インフォメーション

2019-08-22 14:42:00

タイトルから避けられがちな雰囲気プンプンですチーン(初めてブログ特有の顔文字発見しました)

 

今週は血、五臓などの問題と妊活をどう絡めて考え、妊娠力を高めるのかについて書いていますので

 

これまた一般的に生きていると無縁に感じるけれども実は重要な”八綱”(?!)での妊活支援方法を説明していきたいと思います。

八綱って何?

ここまで頑張って読んだあなたは「八綱って何??」状態だと思います。

 

八綱”とは漢方の基本概念である「表裏」・「寒熱」・「虚実」・「陰陽」を指します。

 

この八綱がどのように妊活に影響しているかを見極めることを『八綱弁証』といいます。

 

(”弁証”とは身体を見極めることを指し、例えば気血水弁証、臓腑弁証などもあります。)

 

分かりやすいのは寒熱だと思います。

 

字のごとく、冷えているのか熱が溜まっているのか、などを示しますが、それぞれが妊活とどう関係あるのでしょうか。

 

 

表裏の問題と妊娠力

”は身体の表面、””は臓器などの内面を指します。

 

風邪やアトピーなどではこの表の問題が重要になることはありますが、

 

妊活においては生殖器という裏の部分での問題が主であり、

 

それに関わる要因も基本的には裏の位置なので、裏に効く漢方薬を中心に考えていきます

 

 

寒熱の問題と妊娠力

これは妊活中のあなたも意識していることが多いのではないでしょうか。

 

妊活≒温活と考えられる人も多いように、冷え、つまり”寒邪”は不妊の大きな原因となります。

 

ですが、逆の温まりすぎ、つまり”熱邪”も不妊の原因となり得ます

 

それらは非常に大事ですが、外邪(外気温etc)以外では内側からの陰陽を整えることでこの寒熱を整えられるため、

 

下の陰陽での説明を参照にしてください

 

 

虚実の問題と妊娠力

虚実に関して漢方(日本漢方)では、「実=体力のある人」「虚=体力のない人」という表現をしますがこれは間違っています

虚実は体力が指標では決してありません

 

本当の虚実は、『身体に足りないものがある状態を”虚”』、『身体に余計なものを抱えている状態を”実”』です。

 

体力があろうがなかろうが、血不足であれば虚ですし、血がドロドロとスムーズに流れなければ実なのです。

 

現代の病院での漢方の添付文章に記載されている説明や、ドラッグストアで簡単に買える漢方薬の添付文章には

 

これらの間違った虚実を元に書いているため、これからは体力が有る無いという一文は気にしないようにしましょう。

 

(結構ここを気にして「私体力無いのに体力充実な人のお薬はあってないんじゃないか?」という人も多いんです)

 

この虚実はとても大事です。

 

昨日までの五臓六腑においての気血水それぞれの虚実が腎にどういった影響を及ぼしているのか考えていき

 

その状態を解決することで妊娠力を上げていきます。

 

 

陰陽の問題と妊娠力

これまでもたびたび出てきてる。それだけこの問題はとても重要です。

 

妊活においても繋がりはイメージしやすく、月経を月の満ち欠けと表現したり、基礎体温を高温期・低温期と分けたり

 

陰と陽とまでは意識していなくても、色々な身体のバランスを意識することは案外身近にあると思います。

 

それはたまに見かけるこのマークの如きバランスであると良いのです。

陽は太陽などの陽のイメージで良いです。

 

温かさのエネルギー、つまり熱エネルギーと考えていただいても良いです。

 

 

 

陰は光に対しての陰ですね。

 

夏の熱エネルギーが溜まった状態に汗を書いたりすることで熱を落ち着かせるように、

 

陽気の過剰を陰液が緩和していきます。

 

 

 

日中、身体や頭を酷使したら、夜に睡眠で落ち着かせ、クールダウンする。

 

陰と陽は妊活に関わらず、どこにでも存在し、そのバランスでもって成り立っています

 

 

 

こと妊活においては、陽は胎児の育ちやすい環境になるために温かさや成長するためのエネルギーを与えるものとして

 

陰は卵子や子宮内膜、また赤ちゃんの肉体を作る上での栄養として

 

このバランスの中で赤ちゃんを育んでいきます。

日中に身体を使っていないと睡眠が熟睡できないように、

 

逆に睡眠の質が悪いと日中の頭や身体のパフォーマンスが低下するように、

 

片方だけが活性化する状態が続くと、最終的には陰陽全体に影響してしまいます。

 

 

 

ですので、温活と称して温めるばかりしてしまうと、陰が負けてしまい、赤ちゃんを育む素材や栄養、

 

また卵子の膜や子宮内膜などの膜組織が弱くなってしまいます

 

前にも書いた運動のし過ぎは子宮内膜への血の供給が疎かになり、閉経状態に傾くことはまさにその状態です。

 

 

 

また逆に栄養ばかり取り込み過ぎて脂肪が増えてしまう、身体の汚れが多くなる

 

栄養はあるのに、大事なところにはそれが届かずに冷えなどを生じてしまいます

 

これもそれぞれ心陰、心陽、肝陰、、、など色々ありますが、こと妊活に重要な腎陽・腎陰を中心にバランスを取っていきます

 

本当の妊活漢方はここから始まりますが、それまでに身体が整っていない方は、その下準備での漢方を使用します。

 

それが前回までの腎以外の四臓や気血水の状態を見極めることに繋がります。

 

初めのうちは遠回りに見えても、これが赤ちゃんへの近道なのです。

何気に血のことは書いたものの気・水のことは書いてなかったので、次回はそれらについて書きます。

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢いが

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています。

 

私の言葉が心に届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください。

 

妊活サポートカウンセリングで妊活への不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します。

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は”今”ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください。

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局