インフォメーション

2019-05-07 17:35:00

まず妊娠できる身体になるために見つめ直すべきは”生活習慣”。

 

ですが、今までの自分を責める為に見直してはいけません

 

悔やむことはプラスにならない。

 

多少の反省は必要なこともありますが、過去を色々考えるのでなく、未来のために、これからのためにを活かしましょう

 

 

 

生活習慣の中では

 

①睡眠

②食事

③ストレス

④運動

⑤疲労

⑥その他(冷えなど)

 

を見直すことです。①~⑤の順番と重要性は特に関係なく、全部同じく重要です。

 

前回(妊娠できる身体になるために)①睡眠について書いたので、次は②の食事についてです。

 

③のストレスと⑤の疲労はコントロールできないですが、②の食事と④の運動は自分から働きかけることもできる、とても大事な要素です。

 

ですが、特に食事についてはネット社会の情報の多さで何が正しいかどうかがわかりづらいのが現状です。

 

また食事は毎日のことで忙しい中食事を意識するのは難しいことです。

 

なので、「どの食事をどう食べる」などはキリがないですし、個人差が激しいのでそういったことでなく、食事に際してどういったことに気を付けるべきかを書いていきます。

 

ようは”煩わしいことを色々と考えずに妊娠力を高めるための正しい食生活を送るには”についてまとめます。

 

途中細かく書きますが、しっかりわかりやすくまとめますのでついてきてください👍

 

それでは書いていきます。

 

 

 

食事は本当にいろんな情報が飛び交っていますが、基本は睡眠の時と同じで、昔からの常識が正しい場合が多いです。

 

現代の「アレが身体に良い」「コレが良くない」はTV、新聞、ネットで良く目にしますが、目を引くためのダシとして誇大化されている印象が強いです。

 

常識をひっくり返すことで気を引くだけひいて、正しい情報をかき回していますので、翻弄されないようにしましょう。

 

食事において誰もがわかっているけど目を向けにくい、けれど何よりも大事なことは”バランス”です。

 

いろんな情報にかき回されたときは思い出してください。

 

バランス”です。

 

アレが良い、悪い、も時に正しいことがありますが、それは現代的に過剰に摂取しすぎているものは”悪”摂らな過ぎているものを摂取することは”善”にはなると思います。

 

なので、良いとされているものも、食べ過ぎると悪になり得るというのはわかっておいてください。

 

 

 

例えば現代の悪役である””と””。

 

これらは明らかに現代の色々な病気や妊娠しにくい身体の原因となっていることは間違いありません。

 

ですが、それらは食べないと良いのかというとそんなことはありません。

 

糖質(炭水化物)・脂質はタンパク質と並び、3大エネルギー源です。

 

その糖質や脂質を極度に抜いてしまうと、身体のエネルギーが不足し、妊娠するどころか通常の生活もままならないでしょう。

 

ではなぜ、この””と””は悪役となりうるのか。

 

皆わかっていることと思います。

 

美味しくて食べ過ぎてしまうからです。

 

大事なエネルギー源だけれども、食べ過ぎて負担になってしまっているのです。

 

     

 

美味しそうですね😋

 

チョコやケーキは糖と脂の塊ですね。。

 

しかも質もあまり良くない・・・

 

それと一緒にトクホのものを口にすると良いなどといって安心している人もいますが、意味がないとは言いませんが、やはり食べたものを解毒するには運動が中心となります。

 

トクホのもので多少は消化を妨げ、代謝を上げられるかもしれませんが、運動に勝る燃焼はありません。

 

運動についてはまた先の記事で書きます。

 



今はいつでもどこでも、それほど気兼ねなく色々なものを食べることを選べます。

 

ですが、こんなに自由に食べられる時代になっても妊娠するには”栄養不足”と言われるのはなぜでしょう。

 

実際妊娠力が低いのは栄養不足が原因の方はたくさんおられます。

 

それは先に書いたバランスの悪さからきています。

 

↑が理想的な栄養バランスの状態を示す桶(おけ)です。

 

↓が現代に多い栄養バランスの偏った状態の桶です。

 

わかりますでしょうか。

 

偏った栄養バランスだと、食べれば食べるほど、本来使われるべきエネルギーとして吸収されるのでなく、漏れてしまっています。

 

せっかく美味しいチョコやケーキで摂ったエネルギーが身体にとっての毒素となってしまっています。

 

食べても食べても栄養不足なのはこの為です。

 

 

 

ではどうすれば良いのでしょうか。

 

上の絵で見るとわかると思います。

 

板の短い部分をしっかりとした長さに直してあげることです。

 

短い板は栄養不足している何かです。

 

ビタミン不足を補おうとサプリメントを摂る方が多いですが、現代的にはビタミンよりミネラル不足です。

 

ビタミンも蔑(ないがし)ろにできないですが、意識している人が多いためか、現代ではそれほど問題ありません。

 

他にも必須アミノ酸も9種類あったり、ビタミンも水溶性で9種、脂溶性が4種、ミネラルも12種などと何が何かわからないほどに多く、またどれが不足しているかなどの把握も普通に過ごしていたらわかりません。

 

そこを意識しすぎずカバーするのがバランスなのです。

 

 

 

連休明けで文章がいつもよりしっちゃかめっちゃかで申し訳ないです。

 

気が付くとまた長文になり、導入で終わってしまい、全然まだ実用的でないですが食事についてはまた明日に続けてわかりやすくまとめながら書いていくとして、今日はここまで。

 

 

 

妊活はこれ以上ないほどの崇高な行為だと思いますが、それがストレスとなってしまい、自分の心身を傷めてしまうことがあります。

 

悩みのない妊活であればその矛盾はなくなりますが、気付かず矛盾を抱えたまま妊活している人はとても多いです。

 

あなたが必要としているのは”心に優しい妊活”かもしれません。

 

ネットを見ていると奇跡的な例ばかり目立ってしまいますが

 

妊活中の皆が幸せを掴めるわけでもない厳しい現実の中で

 

この記事やブログを読んだことや、このブログを通してこちらにコンタクトを取ったことが、

 

新しい命の誕生と繋がるために尽力致します。

 

過去に思いを伝えられなくて

 

行動できなくて後悔している経験があるなら、

 

今のその踏み出せない一歩が未来の後悔とならないように。

 

その一歩を未来のあなたの赤ちゃんは待っているのかもしれません。

 

あなたのその一歩をお待ちしております。

 

一緒に未来のあなたと天使の笑顔へ歩んでいきましょう。

 

 

心はいつもあなたの隣に。

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可)の

漢方相談薬局 平成堂薬局 櫻井 大輔

相談予約電話  017-739-0444   

メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      

〒038-0022 青森県青森市浪館泉川22-1