インフォメーション

2019-06-03 13:07:00

少し前に妊娠力を上げよう! ~精神論編~ で戦争と出生率について簡単に触れました。

 

今回はより本格的に「戦争と出生率の関係」について考察してみようと思います。

 

色々な考察をしてつまらないかもしれませんが、一人一人に伝えたい大事なことを最後に書きました

 

批判などもあるかもしれませんが、ぜひ最後まで(むしろ最後まで飛ばして気になったら上から読み返すでも良いです)お読みください。

 

 

戦争地域(時代)では戦争のない先進国より出生率が高い

しかも、ただ高いだけでなく、高い死亡数とも合わせると、異常に高いです。
またそれは時代や地域の違いではなく、例えば現代では戦争の絶えない中東アジアや南アフリカなどが高く、また日本でいうと80年前の戦時中は今の少子化が信じられないほど出生率が高かったのです。
(せっかくわかりやすいグラフや数字を引っ張ってきたいのですが、戦争中の詳しい出生率は数の把握が難しいため、しっかりした図はありません、あしからず)
図で分かるように日本は急降下していますね。
今では珍しがられますが、戦時中や戦後の日本も4人以上の兄弟姉妹家族は世間では珍しくありませんでした。
祖父や祖母が戦争を経験した人もいると思いますが、その家族はきっと多かったはずです。

 

悪者は添加物?

戦争しているところと平和なところでは環境としては何が違うでしょうか。
すぐに思い浮かぶのは命の危険が常にあるストレス十分な食事ができないこと、十分な睡眠が摂れないことなどでしょうか。
世間で一番言われているのは食事の添加物です。
戦争地域と先進国では肥満率でも相関性が見られます。
アメリカなどの不妊の理由1位は肥満とも言われています。

 

でもそれだけの問題でしょうか?

 

特に日本は肥満率は先進国の中でも低いですが、少子化が顕著です。

 

 

ストレスと睡眠不足

ストレスは戦争地域の方が明らかに強いはずです。

 

ストレスの種類は違えど、ストレスから交感神経興奮→ホルモンバランスへの影響、このルートは一緒だと思います。

 

しかし、そのホルモンバランスへの影響が、命の危機でなければ単なる乱れとなり、命の危機であると種を守る方にホルモンバランスが強まるのでしょうか。

 

”命の危険”→”種の危険”から、本能での次の命へのバトンをつなげる力が強まるかもしれませんが、否定はできませんが、これは少し希望的観測のような感じです。

 

ないことはないのでしょうが、決め手ではないでしょう。

 

ストレスの受け止め方の違いによって身体への影響が変わってくるという考えもあるようですが、個人的にはその線は弱いと思います。

 

 

 

睡眠不足はどうでしょうか。

 

これも睡眠不足だからと妊娠率の上昇に繋がることはまずないかと思います。

 

 

若さと房事の回数

他の考察を見る限り抜けがちな考察が、戦争中に子供を生んでいる女性は、若くして妊娠出産をしているという点、つまり、若さ=腎の力です。

 

東洋医学的に考えた場合、妊娠力と一番相関性がある臓が。また年齢に関わる臓もです。

 

やはりの力は侮れないということです。

 

先進国でも、若いカップルの妊娠率だけに絞ると戦争地域に負けず劣らずです。

 

出生率でいうと、経済面なども関わるために4人以上など子作りする人が激減することも大きいです。

 

ここで言いたいのは、若い=腎の力は西洋医学では取り戻せないということです。

 

漢方薬・鍼灸と西洋治療の不妊治療を考える”で書きましたが、ホルモン剤などは一時的な妊娠力は引き出しますが、その後は低下してしまいます。

 

東洋医学は元々が本来の自信の力を整えるという考えのもとの医学ですので、自分の腎の力=若々しい妊娠力を最大限に活かすには東洋医学に目を向けることが大切だと思います。

 

 

 

また、房事(夜の営み)回数。

 

これも戦争地域は突出して多く、現代の日本では子作りがタイミング療法と言われる方法があるくらい、房事回数を少なく済むようにアドバイスをするほどです。

 

これは夫婦が互いに忙しいことで、体力や精神力、時間などの面での問題が大きいです。

 

つまり仕事からの影響です。

 

今回のまとめ

女性の晩婚化も房事回数に関しても、本来は生活を豊かにするはずの仕事のせいで妊活において、また未来の日本にとっての負担となってしまっているのです。

 

今は少しずつ目を向けられてきていますが、妊娠中~産後に関しての働く女性への支援がしっかりしてくると、女性も若くして結婚や出産しても問題ない時代が来るでしょう。

 

もちろん、女性だけでなく、男性ももっと生活に余裕を持たせられるような仕事になる時代が来ると良いと思います。

 

夫婦や家族の時間を大事に出来る時代が来るように。

 

結果として、どこかの政党が吐いている理想論みたいになってしまいましたが、むしろ政治家にどうこうしてもらいたいでなく、自分たちが自分たちの時代を良い時代に変え、また自分たちの子供が住み良い時代にするように意識づけていくべきです。

 

一人の力ではどうしようもない時代ですが、一人ずつの少しずつの意識の変化が時代を作ると信じています。

 

今の時代は年齢のことや仕事のことなどについて書くと多方面からのバッシングもありそうですが、自分自身の皆さまへの思いを信じて書きました。

 

 

 

具体的な解決策などには触れていないですが、僕が出来ることはやはり妊活中の人を幸せに導き、年齢などに関係ない出生率の向上、また心と身体へのゆとりを与えることで、その積み重ねが豊かな時代を作ると考え、行動しています。

 

そういう風に自分が今の時代に出来ることを模索し、行動することなんだと思います。

 

 

 

この文章をここまでお読みいただいているあなたは、妊活に疲れ、自分の声を聴いて欲しく、また道を示してほしいのではないでしょうか。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇してしまう気持ちもわかります。

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

今のその躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

自分で道を見つけ、楽しく生きるためには、まずは心の健康からです。

 

心の健康な人生というのは「後悔しない生き方」にあると思います。

 

身も心も健康になるために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません。

 

ここまで読んでいただいたご縁が、ご連絡いただけないと先へ繋がらないご縁となってしまいます。

 

この奇跡の出会いを、あなたの妊活に携わる奇跡として成就するために、気軽なお問い合わせの窓口として、LINEアカウントを作成しました。

 

これ↓をタップ(クリック)orQRコードを読むことで友達登録できます。

 Line-QR.jpg   

ぜひ、お気軽にご登録ください。

 

 

「遠方だから・・・」と思っているあなた。

 

遠方でも、お電話やメール相談を介して未来の赤ちゃんに繋がった例もございます。

 

ご登録いただいたあなたの行動を無駄にせず、あなたの幸せの一助となるように努めさせていただきます。

 

妊娠力を、あなたの持っている最大限にまで引き上げるお手伝いをいたします。

 

心はいつもあなたの隣に。

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可)の

漢方相談・妊活応援 平成堂薬局 櫻井 大輔

相談予約電話  017-739-0444   

メールアドレス heiseidou@par.odn.ne.jp      
〒038-0022 青森県青森市浪館泉川22-1