妊活の知恵倉庫

2019-12-18 13:38:00

妊娠中の母体と胎児の変化のまとめリンク

 

妊娠1ヶ月目(0~3週目)

 

妊娠2ヶ月目(4~7週目)

 

妊娠3ヶ月目(8~11週目)

 

妊娠4ヶ月目(12~15週目)

 

妊娠5ヶ月目(16~19週目)

 

妊娠6ヶ月目(20~23週目)の妊婦の変化

 

妊娠6ヶ月目(20~23週目)の胎児の成長

 

妊娠7ヶ月目(24~27週目)の妊婦の変化

 

妊娠7ヶ月目(24~27週目)の胎児の成長

 

妊娠8ヶ月目(28~31週目)の妊婦の身体への負担

 

妊娠8ヶ月目(28~31週目)の胎児の成長

 

妊娠9ヶ月(32~35週目)の妊婦と胎児

 

逆子の予防

 

胎児発育不全・羊水の過不足

 

子宮奇形

 

前置胎盤・低置胎盤

 

前駆陣痛と妊娠中の貧血

入院日数

一般的な出産では、初産で5日間経産婦で4日間帝王切開で6日間ほどの入院が目安となります。

また、全体の出産の5%ほどは早産、また15%は切迫早産状態となり

 

切迫早産の場合は数週間、場合によっては1~2か月ほど入院することもあります。

 

つまり、7~8人に1人ほどの割合で予定日より前に入院するということです。

 

「備えあれば憂いなし」と言われるように、

 

妊娠後期8~9ヶ月目に入ったら、いつ入院・出産になっても大丈夫なように、出産入院準備をしていきましょう。

 

というわけで”必要なもの”(下線あり)と、先輩ママさんの経験から”あったら良いもの”(下線なし)などをまとめていきます。

 

出産入院に必要なもの

・健康保険証
・母子手帳
・診察券
・印鑑
・携帯電話(充電セットも忘れずに)
・お財布(出産や入院の費用を一時的に支払う場合もあるので、現金などの用意は産院へ要確認)
印鑑以外は通常の検診時にも持ち歩いていると思いますが、
入院・出産に際しての書類に印鑑が必要な場合がありますので、忘れずに準備をしましょう。

衣類(身に着けるもの) 

 

入院用パジャマ(授乳することを考え、胸が開くタイプのものが望ましい)
授乳用ブラジャー(3枚を目安に。)
母乳パッド授乳時以外の乳汁漏れ対策
羽織れる服(カーディガンやパーカーなど、簡易に暖を取れるもの
スリッパ(産院によっては必要なし)
産褥ショーツ(産後の悪露で汚れるため、3枚以上推奨)
産褥パッド(産後の悪露用のナプキン、悪露の量と日数は個人差がある為、最低3日分を用意し、不足しそうなら夫などに補充してもらう)
靴下
コンタクトレンズ眼鏡(コンタクトレンズは保存溶液・保存容器も忘れずに

入院生活グッツ

 

洗面用具歯磨きセット洗顔セットフェイスタオル2枚以上など)
入浴セット石鹸・ボディソープ・シャンプー・リンス・バスタオル2枚など)
ボックスティッシュ&ウェットティッシュ(産院にある可能性あり)
ビニール袋用途多様で便利。念のために数枚あると良い。)
筆記用具書類記載やメモの為に
セカンドバッグ(小物の整理用に)

分娩中のあると良いもの

うちわorハンディ扇風機陣痛時は暑く感じることが多いため)
カイロ急に寒気を感じることもあるため)
飲み物(下記のストローと合わせやすいペットボトルが望ましい。)
ペットボトル用ストロー(どんな姿勢でもこぼれず飲めるため)
カメラ・ビデオカメラ思い出を残すために。最近はスマホでも十分画質は良いのでスマホも可
・皆からもらった安産祈願のお守り

産後にあると良いもの

授乳用枕・クッション
産後のリフォームインナー(ベルトやニッパー)

最後に

これらが入るカバン×1~2個
カバンに全部詰めて、何があってもすぐ持って行けるように玄関などに置いておきましょう。
場合によっては1つに入りきらなかったり、またキャリーバッグを使用する方もいるので参考にしましょう。
出産入院のためのものは上記で良いですが、退院する時に必要になるものもあります。
退院時に必要なものは入院中は邪魔になる為、カバンを分けて準備しておくと良いでしょう。
また初産だと必要以上に揃えがちですが、家に帰るまでの分があれば良いため、
退院時に必要なものは極力少なくしましょう。

退院時に必要なもの

ママの退院時の衣類
赤ちゃんの退院時の衣類(肌着、ベビー服、おくるみなど)
オムツ(入院中は病院のもので必要ないことが多いが、退院時には2~3枚ほどあると良い)
おしりふき(オムツ同様、少量で良い)
また、車で帰宅する場合は、新生児用のチャイルドシートの設置を忘れずに

家に必要なもの

ベビーバスセット(赤ちゃん用の泡洗剤、湯温計、ガーゼタオル、浴槽など。浴槽は空気で膨らますタイプ大きい桶でも良い)
ベビー寝具(お布団セット、ベッドなど。普段は母親との共用でも良いが、1セットは赤ちゃん用もあると良い
ベビー衣類(肌着、ベビー服、靴下など。お好みに合わせて)
オムツ&おしりふき(消耗品なので相当数あって良いが、始めは少量で複数メーカーを使い分けて赤ちゃんに合うものを見つけると良い
おむつ用ごみ箱&ゴミ袋ゴミ箱や袋などで消臭機能付きが望ましい
哺乳瓶&乳首&ミルク完全に母乳で育てるとしても、万が一のために必要。哺乳瓶を殺菌消毒できるものも必要乳首は赤ちゃんに合うものを探すにも一苦労
出生届赤ちゃんの正式な両親となるために必要で、出生から14日以内の提出。その際に名前も決まる

家に用意すると良いもの

マザーズバッグ(お出かけ用に必要なものを入れられるもの)
鼻水吸引器(赤ちゃんは鼻水が溜まっても出せず、気管支炎や肺炎の原因となることもあるので、吸ってあげるものとして)
赤ちゃん用体温計
赤ちゃん用爪切り(新生児の爪の生える速度は速く、自分の皮膚を傷つけやすい為。ハサミタイプで良い。)
以上です。
いよいよ次回は出産に至る妊娠10ヶ月目の妊婦と胎児についてまとめようと思います。

 

私の拙いブログを読んでくれた

あなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを

願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要と感じましたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じているのなら

 

妊活苦しさ・疲れを感じるのなら

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局