妊活の知恵倉庫

2020-02-28 17:10:00

医療機関側から見るマスクの在庫状況

TVでは「マスク・消毒用エタノールが品薄!」と叫ばれていながら、政府は「マスクは十分な在庫ができた」などと言われたり、ドラッグストアに行くと全く売っていずネットでは高額に売り出されているなど混乱は増すばかり。

 

当薬局は元からそれほどマスクを置いていないのですが、医療者として、卸売業者にマスクなどの在庫状況などを確認してみると、やはり全く供給が間に合っていない状況のようです。

 

先々週までは卸業者の方には「病院などの医療機関を優先するように』と政府から言われているので、在庫が入っても(私の)薬局には卸せない」などと言われ、また病院関係者に聞くと「病院内でのマスクは十分にある。プライベートで使う分は買えないけど・・・チーン」などと言っていました。

 

それが、政府から十分な量のマスクが準備できたと発表のあった先週では、先々週同様マスクが入ることはないばかりか、病院関係者も「病院にも入ってこなくなった笑い泣き」と言っており、歯医者は「マスクが入ってこずに仕事にならない」と言っていました。

 

実際、感染予防になるかと言えばその効果はマスクだけでは頼りないものですが、歯医者は顔を口に近づけて処置しなければならないもので、処置中にも唾液etcの飛沫物が出ているため、マスクは必須

マスクをしていない医師はよく見かけますが、歯の治療中にマスクをしていない歯医者は居ないですよね。

 

必要度が一番高そうなところへの供給も十分でないとはどれだけ不足しているのか・・・

 

いつも以上に製造しているはずなので、必要以上に備蓄していたり、転売の為に買い占めたり、海外の方が買っていってしまっているのでしょう。。

 

まずは冷静に対応しよう

マスクは飛沫感染のブロックにならないとは言いませんが、物理的に遮断してるように見えて、見た目ほどの効果は無くどうしてもウイルスなどの小さなものは透過してしまいます

 

なので未罹患者が予防でマスクをするよりも、罹患者の口から飛散を軽減することの方が明らかに効果的です。

 

↓見てください。感染症の疑いがある人に使ってもらうことが何より蔓延予防となり、自分を守ることに繋がります。

自分だけがマスクを独占して付けていれば良いのではないのです。

 

また、そんなマスクを買い漁る為にドラッグストアや薬局、100均や雑貨店などのありそうなところをバタバタと移動している方が罹患リスクを高めているかもしれません

 

罹患者が増える前に集めている、という人もいるかもしれませんが、元々ドラッグストアは中国人も多く、感染経路不明で広がっている現状を見れば、今の段階でも人が多いところを駆けまわるのは得策とは思えません

 

今は日本のニュースに集中しており、中国の近況なども薄れていますが、先週や先々週は日本から中国にマスクを送る中国人が多く、マスクを求める人が集まる場所ほど、罹患者の身近な人物が集まる場所でもあるのです。

 

ガーゼマスクは嫌われ者?

マスク不足が叫ばれる中でも、ガーゼマスクだけは時たま入荷できています

それを店頭に置くと「ガーゼ(マスク)?こんなもん効果あるかい!要らんわ!」みたいに吐き捨てて出ていく人が少なからずおられますゲロー

 

つい最近までマスクといえばガーゼマスクばかりでしたが、ここ数年で不織布マスクが使い捨て&安価で出回るようになりました。

 

慣れとは恐ろしいもので、不織布マスク以外は受け付けない人が増えてしまっているようです。

 

確かに不織布は「99%透過を防ぐ!」などと書いているように、花粉やウイルスのカット性に優れている点と、50枚などの多くの枚数であることから使い捨てられる便利さがあります。

 

ですが、99%透過を防ぐのは布のみの性質であり、誰しも少しは着用時に隙間ができるため、それを含めると99%を大きく下回った防御力となります。

 

人によっては不快感があるからか、マスクを口だけ覆って鼻を出していたり手でいっぱい触っている方も目にします。

 

そういう正しい使い方ができない人ほど買い漁っている印象がありますが、必要なところで正しく使ってほしいものだと思いますが・・・

 

一方のガーゼマスクは、布自体の透過性は目に見えるほど網目が大きい為、ウイルスにとっては馬鹿でかいトンネルのようなものガーゼが遮断する効果はほとんど見込めません

 

じゃあする意味があるのか?というと、ガーゼマスクも着用する意味はあります

 

ガーゼマスクの利点は、保湿性の高さにあり、湿度が高い状況をウイルスは嫌がり、また鼻やのどなどの粘膜がしっかりと潤っているとそれらの気道粘膜の免疫がしっかりと働きます

 

風邪もインフルエンザもコロナウイルスも、感染症予防には免疫力を高めることの方が一番大切であり、マスクで防ぐってのは気持ち程度のものなのです。

 

また、不織布マスクに十分な在庫があれば使い捨てで良いのですが、不足中の現在は使い捨てるほどの余分は無いでしょう。

ですが、一度つけて外したものは本来口側に付ける部分が外部に曝され不衛生ですので、不織布マスクの再使用は止めましょう

 

一方でガーゼマスクは洗うことができる素材なので、洗って乾かせば再使用できます。(あくまで口~鼻~気道粘膜を潤すものとして。)

以上、ガーゼマスクの弁明でした。

 

自作?!マスク

色んなマスク作成動画やサイトがあるようですが、辻ちゃんのマスク作成動画を載せておきます。

 

手作りマスクに関しては、作る過程で手で色んな所を触るので逆に危険性を高めるのでは?という懸念もありますが、ガーゼ製であればウイルスの透過よりも保湿目的なので問題ないでしょう。

 

器用ですね~。

 

説明の為もあると思いますが、例によって繰り返しひっくり返したり、ベタベタ色んなところを触っているところや、久々に見た辻ちゃんの目がカラコンでスゲーことなってるのに目がいってしまいますが、マスクはとても綺麗に出来ていますね。

 

マスクよりも大事な事

マスクにそれほどの予防効果はない言いながらマスクを勧めるような記事となってしまいました。

 

この記事を通して伝えたかったのは以下のことです。

 

マスクをしていないとまるで絶対コロナウイルスに罹患すると感じているような人が多く薬局に来られます。

 

軽い集団パニック状態に陥っているような状態で、『病は気から』という言葉もありますが、すでに心が負けてしまっている方が多いです。

コロナウイルスは実際にウイルスが体内に入らないと起こりませんが、それに至るまでに”気”が滅入って免疫力を落としてしまってはいざコロナウイルスと闘うとなった時にすぐに罹患してしまいますし、重篤化もしやすいでしょう。

 

実際の効果よりも、マスクをしていると安心するような方は、心理的な面も支える意味で上記の情報を元にマスクを着用しましょう。

 

また、本当に大事なことは、マスクよりも”気”よりも手洗いうがい・感染者との接触避けることです。

 

エタノール消毒液も品切れが続きますが、アルコール除菌が有効であったとしても、それだけが除菌できる方法ではありません。

 

手洗い・うがいの古典的な方法も十分に有効なので、しっかりと行いましょう。

そして感染者との接触を避けることは、誰もがしたいことですが、誰が感染者かもうわからなくなってきている事態です。

 

大雑把ではありますが、人の多いところはなるべく避ける。これしかありません。

 

都会の方は仕事の際に満員電車に乗るなど、絶対に避けられない方も多いので何とも言えませんが、だからと言って他の方が同じように外出して良いわけではありません。

 

一人ずつの注意がけが、一つ、また一つの感染予防に繋がりますので、皆でコロナウイルスを避けて撲滅しましょう。

 

集団心理に左右され過ぎず、自分だけ良ければ良いのではなく、自分を守ることで周りの皆も守ること考え、行動していきましょうね。

 

TVで報道されているだけでなく、薬局側の視点からも見ることで、今後のコロナウイルスの蔓延を少しでも防げれば幸いです。



 

ここまで読んでくれた

あなたに感謝です。

 

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

赤ちゃんとの出逢いへと

繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じている

 

妊活苦しさ・疲れを感じる

 

そんな時はご相談ください

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)