インフォメーション

2019-10-01 14:43:00

先週で活性酸素過剰の原因である

 

精神的ストレス過労、睡眠不足、添加物(保存料・農薬etc)、大気汚染、紫外線、加齢アルコール、薬物、放射線

 

について書きましたので、

 

最後に食事の摂り方について書いていきます。

 

身体(精子)を活性化させる食事の摂り方

まずは理屈抜きで精子を活性化させる食事のコツを書いていきます。

 

食事中にお茶や水を飲まない(味噌汁・スープは可)」

 

良く噛むこと

 

腹7~8分目の習慣を心がけ、過食は厳禁

 

睡眠前3時間の食事は避けること。もし食べるなら消化に負担をかけないもの、量を心がけること

 

運動すること

 

1日3食リズム良く食べること

 

昼食>朝食≧夕食で、夜の食事でなく昼食をメインにする

 

旬の食材を中心に食べること

 

肉を減らして魚を食べること

 

お酒はアルコールよりも冷えに注意(もちろん酒以外の飲み物も)」

 

孫は優しい(まごわやさしい)食材を心がけること

です。これ以下は上記の説明を書いていきます。

 

噛むことの重要性

食事中に水やお茶を飲まない」ことは、よく噛むことと繋がります。

飲み物と一緒に食べてしまうと食べ物が簡易に飲み込みやすくなることで、自然と噛む行為をおろそかにしがちです。

 

良く噛むことは、食べ物をしっかりとかみ砕くだけでなく、口内で唾液などで消化酵素分泌を促します

 

おかゆのような胃に優しい食事であっても、噛む行為から消化は始まるため、

 

食べてしまえさえすれば胃酸があらゆる食べ物溶かし、消化吸収してくれると思いがちですが、

 

唾液の中の酵素でないと分解できないものもあります。

 

また口は消化器官の始まりですので、口内の咀嚼行為が胃や腸へ食べ物を送りますよというサインとなり、

 

受け入れ態勢を作る大事な行為でもあります。

また食事の中にも水分は十分に含まれており1日の食事で約1.1リットルほどの水分を摂っています。

 

そこに水やお茶などを飲んでしまうと、食事中の水分摂取過剰を招いてしまいます。

 

よっぽどパサパサした食事以外は食事中で水分を摂る習慣を止めるようにしましょう。

 

特に舌の縁がフニャフニャしていたり歯形がある場合は体から水が余っている証拠です。

 

1日に排泄される水分は約2.4リットルで、食事から1.1リットルエネルギーを生む代謝物での水分が0.3リットルほどですので、

 

他での水分の摂り方は1リットルほどで十分ですので、のどの渇きなどがない場合は無理に2リットル飲むなどは止めましょう

 

過食厳禁

精子の質が悪いと調べるとまず出てくるのが「亜鉛」サプリだと思います。
亜鉛は確かに必要な方が多く、亜鉛摂取のみでも精子の活性化など見られる場合は多いです。
それは栄養不足が原因ですが、亜鉛不足級のもう一つの食事からの負担は”過食”です。
メタボ体型とも言われ、下っ腹がデプッと出ている男性は多いですが、このメタボの由来の
メタボリックシンドロームは直訳で代謝症候群、つまり摂取エネルギーを代謝しきれずにいるという事です。
カロリーばかり意識せずに食べ方を考え直しましょう。
この代謝不良が酸化ストレスとなり、精子の質を悪化させてしまうのです。
足りないものは食べることですぐに補うことができますが、一度付いた汚れはなかなか取れません
日々の7~8分目を心がける食事で、まずは負担をかけないように過ごすのです。
亜鉛不足などから食べないと精子に栄養が不足してしまうと思いがちですが、
食べ過ぎるとせっかく食べた栄養が精子に伝わらないということをしっかりと理解しましょう。
また、特に睡眠前は3時間以内の食事は特に汚れとして蓄積されやすいです。
昼は体も胃腸もエネルギーを代謝し活性化する時間帯なので、
どうしても夕食が一番落ち着いて食べられる時間帯だと思いますが、食事は昼食を中心に食べると良いでしょう。

 

食事は活動する上でエネルギー切れしないために補給する行為です。

 

食べた分だけエネルギーになるのでなく、余分はむしろ活動の負荷となってしまうので、

 

不必要な食事は控え、特に夕食は腹5~6分くらいでも良いかもしれませんので、注意してみましょう。

 

運動について

運動自体が身体に良いことはいつも伝えていることですが、運動は食事の消化にも関わります

東洋医学では”四肢”と”脾胃”は離れていても関係が深いものと考えられており、

 

四肢、つまり手足を使った運動は胃腸の働きを促進します

 

軽い運動後はいつもよりお腹が空きやすいですよね?

 

逆に運動後に食べ物を受け付けない状態になる人は、運動のし過ぎで胃腸が疲れてしまって

 

消化などにエネルギーを使えない状態ですので、その場合は食欲が回復してから食べましょう

 

散歩をし始めたら便秘が治るなどの例もあります

胃腸の不調を感じている人も、妊活の為になるプラスで胃腸の為にもなる運動を取り入れましょう。

 

そのための運動のコツは四肢を使う運動です。

 

 

いつものことながら長くなったので、続きは次回。

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局