インフォメーション

2019-10-08 12:43:00

数週に渡り、精子の質を上げるための方法について書いてきました。

そのキーポイントに”活性酸素(酸化ストレス)”を挙げ、

 

1つ目は『活性酸素を除去する”抗酸化物質”を摂ること

 

2つ目は『活性酸素を作らないような生活法

 

を書いてきましたが、最後の3つ目は『巡りを良くすること』です。

抗酸化物質を摂っても活性酸素のある部位に届かなければ意味がありません

 

例えば精巣や卵巣、子宮などに活性酸素が多く存在するのにも関わらず、

 

そこまで抗酸化物質を届かせる巡りが悪ければ効果はかなり落ちてしまうということです。

 

また抗酸化物質を届けられないばかりでなく、

 

まだ活性酸素になっていない酸素はヘモグロビンと共に血流にのって運ばれますが、

 

その運び手の血流が悪ければ、酸素の供給が遅れてしまいます

 

血行不良があることで酸素の巡りに時間がかかるほどに酸素の質が劣化し、

 

結果として活性酸素が増えてしまうのです。

 

つまり3つ目の巡りの問題は1つ目の『抗酸化物質を摂ること』、2つ目の『活性酸素を過剰に作らないこと』のベースともなるとても大切な働きです。

 

久々の漢方登場

ずっと漢方と離れたような生活習慣を元としたお話を書いてきましたが、実は今までのことは全て漢方と繋がっていました

 

活性酸素(酸化ストレス)”という言葉自体、漢方っぽくないというか、いかにも西洋医学的なワードですが、

 

個人的にはこれは漢方の中での『気の”虚実”』にあたると考えています。

 

『虚実』とは

急に出てきた『虚実』ですが、これは漢方の中では病邪を生み出す根源としての考え方です。

 

虚は不足していることが病因となっていること、実は多すぎるが故に病因となっていることを意味します。

 

つまりこれはまさに”の虚実と、活性酸素がリンクしていると考えています。

 

仮に『活性酸素=気』と考えてみた場合、活性酸素は悪者のようにばかり表現してしまっていますが

 

本来の働きは外側の敵、つまり菌やウイルスから身を守ることです。

つまり活性酸素が不足すると免疫力が落ちることにも繋がり、

 

それは漢方での身体を防衛する気である”衛気”が虚している状態と繋がります。

 

また、””に関しては先ほど述べたように、活性酸素が多すぎて、身体へのダメージの原因となっているという考えです。

 

精神的ストレスタバコアルコール大気汚染過食睡眠不足などが過剰な活性酸素を生み出す元凶ですが

 

まさにそれらは”気”の滞りや”気”の質を劣化させる要因と重なります

 

活性酸素の過不足は目には見えないけれど身体の不調へ影響するなども共通する特性ですし、

 

血に付随して患部に送られることや、リンパの巡りの悪さに影響して活性酸素も増えることなども全て合致します。

 

これは気はエネルギー熱エネルギー電気エネルギー)と合わせ、酸素も燃焼してエネルギーを生む一つでもあるので、

 

気=栄養素+酸素の混合であり、虚はそのどちらかの不足実は栄養と活性酸素のどちらかの過剰を指していると思います。

この考えは私の見る限りの本やネットの情報、またそれを提唱する人に会ったことはないので、完全に個人的な発想ですが、確信に近いものはあります。

 

だから何だ

個人的には何千年と歴史深い東洋医学で様々な意見の分かれる気の捉え方について勝手に興奮して書いてしまいましたが

 

妊活者にとってはどうでもいいことかもしれません。

 

理屈にちょっとでも踏み込んでほしいのもありますが、何よりも活性酸素”を鍵として精子についてアレコレ書きましたが、

 

生活習慣は以前までのブログ参照ですが、それ以上に精子の質を上げるものとして漢方はかなり効果的といいたいのです。

男性器への血の巡りが悪い人に活血剤・駆瘀血剤を使用し、

 

また性行為時にプレッシャーから気の巡りが一時的に悪化し勃起不全や射精障害になる場合には気を上げ、また気を巡らせる漢方を使い、

 

湿痰邪、つまり脂肪過多により気・血の巡りが悪い場合には湿痰を去す漢方を使用すべきということです。

 

巡りの問題以外でも、生殖機能が落ちている場合は腎気を補っていきます。

 

ドリンクタイプの精力剤もそういったものですが、あれは効果で一時的なので

 

持続して子作りできる身体作りの為の漢方薬を使用していきます。

 

特に漢方が必要とすべき男性のタイプ

まずは勃起不全、射精障害の方は、精神的な問題が原因であることが多いです。
バイアグラなどの西洋薬もありますが、射精することだけが目的でなく、
 
精子の元気さも伴わせるためには精神的な負担を解消する漢方が良いです。
また、カウンセリングなどでストレスを発散し精神的に支えてくれる存在もあるとなお良いです。
また、現代は精子の数や質を測ることも出来ますが、もちろんそれらが標準値を下回る場合もですし、
標準値以内であっても、特に体外受精の際に受精は出来るものの分割段階で成長が止まってしまう場合
卵子よりも精子の元気が足りていないことに原因があると言われています。
体外受精をしている人はかなり多くなっていますが、なぜ受精卵が上手く成長しないのか、受精卵の質が悪いのか、
 
移殖後に着床が上手くいかないのか、と悩んでいる場合のほとんどが、女性を中心に悩んでおります
男性の精子はもちろん受精卵の情報の内の半分を担うので、男性も自身の精子の質を上げるために
 
生活習慣の見直し、また漢方を是非ご検討ください
そんなの医者に任せればいいんじゃないのと思っている男性も多いでしょうが、
病院では精子の状態が悪い場合の漢方は補中益気湯、八味丸(八味地黄丸)がほとんどです。
まさに”これぞ病院漢方!”という感じで、体質に関係なく精子の質が悪いという結果だけに合わせた病名漢方であり、
 
その3分の2ほどは効果が見られていないです。
またサプリメントの面では”亜鉛”製剤のみで、亜鉛は確かに良いことも多いですが、他の選択肢はほとんどありません。
専門家に相談することで、しっかりと身体に合った漢方やサプリメントを服用し、男性も妊娠力を上げ、
 
あなたの家族に幸せをもたらしましょう!

長かった精子の活性化シリーズも終わりです。

 

明日からはまた女性の身体作りに関して書いていきます。

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局