インフォメーション

2019-08-30 16:18:00

2週間ほどに渡り五臓・気血水・八綱などから、漢方薬で妊娠力を上げることについて書きましたが、

 

それらは初めにも書いたように、最終的にはあなたの”腎”、つまりあなたの子宮や卵巣の機能を最大限に活かすためのお膳立てです。

 

”お膳立て”とはどういうことなのか?そういう方には

 

子宮筋腫チョコレート膿疱のように、物質としての弊害を想像するとわかりやすいかもしれません。

子宮筋腫は現代では増えてきており、4~5人に1人は子宮筋腫持ちと言われています。

 

卵や胎児への栄養状態ホルモンバランス体温状態に問題なく赤ちゃんを育む力があったとしても、

 

赤ちゃんの住む部位に子宮筋腫が有ったら成長の妨げになり妊娠率が下がるというのはわかると思います。

 

または赤ちゃんの卵である、卵子が育つ卵巣にチョコレート膿疱がある場合、

 

その存在のお陰で卵巣で伸び伸びと卵が育つことができませんし、排卵も邪魔されてしまいます。

 

ですが子宮筋腫の場合は、場所により妊娠出産には問題がないことがあるように、

 

子宮筋腫の存在は”悪”ではなく、場所によって邪魔になるということです。

 

これは”腎機能(生殖機能)”に問題はないものの、物質的に問題がある場合です。

 

この子宮筋腫を血塊と置き換えてみましょう。

 

子宮筋腫とまではいかないまでも、毎回の月経で直接胎児のベッドとなり得る子宮内膜できる血塊はどうでしょうか。

ベッドに異物があると、成長の妨げとなるのは同じですね。


病院では脳や頸動脈などに血栓ができると脳や心臓への良い血が閉ざされ死んでしまうリスクが増える為

 

血栓を溶かすなどを薬で予防していきますが、赤ちゃんの育む場である子宮の血塊はなぜ意識しないのでしょうか

 

東洋医学視点ではとても疑問ではあります。

 

また血ほどはっきりと目にできる形で現れていないとはいえ、水(リンパ液)や気(エネルギー)の鬱滞も血と同じように

 

妊娠においてとても重要ですが、それは西洋医学では一切考慮しません

 

西洋医学ではエコーなどで物質的弊害を可視化し、場合によっては取り除きます

 

逆に言うと目に見えない問題には弱いのです。

血の巡りの悪さリンパ液の汚れ気(エネルギー)の流れ、また目に見えない臓腑異常冷えなどには

 

西洋医学は測るモノサシがなく、また対処法もありません

 

目に見えなくとも、身体を流れるべきものが届きにくいと、その先の生殖器が充実化できないというのはわかるようになってきたと思います。

 

そのため、それらの改善により妊娠率は上がっていますが、西洋的にはやはり物質的変化ではないので証明できなく、

 

現代では妊活の中心となり得ない状態となっています。

 

何にせよ、生殖器の力を発揮するためのお膳立てというのは、生殖器だけをエコーで見て異常を知るのでなく

 

身体の様々な症状から体質を探ることで、生殖器にはどのようにすると有効なのかを説明したものが、前回までの内容です。

 

ですが、いくらお膳立てされても、その先の腎(生殖器)自体が充実していないといけません

 

ディズニー〇ンドまでの道が完成し、広告などで客寄せも完璧でも、ランド内の乗り物の機能が不十分だと楽しめませんね。

 

ですので、今日は腎自身(生殖力)を高める漢方薬について書いていきます。

 

腎が疲れている(老化している)人には補腎薬、しかしその実情は・・・

腎機能(生殖機能)を高めるためのお膳立てが出来ましたら、腎自体を活性化させる補腎薬を使用していきます

 

ですが、このことには問題があります

 

補腎薬は保険の利く漢方薬では無いに等しいのです。

 

一応六味丸八味丸牛車腎気丸などはあり、もちろんこれらも場合によっては妊活で有効なのですが、

 

妊娠力をグッと上げるためには、動物生薬がとても有効です。

 

動物使っていると言われると敬遠したくなる人もいるでしょうが、

 

例えば精力をつけるためにウナギを食べたり、すっぽんを食べたり、

 

高価なドリンクタイプの精力剤にも海馬(タツノオトシゴ)鹿の角などの動物からの成分が入っていますね。

リポビ〇ンやユン〇ルなどのドリンクはほとんどがビタミン・カフェイン・また生薬も植物由来が多いですが

 

精力をつけるとなると、動物生薬が入ってくるんですね。

 

飲んだ人にしかわからない効果があるため、リピート率は高いです。

 

しかもどれらの動物生薬入りのものは高価なものになるというのもわかると思います。

 

補腎薬の問題点貴重で高価であるということです。

 

しかしそれだけにしっかりとした効果も見込めます

 

心理的に、お医者さんが扱うものの方が濃い成分や効くものと思っている人が多いですが

西洋の処方薬の効果は副作用も多いように、とても強いものが多いですが

 

漢方薬に関しては自費のものの方が効果は絶大です。

 

子宝漢方においての生薬

私が良く使う補腎薬は、鹿の角(鹿角・鹿茸)亀やすっぽんの潤い成分(鼈甲・亀板)タツノオトシゴ(海馬)マムシ胎盤つまりプラセンタ(紫河車)などの動物生薬です。

 

これらは腎の中でもそれぞれ腎陰腎陽腎精というものを補う力があり、身体の状態に合わせてそれらを組み合わせます

 

これらは疾患などに使うこともありますが、はっきりとした症状を治すというよりは

 

身体の源を補い、生殖力を上げるものなので、性欲や気力、体温、冷え、肌艶などの改善を感じられる方はいますが、

 

体調の変化よりも妊娠率で効果を上げることに何より重きを置いた生薬です。

 

結果が出るまでは体感しにくい部分もあるかもしれませんが、続けることで自分の老化予防にもなり、

 

何より妊娠率向上という結果に出ていますので、

 

身体を整理して補腎することで、赤ちゃんに歩み寄りましょう

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢いが

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています。

 

私の言葉が心に届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください。

 

妊活サポートカウンセリングで妊活への不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します。

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は”今”ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください。

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局