果となってしまいます。

 

脱線ですがストレス社会と言われる現代では子宮に関わらず、この筋層や筋膜の柔軟不良が良く見られます。

そういった人は脳内の伝達不良にも繋がるために、精神的ストレスに弱くなってしまうように思います。脱線終わり。

 

そこで、子宮に関しては赤ちゃんを育む場とわかったと思いますが、

 

卵巣系はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とチョコレート膿疱と書きましたが

 

今度は子宮の問題へとつなげていきます。

 

子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮内膜症などです。

 

それぞれ聞きなれない言葉で字も小難しく、筋腫なんて”腫瘍”の”腫”という字なので

 

あまりイメージが良くないし怖い印象に繋がりやすいと思います。

 

良いか悪いかでいうと良いものではないですが、99%以上は悪性でなく

 

基本的には自分自身の命に係わるものではないのでその点は安心してください。

 

本来あるべきじゃないところに、ちょっと邪魔なものができてしまっている状態です。

 

といってもびっくりすると思いますが、場合によっては10cm大になることもあります。

 

それほど大きい人は下腹部にポッコリと野球の玉のようなものを感じる場合があります。

 

気付かないレベルの1cm以下の場合もあり、大小さまざまですが

 

妊娠できる年齢層の女性の4~5人に1人に見られるほど多い疾患です。

 

妊娠できる年齢層の女性と書いたのは、妊娠するために重要なホルモンのうち

 

E2(エストロゲン)により、大きく成長する疾患だからです。

 

なので妊娠中に赤ちゃんと一緒に大きくなってしまうことも多いです。

 

 

 

妊活中でない方の治療としてはE2を抑制するGnRHアゴニストを利用した薬物療法か

 

手術により物理的に取り除くか、

 

もしくは悪性ではないので経過観察かとなります。

 

経過観察は定期的に見るだけで、何かすることはないので

 

普通に過ごしていたら徐々に大きくなってしまうことが多いです。

 

ですが、閉経してE2が少なくなると、それ以上の成長はなく

 

そのままか、もしくは徐々に小さくなりますので、閉経前に見つかった場合は放置することが多いです。

 

 

 

妊活においての子宮筋腫の存在は、基本的には悪さはしないのですが

 

単純に大きかったり、小さくても場所によっては邪魔となる場合があります。

 

先ほど書いたように妊娠した場合、赤ちゃんと共に大きくなってしまうこともあり、

 

妊娠初期では問題なかったのに成長過程で邪魔になってしまうこともあります。

 

筋層内にできることが多いので、ベッドのマットに異物が入っている状態です。

 

軟らかく小さい程度のものであれば気にならなかったり

 

石や岩なんかがマットに入っていたらゴツゴツした違和感のため

 

身体は休まらないと思います。そういった状況では取ってしまうといったところです。

 

 

 

東洋医学での処置は、異物が存在するのでその流れを改善することが主となると思いますが

 

子宮付近ではありながらその異物は白~黄色を呈することだ多く血の色ではあまりありません。

 

ですので気血水の中では水を主体に動かすお薬を、

 

特に脂肪系を意識した水を動かすお薬を軸とし

 

また筋腫の固さによっては”軟堅散結”作用のお薬を併用し

 

もちろん水の流れに付随する気・血の滞りもあるようなら併用して考えていきます。

 

 

 

この”軟堅散結”は字のごとく「堅いものを軟らかくし、結ばれいているものを散じる」ことを意味し

 

まさに現代に増えているポリープ、腫瘍などの凝り固まったものをほぐしていきます。

 

フライパンの汚れでいうと

 

ただの油汚れでなく、焦げてこびりついている状態。

 

そういった時に金タワシで

ゴシゴシやる人もいるかもしれませんが、汚れは取れてもフライパンは傷みます。

 

金タワシ的なことをする前に、頑固な汚れにはフヤかすことをすると思いますが

 

”軟堅散結”はそういうことです。

 

頑固に固まったものをほぐして取れやすくしていきます。

 

体内に金タワシのようにごっそり削ることはできないですしね。

 

 

 

またこの”軟堅散結”の生薬で使われる部類として多いのが海藻系。

 

昆布とか海藻、牡蠣の殻などです。

 

母なる海の力(現代でいうところのミネラルの力)で汚れを軟らかくしていくのです。

 

またこの子宮筋腫やPCOSのようにリンパ系の流れが悪い人に多いのが

 

甲状腺の問題。疾患名だと橋本病やバセドウ病。

 

ここの関連はかなり多いです。

 

漢方的に考えるとそれはやはり水の、つまりリンパの流れに重要な地点で

 

そこで留まってしまい、異物を形成したり機能を異常にしてしまいやすいのです。

 

西洋医学では「子宮筋腫は子宮筋腫」「PCOSはPCOS」「甲状腺は甲状腺」

 

と分けて考えると思いますが、絶対相関性は高いです。

 

 

 

そうこうしながら漢方では筋腫に対しては汚れ取りを主体なお薬構成とし、処置していきます。

 

ですが筋腫に関しては正直なところ、漢方での治療で子宮筋腫が完全になくなることは難しいです。

 

少ない例ではなくなった方もいましたが、基本的にはそれ以上成長しないことと少しでも縮小することです。

 

じゃあ邪魔で取れるなら取ってしまえばいいんじゃないかと思う人もいると思います。

 

実際取らないといけない場合もありますが

 

それほど悪さをしないのに簡単に取ってしまうと、逆にその後に妊娠しにくくなったり

 

取ったからと原因を見つめないとまた別の子宮筋腫ができたりします。

 

子宮筋腫ができる人は1つではなく複数できてしまいやすい人が多いです。

 

なので、取っておしまい、でなく、できないように、大きくしないようにすることは大事だと思います。

 

 

 

子宮筋腫を書いているだけで長くなってしまったので、腺筋症・内膜症は次回に続くとします。

 

 

 

妊活に関しての最大の矛盾は、妊活自体はこれ以上ないほどの崇高な行為だと思いますが

 

それがストレスとなってしまい、自分の心身を傷めてしまうことにあります。

 

気持ち良く妊活できると、その矛盾はなくなりますが、気付かず矛盾を抱えたまま妊活している人の何たる多いことか。

 

あなたが必要としているのは”気持ちの良い妊活”かもしれません。

 

妊活中の皆がそういう奇跡的な結果ばかりではない厳しい現実で

 

特にネットを見ているとそういう例ばかり目立ってしまいますが

 

この記事やブログを読んだことや、このブログを通してこちらにコンタクトを取ったことが、

 

新しい命の誕生と繋がるために尽力致します。

 

過去に思いを伝えられなくて

 

行動できなくて後悔している経験があるなら、

 

今のその踏み出せない一歩が未来の後悔とならないように。

 

その一歩を未来のあなたの赤ちゃんは待っているのかもしれません。

 

あなたのその一歩をお待ちしております。

 

一緒に未来のあなたと天使の笑顔へ歩んでいきましょう。

 

 

心はいつもあなたの隣に。

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可)の

漢方相談薬局 平成堂薬局 櫻井 大輔

相談予約電話  017-739-0444   

メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

〒038-0022 青森県青森市浪館泉川22-1