インフォメーション

2019-05-17 18:48:00

まず妊娠力をあげるために見つめ直すべきは”生活習慣”

 

ですが、今までの自分を見直すことで今までの自分を責めてはいけません。

 

悔やむことは未来のママから遠ざかる行為です。

 

過去は悔やむ為でなく、活かすためにあります。

 

生活習慣を見直しても明日の自分は変わりません。

 

ですが、見直すことで1年後、5年後、10年後の自分を変え、幸せにすることはできます。

 

未来の自分に幸せをプレゼントする(それはコウノトリからのプレゼントかもしれません)ために、今からできることを始めましょう。

 

 

 

昨日は”ストレスの悪さ”について書きましたが、今日は”ストレスを上手く発散させる例”を挙げていきますので、参考にしてください。

 

まずはストレスを感じた時、その刺激により自律神経の交感神経が昂ります。

 

難しい言葉なので、わかりやすくいうと、無意識に緊張してしまうということです。

 

じゃあどうすればいいの?

 

というのは緊張をほぐすように考えると良いので、単純にはストレッチなどが有効です。

 

緊張して伸びにくいので、徐々に伸ばすことでほぐれていきます。

 

またそれを助けるために重要なのが、”呼吸”です。

 

ストレスを感じている時に無意識にしてしまう行動で、溜め息などもありますが、

「はぁ~(*´Д`)」

 

としてしまうのは、ストレスを軽減しようとする無意識の働きでもあり、特に重要なのは、息は吸うのでなく、吐いていますよね。

 

息を吸うことは交感神経優位吐くのは副交感神経優位ですので、脳内へのストレス負荷から解放するために無意識にため息が出るのです。

※溜め息は2種あって、身体的な疲労によるものと精神的な疲労によるものがあり、今回は精神的疲労を指す

 

 

 

つまり、呼吸のうち、吐くことを意識すると身体の緊張はほぐれるということです。

 

ヨガでも、身体が解れきれていない時には深く息を吐きます。

 

なるべく口をすぼめて息を細く強く吐くイメージで吐くと副交感神経が優位になり、つまりリラックスする方向へ傾きます。

 

単純に深呼吸するだけでも構いません。

 

ストレスを感じている人は、思い出した時に深呼吸を、またストレスに気づいていない人もいますが、気が付くと溜め息をしている人は、深呼吸(特に吐く息を長く強く)することで、身体は楽になります。

 

 

 

先ほど書いたように、ストレスは緊張を生みます。

 

緊張は人前に立つなどのような緊張でなく、自分で緊張しているとはわからない緊張もありますが、ストレスを感じている時に、家にいるようにダラっと脱力している人はいないと思います。

 

普段より筋肉は無意識に強張っているのです。

 

筋肉が緊張、強張ると何が悪いのでしょうか。

 

↑の写真は極端ですが、筋肉が強張っている時はこのように、静脈が浮き上がっているイメージがあると思います。

 

静脈には、ある程度大きな血の道である動脈・静脈と、それを細部に運ぶ毛細血管があります。

木の幹と枝ですね。

 

筋肉が緊張してしまうと、筋肉に力が入り、太い血管(幹)に血が集まり、筋肉を大きく稼働させます。

 

その結果、目に見えるような血管は太く見えますが、その血はどこからきているのでしょうか。

 

それは毛細血管にある血が集まっている、つまり毛細血管(枝や葉)には血が満たされていない状態になります。

 

ストレス環境に多くさらされ緊張している身体は、普通の血流状態よりも、その状態に近い状態というわけです。

 

木の幹だけ血が流れ、末端には栄養が運びにくい環境、つまり葉っぱが育ちません。

 

妊活でいうところの葉っぱは子宮内膜であり、卵であり、男性だと精子であります。

 

なので、リラックスしすぎも良くはないのですが、ストレスを改善しないと、あなたの妊娠力は上がらず、例えばホルモン剤や葉酸をしっかり摂っていてもそれが上手く届いていない可能性があるということです。

 

身体を頑張って温めても末端に温かさが届かない人(末端冷え性)の方は、ほとんどがストレスを感じていなくてもこの末端への血流循環不良が原因です。

 

そういう人には身体が固かったり、脇腹が異常にくすぐったがる人が多いです。

 

身体が固いのは緊張のためとわかると思いますが、くすぐったがりも筋肉緊張から皮膚も突っ張り余裕がないためにくすぐったがりになることが多いです。

 

身体が固い・くすぐられに弱い・末端冷え性の方はストレス認識なくても深呼吸してみましょう。

 

 

 

ストレスからは逃れられないですが、呼吸を上手くするだけで、真に受けていたストレスを上手く受け流して妊娠力UP!に繋がります。

 

呼吸はお金もかからず、誰でもすぐできることなのでぜひ実践しましょう。

 

思い出したら深呼吸です。

 

習慣にするとかなり疲労面で自分自身の身体を助け、妊娠力を上げることができますよ。

 

ストレス発散にもなり、気持ちの面でも楽になるはずです。

 

注意点は継続すること!それだけです。

 

 

 

 

他に呼吸に近いですが、声を出すことでストレスを発散することも良いので、カラオケで思いっきり歌ったり、大声を出し、ストレス解消するのも良いでしょう。

 

妊活するうえでヨガを始める人もいますが、ヨガは本来、身体を伸ばすことが主でなく、精神統一法であったり、またそのために呼吸を整えることが主体です。

 

呼吸や精神を落ち着かせることが、身体の緊張を緩めるため、あれほど身体を柔軟にできますし、逆に柔軟にすることで呼吸や精神を安定させます。

 

つまり、ストレスに対してヨガはとても良いです。

 

ヨガでないにしても、深呼吸を意識付けられるようになったら、身体をストレッチすることにも目を向けるとより良いですね!

 

 

 

妊活はこれ以上ないほどの素晴らしい行為だと思いますが、それがストレスとなってしまい、自分の心身を傷めてしまっている方がとても多いです。

 

ここまでお読みいただいたあなたもきっとその一人なのではないでしょうか。

あなたが必要としているのは”心に優しい妊活”かもしれません。

 

ネットを見ていると奇跡的な例ばかりが目立って自分だけ上手くいかないように感じてしまうと思いますが、一回一回のことに一喜一憂し疲れてしまわず、少し先を意識して結果につなげるようにお手伝いいたします。

 

この記事やブログを読んだことや、このブログを通してこちらにコンタクトを取ったことが、新しい命の誕生と繋がるために尽力致します。

 

過去に行動できなくて後悔している経験があるなら、今のその踏み出せない一歩が未来の後悔とならないようにしましょう。

 

その一歩を未来のあなたの赤ちゃんは待っているのかもしれません。

 

あなたがママになるためへの歩みが必要と感じましたら、メッセージをください。

 

一緒に未来のあなたと天使の笑顔へ歩んでいきましょう。

 

 

心はいつもあなたの隣に。

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可)の

漢方相談・妊活応援 平成堂薬局 櫻井 大輔

相談予約電話  017-739-0444   

メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      
〒038-0022 青森県青森市浪館泉川22-1