妊活の知恵倉庫

2020-08-07 19:10:00

(この記事は約5分で読めます。難解度★★★★)

 

いよいよ猛暑の季節がやってきました。

 

私が子供の頃は、エアコンを設置している家なんてほとんどなかったですが(青森なので?)、

 

今では逆に青森でもエアコンを付けていないところの方が少ないくらいになりました。

 

ヒトの身体が機械に頼って弱くなったのか、温暖化などの何らかの影響で全体的な気温が高くなったのかと思いますが、

 

現代の暑さとエアコン、また運動不足は本来の”発汗”機能を乱してしまい、

 

それが妊活にも影響していると感じるところがありますので、今回はその点についてまとめていきます。

汗の役割

汗の主な役割は、皮膚表面で発汗し、汗が蒸発する時の気化熱により体内の熱を逃がすことで過剰な体温上昇を抑える働きです。

 

この体温調節は、皮膚表面の機能だと思っている人が多いですが、東洋医学的には”心”と”肺”の働きが大きいと考えられています。

 

この『心・肺と汗』の考えが浸透していない為、最近多く見かける『発汗=デトックス(解毒)』という誤った見方ができてしまっています。

汗は”心の液”

”心の液”って何?と思う人がほとんどだと思いますが、五臓にはそれぞれ司る体液・分泌液である”五液”があり、

 

肺は洟(鼻水)、脾は涎(ヨダレ)、肝は涙、腎は唾(唾液)をそれぞれ司り、『心は汗』というわけです。

(ヨダレと唾液の違いはヨダレは希薄で無意識に出るもので口を潤すことが主、唾液は粘質で意識的にも出て消化を助けるもの)

 

それぞれの臓に異常があるとその液が過剰や不足するなどの影響が出てしまう関係があります。

 

「汗は暑さによって出るのになぜ心?皮膚表層を司る肺じゃないの?」

 

東洋医学を勉強し始めの頃はそう思っていました。

 

ですが、心は五行の中では”火”に当たり、臓の中でも”陽中の陽”に当たり、

 

つまり身体の中で熱を溜めやすい臓ということです。

 

熱が溜まりすぎると心がオーバーヒートして心が司る脈に異常が出たり、脳に影響が出たり不眠になったり出血したりしてしまいます。

 

妊活においては、GnRHやFSH・LHなどの視床下部や脳下垂体に影響し、それらのホルモンが乱れ、早期閉経や多嚢胞性卵巣症候群などを生む原因となります。

そこまでならずとも、心に熱が溜まっていると、ホルモンが乱れ卵子の質が低下し妊娠力が下がることはあるので妊活においても重要です。

 

特に不妊治療でホルモン剤を使用してると陰を消耗し相対的に心火(陽)が強まってしまったり、

 

長引いた妊活は心の負担が積み重なり心に熱を生んでしまいます。

 

つまり、汗は心に熱が溜まった時の熱の捌け口となるもので、

 

体温上昇以外にも緊張や不安時に手に汗握ったり、過剰に発汗したりするのも体温は普通でも心動が過剰に働き、

 

心に熱を生んでいるために起こる発汗です。

汗腺は肺が司る

汗自体は心が司りますが、汗の門を開け閉じする汗腺は肺が司ります。

 

(厳密には”筋膜”を司る肝も関わるため、肺肝ではありますが)

 

つまり、汗の出方は心肺(肝)が手綱を握っていますが、現代人は運動不足な方が多く、心肺機能が落ちています。

 

また、今の時期は外は灼熱地獄ですが、室内はクーラーで冷えており、特にスーパーなどは冷蔵庫の中にいるようにキンキンに冷えています。

 

夏は汗で体温調節もしますが、他の季節よりも汗での水分代謝が活発になるはずなのですが、

 

快適な温度の環境に居ることで発汗機能が怠けてしまい、

 

また中は冷えていて外は暑いという気温差によって体温調整機能(肝)も狂うことで、

 

正常な汗のかき方ができなくなっている人が多いです。

 

すると、心(ホルモン分泌を司る脳)に熱が溜まっていても、上手く汗をかけず熱が滞り妊娠力を下げてしまうなどの弊害が現れます。

正常な汗のかき方とは

一番は適度な運動をし、汗をかくことです。

 

時に”デトックス(解毒)”といって、サウナや長風呂で大発汗を促し、それが健康に良い、と言っている人がいますが、

 

やはり発汗時には心肺機能を高め、気も血も水(リンパ)も心臓ドクンドクン、肺がハァハァいうことで巡ることが重要です。

 

サウナなどの過剰な暑さの元の発汗は、汗腺が詰まっている場合に詰まりを取るキッカケとして一時的に行うのであれば良いですが、

 

長時間運動を伴わない発汗を続けることは、本来の解毒・体温調整としての発汗でなく、

 

気津(身体に必要な体液)の漏出となってしまい、逆効果です。

ホットヨガも初めは身体が温かくなり、効果的に感じても、繰り返すことで身体に不調をきたすのもこれが原因です。

 

やはり、汗は日常的な温かさの元でじわっとかくか、または定期的に運動することでかくことが一番です。

 

また、発汗後は冷風などに当たると急激に体温が奪われ、汗腺もギュッと締まってしまうので、

 

汗の量が多い時は軽くハンカチなどで拭きながら自然と体温を下げると良いでしょう。

 

そういった本来の発汗を繰り返すと、本来の身体の機能が発揮され、妊娠力や健康を取り戻し、維持することに繋がるでしょう。

 

 


ここまで読んでくれた

あなたに感謝です。

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

赤ちゃんとの出逢いへと

繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じている

 

妊活苦しさ・疲れを感じる

 

そんな時はご相談ください

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 


「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

 

たった一度の人生

 

これからの人生に後悔を残さない為

 

そして

 

楽しい妊活を送るために

 

私の力をお求めください

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)