インフォメーション

2019-07-22 13:58:00

流産後に不正出血が止まらないTさん


不正出血は月経期に関わらずポタポタと少量の出血が続いている方でした。

 

若い時から元々たまに不正出血などが見られるなどがありましたが、それほど続くこともなく、気にしせずに過ごしていた20代。

 

ですが、結婚して子作りを始めると9ヶ月目で妊娠

しかし妊娠中も少量の出血が時々見られ9週目に流産してしまいました。

 

病院での検査では、流産後の子宮内の状態は、綺麗に排出されたとのことで、掻爬手術などの必要なかったとのことでした。

 

ですが、流産後から、たまたま見られた程度だった不正出血が、月経時以外の期間の8~9割の時期にもポタポタとした出血が続くようになりました

 

それから1年半ほど、タイミング~人工授精をするも、陽性が得られず、こちらに子宝相談という形になりました、

 

 

 

病院では問題なし

Tさんのホルモン値卵管の状態、AMH超音波検査結果など、病院の規定での異常は見られませんでした。
不正出血があることも、内膜症やポリープなどがあるわけでもなく、”原因不明の出血”とされ、特別な処置はされていませんでした。
原因不明な出血と、妊娠できないことでの不安がとても高まっている状態でお話しました。
病院では、流産後に子宮内は綺麗と診断されたとのことでしたが、漢方的には流産した時の残留物が瘀血生成の原因となり
また流産により正気を消耗したことで、腎虚(生殖機能の低下)を招いたと判断しました。

不妊の原因の全体像が見えたとしても、まずは整理から

一気にアプローチする場合もありますが、今の場合はまずは子宮に溜まる残留物を除去しなければ、良い物が入っていきません
妊活に対して焦ってしまう人で多いのが、『血の汚れ』と『生殖器の機能の低下』があるならば、どちらも同時に処置すべきでは?
と考えてしまうことですが、現実世界で考えてみましょう。
買ったはいいものの、一度読んでやった気分になっている断捨離本自己啓発本などがいっぱいで整理されていない部屋
「今度こそはしっかり身体を見直そう!」と本格的な薬膳本基礎運動本などを買ったとしましょう。
せっかくの良い本たちが、本が散乱する中に投入されると、読みたいときにしっかりと読めないばかりか、それも汚れの一つとなってしまいます
まずは良いものを有効に使いたいときは、整理して使える環境を作ることから!です。
要らないものをしっかりと断捨離して、本を読みやすいように整理すると、自然と本の内容も入ってきます。
身体のこと、妊活のことに関しても同じです。
身体に汚れがある場合、まずはそれを断捨離してあげて、空っぽになったその空間を活かして良いもので満たしていく
これに尽きます。
西洋医学でも「流産したら残留物を掃除する」ように、生殖器に汚れがある場合には掃除しなければいけないという考えはあります。
ですが、出産流産などのように、誰が見てもわかる要因がないと調べませんし、調べてもわからないことろに瘀血が存在することも多いんです。
今回のケースもまさにそうで、病院の検査では見られなかった瘀血の処置によって、妊娠~出産という結果に導けています
Tさんの場合は芎帰調血飲第一加減野牡丹で、血の汚れを取ることをメインに、まずは子宮内をクリーニングしていきました。
この期間は2か月とちょっと
その2か月間で、本人も経血の明るさや塊の状態変化を感じることで、子宮内のクリーニングが進んでいると体感していました。
血の汚れは十分に取れたようでしたので、ここで腎虚(生殖機能低下)の側面をフォローするお薬に変更していきました。
月経時のみ野牡丹の服用とし、他には常に六味丸と亀齢寿という腎陰をメインに補うお薬をお出ししました。
腎陰は生殖器の中でも潤い粘膜の栄養卵の素材となるもので、
舌の苔が剥がれていたり、舌の中央部の割れが強かったり舌中央部が凹んでいたり、若干舌色が赤味を呈していたりなどの舌からのサインでも陰虚がベースであったことや
身体からのサインでは、経血が少なめで鮮血色で、少し粘着性がある状態とのことでした。
これはサラサラとした潤いが不足し、相対的に陽>陰によって熱が勝ってしまうために血が明るくなり、粘っこくなっている状態を示しています。
また手足の先は冷たいけれども、足の裏や手のひらは熱がこもる感覚ノドが渇きやすい(少しカスレ声)なども腎陰虚を示していました。
こういった状態なのに、エコーで見える卵の成長は普通とのことだったので、不思議です。
影響して小さくなったりしそうなものですが。
これらのお薬によって、血の掃除をしていた時は血を守るよりも汚れ落としの側面があったので、不正出血は少し少なくなる程度の変化はあったものの、出血は続いていましたが、
血の掃除後の腎虚のフォローをすることで、飲み初め3週間くらいで出血が止まり、月経後や月経前は数日の2、3日の出血が見られることはあっても、量が減り、確実に出血日数が減っていると実感してくれました。
そうしている内に、不正出血はほとんど気にならなくなって半年ほどしたころに、妊娠!また流産もなく出産されました。
漢方での不正出血は一般的には帰脾湯芎帰膠艾湯ばかりが出されている印象ですが、やはり腎気不固の影響での不正出血や、それに絡む妊娠力を上げる場合もあると再認識した症例でした。

 

 

 

妊活に対して誰よりも真剣なあなたへ

 

担当の先生に自分の不安を理解されないままに治療が進んでいくが結果に繋がらず、一人で感情的になったり

 

ネット上の情報だけで不安を煽られ、妊活が楽しめない日々にサヨナラしたくありませんか?

 

今までの辛い妊活を卒業して、新しい楽しい妊活を始める。

 

私の提案する妊活は

 

何よりも真剣で

 

何よりも

 

あなたの”心”

 

あなたの”身体”

 

あなたの”時間”

 

を尊重した妊活を提案いたします。

 

 

 

「いざ漢方相談へ連絡するとなると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

その躊躇で連絡を取るか取らないかの差が、1つの命の誕生に関わる差かもしれません。

 

人生は一度きり。

 

あなたの人生はあなた自身で決めていくべきですが、自分を変えられる力が足りないと感じているのであれば、私の力をお借りください。

 

自分から一歩踏み出して変わる時は”今”ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っています。

 

このいつも書いているような文章も、あなたの幸せになるよう願いを込めて、毎日書き直しています。

 

この思いが届きますように。

 

またその思いが一つでも多くの命の誕生へのキッカケとなりますように・・・

 

 

 

 

遠方の方へ。

 

遠方でも、お電話やメール相談を介して未来の赤ちゃんに繋がっている例も増えてきています。

 

ご登録いただいたあなたの行動を無駄にせず、あなたの幸せの一助となるように努めさせていただきます。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください。