妊活の知恵倉庫

2020-06-17 13:00:00

(この記事は約5分で読めます。難解度★4)

 

「生理前に繰り返し口内炎が出来る」ということはありませんか?

そんな症状も妊娠力に関わっているかもしれません。

 

今回は生理前後に口内炎を繰り返す場合、身体の中で何が起こっているのか、そしてそれを妊娠力UPへ繋げる方法をまとめていきます。

 

口内”

前回の

では、気虚による出血以外は生理キッカケで体内に熱が生まれることで鼻血を引き起こしていました。

 

口内炎は、字の如く「口の中の(症)」です。

 

つまり、体内で何らかの炎が起こったものが口内に出ると口内炎となるということです。

 

鼻血と口内炎、症状は全く違うように思いますが、口内粘膜に炎が溜まると口内炎鼻粘膜に炎が溜まると充血して破裂し鼻血などのように、生理前に産まれる炎という原因は同じで、末端の症状が別となっていると考えることも出来ます。

胃熱による口内炎

前回の”鼻血”の時もあった胃熱

 

生理前に辛い物、甘い物、味濃い物、お酒などを多く食べることで腸胃に熱を生じてしまうことで口内炎となります。

 

現代医学では甘い物やお酒などを食べ過ぎるとそれを分解する為に粘膜の健康維持に必要なビタミンB群を消耗してしまいます。

 

ということで甘い物やお酒の摂り過ぎは口内炎を起こすという理屈です。

 

また、辛い物、味濃いものは刺激が強いので刺激が炎症を起こす火種となるという考えです。

だから「口内炎になったらビタミンB群を摂る!」というのが一般的ですが、粘膜を整える働きはあっても炎が強すぎるとなかなか治らないことも多いでしょう。

 

そういった炎を落ち着かせるには漢方薬の方が効果的で、清胃散、黄連解毒湯、黄連湯、三黄瀉心湯などが有効です。

 

ですが、これらは炎が強まってから治すためには良いですが、生理前に胃熱が高まる原因は

 

肝胃不和により肝火が胃熱を煽る

 

肝脾不和により弱った脾が甘味を欲して胃熱を生じる

 

などの理由があるため、普段は胃熱のお薬でなく、肝脾・肝胃を和す小柴胡湯、大柴胡湯、逍遙散、加味逍遙散、当帰芍薬散、当帰建中湯などで胃熱原因の根本から改善していくと良いでしょう。

 

肝脾不和・肝胃不和腎(生殖機能)への栄養不足にも繋がるので、この改善は口内炎の予防だけでなく妊娠力の向上に繋がります。

ビタミンBを飲むだけではこの効果は得られないでしょう。

 

陰虚火旺による口内炎

陰虚なので、手足の火照りを感じやすかったり、のぼせたり睡眠の状態に難がある方が多いです。

 

陰、つまり粘膜が弱いことで守る力が弱く、少しの刺激で炎症を起こしてしまったり、陰が少なすぎて陽気を抑えられず炎を起こしてしまっている状態です。

 

口内炎であれば基本的には胃陰虚がベースとなりますが、

 

これが”腎陰虚”に発展してしまうと、陰は卵子や子宮内膜の素材ですので、妊娠力は下がってしまいます。

 

甘露飲などで胃の陰虚をフォローしつつ、六味丸、知柏地黄丸、杞菊地黄丸、麦味地黄丸、亀齢寿などの滋腎陰剤を使用していき、口内炎予防と妊娠力を高めると良いでしょう。

心熱・心陰虚による口内炎

口内炎の中でも👅に出来やすい口内炎は””に関係している場合が多いです。

 

生理前考察の恒例↓

では気・血が停滞しやすいことを述べていますが、

 

気・血の停滞から発生したが””にまで浸食してしまうと”心火”となります。

 

またそれは元々心の火の強い方、もしくは心の火を緩和する心陰が少ない方で起こりやすい為、

 

黄連解毒湯三黄瀉心湯を使用して心の火を鎮静化し、

 

天王補心丸黄連阿膠湯甘麥大棗湯などで心の陰を助け心火が悪さしないようにしていくと良いでしょう。

 

心火は、口内炎よりも脳が興奮することによりドーパミンの機能に異常をきたし、睡眠障害や不安症状などを強めてしまいます。

 

 

また睡眠障害や不安は、一度起こると悪循環のループとなり、どんどん心と頭の負担を強め、心火は強くなり、ホルモンバランスは崩れ、さらに妊活においての心の傷を深めてしまいます。

 

身体の為にも、心の為にも、この状態には漢方薬の力とカウンセリングが助けになるでしょう。

誤って噛んでできる口内炎

体内の熱が原因ではない例では、口内を誤って噛んでしまうことで繰り返し口内炎ができてしまう人もいます。

 

噛むという物理的な要因から妊娠力に関係ないこともありますが、口内を噛みやすい時はストレスが過剰な時疲労時に多くなります。

 

これは本来、噛む動作をした時に無意識に口が噛まれないように連動するのですが、精神疲労や肉体疲労で頭が疲れているとその無意識の連動した動きに差ができてしまうため噛みやすくなるという理屈です。

 

つまり、脳の疲労が噛む状況を作って口内炎となるということで、脳はホルモン分泌する部位であり、そこが疲れているとホルモンバランスも崩れることがあります。

繰り返し、生理前に噛んでしまうということがあるなら、口だけでなく脳にも負担がかかっているというサインですので

 

逍遙散、補中益気湯、十全大補湯、人参養栄湯、帰脾湯や、またワタナベオイスターのDHMBAで脳内の酸化ストレスを取るなどして

 

脳を正常に働かせ、誤って噛むことを予防し、疲労やストレスを軽減し、ホルモン分泌を正常にすると良いでしょう。

 


ここまで読んでくれた

あなたに感謝です。

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

赤ちゃんとの出逢いへと

繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じている

 

妊活苦しさ・疲れを感じる

 

そんな時はご相談ください

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 


「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

 

たった一度の人生

 

これからの人生に後悔を残さない為

 

そして

 

楽しい妊活を送るために

 

私の力をお求めください

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)