インフォメーション

2019-07-02 12:34:00

昨日は生理と絡むの問題を中心に、のことも少し絡めて書きましたが、

現実的には水の問題がとても大きな問題へ波及していることが多いため、今日は水の問題と不妊の関係について書いていきます。

 

って何?

の水とは何でしょうか?

 

何度か書いていますが、上の図にも書いているように、血以外の体液を指します。

 

それで合っているのですが、どうしても水という言葉の弊害が本来のイメージを曇らせていると思います。

 

水とはいうものの、体液の全てが親水性ではありません

 

急に難しく言いましたが、ようは水と書くけども、水の表現には油(脂)も含まれています

イメージの上でいうと脂肪でも良いです。

 

漢方での””を考えるときは、体内の水と脂のことを指すんだと認識してみましょう。

 

厳密には津液と言い、水ではなく津液と考え、個人的には『津=サラサラした体液(親水性)』、『液=濃厚な体液(親油性)』と分けますが、一般的には気・血・水が広まっています。


津液という言葉に馴染むことは難しいため”水”と捉えていいですが、セ噎は油性も含むのかー、と知っていただければ理解しやすいと思います。

水(津液)の病変~不足している場合~

などと同様に、不足の状態(虚)流れが滞っている状態(実)に分けられます。

 

砂漠or水浸しくらいのイメージで、適度な潤いの状態ではないと考えてください。

  

これも、津液(水と脂)での違いもあります。

 

まずは虚の場合はそれぞれの虚なので、津虚液虚という具合にそれぞれの不足による状態を示します。

 

またそれらの虚が強まることで、陰陽全体の陰の虚損と繋がり虚が弱い状態に傾いてしまうと陰虚という状態にも発展します。

 

細かく上げると髄虚というレベルもあるが、妊活に関係ないので省きます。

 

 

・陰による妊娠力の低下

これらの状態には、・陰が足りないので、それらを補っていきます。

 

もしそれらが足りない場合は、基本的には膜が乾燥し、弱くなってしまいます

 

イメージしやすいのは、乾燥肌。



膜に潤いがなく皮膚が乾燥している状態だと、皮膚の防衛力も落ち、敏感肌体質になります

 

肌が搔き壊れやすく、また敏感であるため低刺激でも炎症を起こしたりします。アトピーの原因の一つでもあります。

 

 

 

分かりやすくするため肌で書きましたが、膜でいえば子宮内膜、卵巣膜、卵胞膜、卵子を守る膜(人でいう肌のようなもの)があります。

 

それぞれが乾燥していると、

 

子宮内膜では着床障害の原因ともなり得ますし、

 

卵巣膜の乾燥は卵子の放出が妨げられます(多嚢胞性卵巣症候群し、

 

卵胞膜の乾燥は刺激を受けすぎて正常な成長ができにくくなります(卵胞の発育不良し、

 

卵子の膜が弱いと胎児を守る力が弱いことに繋がります。

 

つまり、膜の乾燥は最終的には全て受精卵~胎児のストレスになり、成長を妨げる要因となるので、着床障害~流産のリスクが高まるということです。

 

 

 

病院やクリニックではエコー(超音波)検査などで子宮内膜の厚さ、卵巣の状態、卵胞の成長状況などを画像に映し出して測ることができるようになりました。

 

今まで見えなかったお腹の中がお腹を開かなくても見られるようになったのは凄いことです。

 

ですが、まだ膜の乾燥状態や膜の柔軟性まではわからないのが現状です。

 

科学の進歩は凄まじいため、それらもわかる時代が来るかもしれませんが、漢方では昨日にも例を挙げたように

 

舌の状態肌の状態、脈が表すサイン、水分の摂り方口の渇き方、小便の回数や色や質、オリモノの状態etc

 

色々な状態を考慮することで、直接内膜や卵子の膜の状態を直接見ることができなくても、想定して妊娠力を高めることはできます。

 

 

陰虚の原因

残酷なことに、津虚液虚よりも深い問題の陰虚は、誰しもが年齢と共に進行する問題です。

歳をとると、シワが増え、関節の曲がりが悪くなり、痛みも出やすくなり、動きにも不自由が出て身体は曲がっていきます。

 

紙をめくる時には自分の指の潤いだけではめくれなくなったり、目の筋力も衰え、老眼になったり乾燥したりします。

 

これらは全て先ほどの津虚液虚陰虚の問題で、乾燥するので肌からハリがなくなりシワが増え、関節のクッションが乾燥してしまうために関節に不自由が生じます。

 

 

 

ここで一つ考えてみましょう。

 

肌の乾燥は、例えばお風呂上りなどに自身でも感じることもあると思いますが、乾燥に対してはどうケアしますか

 

水を塗っておしまい。そういったケアをすると、むしろ乾燥が強まった経験はありませんか?

 

水=潤いであることには間違いないのに、お風呂上りや水で顔を洗った後に、洗う前より乾燥してしまうのはなぜでしょうか?

 

それは水分は一時的には潤いますが、蒸発してしまうからです。

 

それを守るのが脂の膜なのです。

 

例えばコップに水を入れておいたままとそのコップに膜が張る程度の油を入れたものと置いてみましょう。

水だけ入っている方は時間と共に減っていきますが、油を入れた方は、若干油は減るかもしれませんが、下の水の方は全く減りません

 

これは水が蓋されている状態ですね。

 

冷蔵庫に保管する時にラップするような形です。

 

油、つまり皮脂が肌にラップをして守ってくれているのです。

 

お風呂上りにお肌の手入れすることが当たり前の時代だと思いますが、自然と外側からそういった油の膜を強めるケアをしているはずです。

 

お風呂上りに乾燥が強くなるのは、お湯で流したり洗うことで自分自身の皮脂膜も汚れと共に落ちてしまい、肌がむき出しになるからです。

 

毎日ケアをしていたり、化粧をしていると、年齢と共に肌質の変化が気になってくると思いますが、外側からのケアだけを重視するのでなく、内側からの潤いも大事にする視野も持ちましょう

 

特に生殖器の潤いは外から塗ることはできないので、自分自身の潤いを大事にしていきましょう

 

個人差はありますが、妊活漢方をお飲みいただけた人では肌質の改善を感じる方も少なくありません

 

 

 

ここで一つ気を付けて欲しいのは、乾燥肌体質だからといって必ずしも生殖器も乾燥していて妊娠しにくいというわけではありません

 

潤いにも色々な部位と種類もありますので、生殖器の状態と繋がるかどうかは専門の方に相談することで把握していきましょう。

 

他には疲労睡眠不足・ストレス過多・過食少食・運動不足・運動過多冷えなど身体へのダメージはイコール陰虚を加速させます

 

ですが、実際の過ぎた月日と見た目や元気さが個々によって違うように、自分の生活と漢方によって、その陰虚を防いでいくことは可能です

 

赤ちゃんと同じような弾力できめ細やかな肌には戻れないように、取り戻せない陰虚もありますが、今あるあなたの陰を守り、これ以上妊娠力を下げないために、自分の身体、自分の陰を見直していきましょう

 

 

 

今日は水(津液)の虚に対しての弊害を書きましたので、明日は実邪である水毒(湿・痰)を書きます。

 

今日も不妊の核心を突いた内容でしたが、個人的な考えでは明日の方が現代の日本人の不妊の原因理由第一位と考えられる問題です。

 

今日も長い文章をお読みいただきありがとうございました。

 

ここまでお読みいただいているあなたは、妊活に疲れ、自分の声を聴いて欲しく、また道を示してほしいのではないでしょうか。

 

そんなあなたのために、気軽に登録できる問合わせ窓口をご用意しました。

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録して気軽にお問合わせ!

 Line-QR.jpg   

お陰様で、LINEアカウントからの未来のママ増加中!!

 

相談は完全予約制なので、ご予約はお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔したことを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は”命の誕生”に関わるもので、あなたの一生の後悔となってしまうかもしれません。

 

人生は一度きり。

 

あなたの人生はあなた自身で決めていくべきですが、自分を変えられる力が足りないと感じているのであれば、私の力をお借りください。

 

自分から一歩踏み出して変わる時は”今”ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っています。

 

このいつも書いているような文章も、あなたの幸せになるよう願いを込めて、毎日書き直しています。

 

この思いが届きますように。

 

またその思いが一つでも多くの命の誕生へのキッカケとなりますように・・・

 

 

 

 

遠方の方へ。

 

遠方でも、お電話やメール相談を介して未来の赤ちゃんに繋がっている例も増えてきています。

 

ご登録いただいたあなたの行動を無駄にせず、あなたの幸せの一助となるように努めさせていただきます。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください。



 

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可)の

あなたの妊活応援・子宝漢方の平成堂薬局