インフォメーション

2019-10-23 17:50:00

前回(補腎による流産予防)

 

前々回(血剤による流産予防)

 

前々々回(水毒除去による流産予防)

 

妊娠前の身体作りにより卵子の質を高めると同時に酸化ストレスを溜めないように促し流産リスクを下げる方法について書きましたので、

 

今回は、いざ妊娠した時、つまり新しい命がお腹の中に宿ってから出来る流産予防の漢方薬についてまとめていきます。

 

流産を”予防する”重要性

流産歴がある人は特に”与えられたものを失うツラさ”を知っているので、そういった意識は高いですが

 

初めての妊娠は流産率が15%35歳で20%(5人に1人)40歳で40%(5人に2人))という現実を知らないことも多いです。

その確率が半分以下だから低いとみるのか、高いから出来る手は打っておくと良いと理解するのか。

 

前にも書いたように、妊娠陽性が得られてからは通院する形で経過を見ていきますが、

 

切迫流産(流産しそう)になってからの対応では後手になってしまい、涙を見ている人も現実にはたくさんいるため、

 

妊娠初期(~16週目)までは流産予防の漢方薬の服用をおススメします。

 

中気下陥による切迫流産

子宮はもちろん、胃などの内臓は、漢方の中での”気”の力でその場所に留まっていられます

 

意味が解らないかもしれませんが、病名でいうと『胃下垂』や『脱腸』、『子宮下垂』、『子宮脱』などは、

あるべき場所に留まる力が弱いために下垂してしまったり、少しの圧力で外に出てしまうなどの状態のことを指します。

 

この状態を漢方では”中気下陥”と言います。

 

”気・血・水”でいうところの””の不足、つまり気虚状態であり、その中でも臓器を留める”脾気虚”が主です。

 

妊娠前からそのような状態になりやすい方や、妊娠前は問題なくても妊娠してから赤ちゃんの発育に脾気を消耗してしまうことで

 

保持すべきものを守る力が低下することで切迫流産状態になり、最悪の場合流産してしまいます

 

その状態には気を補いながら昇堤する『補中益気湯』を使用することで、胎児を保持する力を増強し、守り育んでいきます

 

腎気不固による切迫流産

妊娠前の卵子の育成時にも重要であった腎気も妊娠中も欠かせません

 

腎気もまた”封蔵”という身体にあるものを保持し守る働きを担っており

 

例えば腎気を損傷する感情である恐(怖)”や””などの感情が極まってしまう

 

腰を抜かしたり大便小便失禁するなども”腎気不固”により封蔵する力が保てない為に見られる症状です。

また、出産歴がある方がクシャミなどで尿漏れしやすくなるなども、出産により腎気を損傷するために起こっているのです。

 

妊娠中は腎気を子供の発育方向へ消耗するために封蔵するための腎気が少なくなってしまうことや、

 

妊娠中の過度の不安”恐”れになったり、

 

何かのきっかけで”驚”く出来事がある場合に一時的に封蔵する力が減退することが原因となり流産に繋がることがあります。

 

この状態には補腎益精安胎養育トシシ、続断、杜仲、補骨脂、阿膠、艾葉、桑寄生、山茱萸、山薬、竜骨などを使用し、

 

湯液では寿胎丸補腎安胎湯などをベースとして腎の封蔵力安胎作用を強めていきます

 

中気下陥・腎気不固時のそれぞれの自覚症状

切迫流産状態であっても、直接的に流産しそうな状態!などと感じることは少なく、大体が病院で発覚しますが、
その予兆としての症状をそれぞれ書いていきます。

中気下陥腎気不固のどちらも、

 

疲労感倦怠感少量の出血がダラダラ続きその血の色は淡い張りが無く断続的に続く下腹部の地味な痛みなどが見られます。

妊娠したらいつも以上に子供の発育にエネルギーを奪われるため、妊娠中はいつもより疲れやすくなることはありますが、それを感じるということは一つの予兆というわけです。

 

さらに中気下陥では下痢食欲減退などの胃腸の元気の低下症状が見られ、

 

腎気不固ではめまい耳鳴り頻尿夜間尿腰のダルさなどの症状が見られます。

 

赤ちゃんを発育することにエネルギーを使うのに精いっぱいで、赤ちゃんを子宮内に留める力が弱まってしまっているということです。

 

同じ切迫流産状態でも、その原因が脾気が主に弱まっているのか、腎気が弱まっているのかでも対応の仕方が変わるということが分かると思います。

また、妊娠中に出来る”流産予防”は受精卵が出会ってから着床するまでに決まってくる染色体異常の場合にはどうにもできない

 

あくまで正常な受精卵を守る為の予防法となります。

 

染色体異常率を軽減したい場合はやはり妊娠前の身体作りが重要ということです。

今回はここまでですが、中気下陥、腎気不固以外でも妊娠中に出来る流産予防の漢方薬はありますので、次回に続きます。

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局