妊活の知恵倉庫

2020-08-11 19:40:00

(この記事は約5分で読めます。難解度★★★★)

 

普段からむくみを感じる方も感じない方も、生理前になるとふくらはぎがパンパンに張り、もしくは足が重ダルくなるなどのむくみ症状が強まる人はたくさんいるでしょう。

症状名では同じ”むくみ(浮腫み) ”にあたりますが、感じ方も違えば原因が違い、体質とアプローチ方法も違うため、

 

それらの違いを中心に生理前後に起こるむくみ症状から身体の体質と妊娠力を見極め、改善する方法をまとめていきます。

 

病因

まず、”むくみ”の分別から始めていきましょう。

 

大きく分けると、むくみには『虚』が原因である場合と『実』が原因である場合があります。

 

1つの見分け方は、むくみ自体に張りが強くある場合は『実腫』であり、

 

ダルさや重たさを感じ触ると軟らかめで離しても触った痕が残る場合は『虚腫』です。

ですが、よく判別で言われる靴下の痕は、確かに痕が残っていますが、張るタイプのむくみでも痕が残るのでこれは虚実を判別する材料とはなりませんのであしからず。

 

(靴下痕が残る場合は、むくんでなくても締め付けが強い場合に見られることもありますので、参考にしないこともないですが個人的には他の情報を優先します。)

 

もう1つの見分け方は、生理前・中・後などのいつに症状が現れるかも重要です。

 

でもまとめましたが、

 

基本的に生理前は気・血が子宮に集まり、全身の巡りも停滞し『実』状態であり、

 

生理中は出血に伴う脱気により気虚・血虚の『虚』状態が主となります。

 

つまり、生理前で気の停滞が起こるとそれに伴い水も停滞することで『実腫』が生じ、

 

気虚が脾気虚や腎虚、時に肺気虚に絡むと脾・肺・腎の水循環機能が低下し、『虚腫』を生むというわけです。

教科書などにはこんな基礎的な事しか書いていませんが、

 

現実では生理前に肝気鬱が肺の機能を低下させ『肺気虚→虚腫』となることもあります。

 

元は肝気鬱が主で、胸の張りやイライラなどの”実証”が見られても、むくみは虚腫という矛盾などが生じることもあります。

 

その場合は、寝起きの手や目元など、寝ている時の重力が平らになった時に上半身にむくみが出て夕方には緩和するなどの場合は肺が関係していることが多く、

 

全身に出る場合は脾や肝が原因であることが多く、腰や下肢が重ダルく、とくに浮腫みとしては足首周辺に強い場合は腎が主であることが多いです。

 

このように、虚腫の中でも脾・肺・腎などの原因も変わってきます。

 

特にいつも書いているように、『腎虚≒生殖能力の低下』を示すものであり、

ふくらはぎというよりも足首で強く浮腫みを感じるなどの場合は生殖機能が低下しているということなので、

 

少しでも早く腎の負担を取り、むくみや妊娠力を改善していく必要があるでしょう。

 

次回はそれらの見分け方をより実践的に、そしてその場合の対処法を生活の中で、また漢方薬ではどうするのかを書いていきます。

 

教科書的でなく、実践的にまとめていきます。