妊活の知恵倉庫

2020-09-07 19:35:00

(この記事は約4分で読めます。難解度★★★)

不妊治療中の方へ。
あなたは、赤ちゃんの卵である卵子、それを育む卵巣のことを想っていますでしょうか?
「妊娠したい!」という気持ちばかりが先行して、卵巣に無理をさせていませんか?
現代の不妊治療にありがちな『卵巣のブラック企業化』については↓

 

なかなか妊娠できず、妊娠できない期間が長引くほどに、どうしてもホルモン剤に頼りがちになってしまいますが、

 

本来ホルモン剤は卵巣の準備がしっかりできてこそ高パフォーマンスを発揮し、妊娠に至るものです。

卵巣の休ませ方

ホルモン剤で卵巣にムチを打ち続けても、よほどのことが無い限り卵巣が痛く感じたり排卵不良が生じたりはしません。
しかし中にはホルモン剤を今まで通り使用していたのに、
今までの成長よりも異常に成長や排卵時期が早かったり
逆に成長が遅かったり、成長がストップしたり、排卵できないということもあります。
それは数少ない卵巣からの悲鳴です。
そういった周期を経て妊娠できなかった次の周期は、一切のホルモン剤を中止して卵巣を休ませることをお勧めします。
病院では卵巣過剰刺激症候群(OHSS)にならない限りそういった指示はないと思いますが、
この休憩は卵巣の為を想う、つまり妊娠できる卵子作りを想う大事な休憩です。
決して赤ちゃんへの歩みを止めるわけではない休憩で、
むしろホルモン剤を連用することで悪循環に陥り進めずにいたものが、大きく進むキッカケとなるでしょう。

ホルモン剤の使用を止めると生理周期が乱れることも

今まで正常に来ていた排卵期や月経が、ホルモン剤の服用を止めることでズレてしまうこともあります。
ほとんどの人はこれにショックを受けてしまいますが、これはこれで良いのです。
ホルモン剤を使用せず休ませた結果、生理周期が前後するということは、
それだけ卵巣の状態が万全でなく、回復するために休憩が必要だったということです。
ですが、元々自力での排卵がなかなかできず月経不順である方や、
元々は問題なかったのに、ホルモン剤を始めてからホルモン剤を使っていないと月経不順になってしまう方は
本来の排卵する力や妊娠する力を失ってしまっているかもしれません。
それを取り戻すには”漢方”と”生活習慣”の力が必要になります。

積み重ねの力

漢方生活習慣の力とは、ホルモン剤の様に爆発力があるものではありません。
妊活においては昨日やって今日結果が出ることはほとんどないと言い切れます。
その点、ホルモン剤は数日飲むだけでも強力な力を発揮しますが、それだけに卵巣に無理をさせ得るということでもあります。
本来は生活習慣を見直す中で自分の身体をコントロールして妊娠力を高めることも出来るでしょう。
ですが、生まれつきの体質のために生活習慣の力だけでは妊娠力が十分に高まらない場合
また、生活習慣において仕事などの影響で十分に運動できず、睡眠時間は削られ、ストレスに曝され、食生活は乱れることも多いでしょう。
本来生活習慣で積み重ねるべきプラスポイント
悪い生活習慣によりむしろ妊娠力を下げるというマイナスになっている人がほとんどです。
生活習慣を見直すに越したことはありませんが、なかなか理想通りにはいかないもので、そんな時に力になるものが漢方です。
日々、漢方を飲む努力を怠る場合には、飲みやすい時間や方法などは提供しますが、その上でも続けられない場合は手伝うことはできませんが、
生活習慣を完ぺきとは言えない状況の中で、つまり自分の中でできる限りの中で妊娠力を底上げすることができるものが漢方というわけです。

「妊娠したい」という焦りが強い時には

漢方は飲んですぐに妊娠力が上がるものではありません。
今までの相談の経験でも、ほとんどの人が漢方の服用1日で経血が綺麗になるということはありませんが、
個人差はあるものの1ヶ月~3ヶ月の服用を続ける中でほとんどの人は経血の改善を感じます
それも期間を経るごとに改善することがほとんどで、時間と共に自分の身体の中が変わっているということを実感してくれます。
だから漢方はすぐに妊娠したいと焦っている人には向いていないように思う人も多いですが、逆だと思っています。
焦りの気持ちが強い方にほど、『子宝漢方相談』をお勧めしたいです。
”急がば回れ”という言葉がありますが、まさにそれが当てはまります。
早く妊娠したい!という気持ちがあるほど、一般的な不妊治療に走りがちですが、
今までの不妊治療は、急いで前に進んでいるはずなのに赤ちゃんとの距離が縮まっているように感じていましたか?
身体の準備ができていないのに最短ルートを選ぶことで
身体も心も時間も消耗してしまっている可能性があると、頭に入れておきましょう。
つまり、あなたの最短ルート世間の最短ルートではなく
一見遠回りに見える身体作りするルートが最短ルートとなるでしょう。

漢方薬は無理せず労わりながら自分の本来の力を引き出すもの

何も、ホルモン剤の全てが悪く、使うことがいけないと言っているのではありません。
ある意味ドーピングのように、一時的には爆発的な効果も生み出しますが、
一時的な力を借り過ぎると自分の力が消耗し、逆に負担となってしまうということで、
自分の身体を労わりながら、時に重要な時に爆発力を借りると良いのです。
ホルモン剤は卵巣を働かせるのは得意ですが、休ませるのは不得意です。
時に”卵巣を休ませる”という目的で、”低用量ピル”を使うこともあるようですが
低用量ピルの使用により排卵が止まり、つまり卵巣は機能しなくなりますが、決して休まっていません。
これを長く続けた人は多嚢胞性卵巣になっている人が多く、
『休ませる≠機能停止』ではないということも覚えておきましょう。
病院でも漢方を取り扱うことは可能なため、さも漢方での不妊治療を専門としているように書いていたりしますが、
実際に漢方を専門に勉強した元での処方は極一部であり
ほとんどが「病名漢方も取り扱っていますよ」程度のもので、実際当帰芍薬散・加味逍遙散・桂枝茯苓丸の処方が9割ほどでしょう。
精子の状態が悪ければ八味丸・牛車腎気丸・補中益気湯というのもそんなところです。
男性の場合なんて、本人が受診していないのに体質に合わせないといけない漢方を出すくらいですから、
まさに体質なんて気にしないで処方している病名漢方ということを示している証拠です。

医師>漢方薬剤師

それでも漢方薬剤師より医師を盲信してしまう場合が世間的には多いです。
日本は医師の存在が過剰過ぎるほどに強い為、特に理由はないものの医師の判断に反すると、何となく悪いことをしているように思う傾向があります。
もちろん医師が正しい場合も多いのですが、自分自身が違和感を感じていたり、
 
上手くいっていない場合には、「自分には今の不妊治療だけでは違うのかもしれない」と考えてみましょう。
もちろん自分も医師よりも上や下などの上下で考えているわけではなく、
漢方を使用した身体作りの面では専門と自負しているというわけです。
完全に漢方薬剤師を信用しなくても良く、セカンドオピニオンとして相談するだけでも構いません。

まとめ

卵巣をブラック企業化せずに妊娠力を高めるにはホルモン剤の使用にはメリハリをつける必要があると考えます。
つまり、基本的に病院の指示に従うと酷使させてしまう傾向にあるので、
1~3周期毎にホルモン剤は休んだ方が良いでしょう。
ホルモン剤を使用しない中でも性生活を休む必要はありません。
ホルモン剤の使用で妊娠力が落ちていた場合、この期間に妊娠できるご夫婦も少なくありません。
そして、メリハリの中にもっと自分でできること、本来の自分の妊娠力を引き出すことを望むのであれば、
漢方薬で卵巣を休め、身体作りをすると良いでしょう。
卵巣を休める漢方薬を知りたい!という人は、それこそ体質によるもので、コレ!と決まった病名漢方は無いので、ご相談ください。
簡単に情報を得たり、薬だけもらうことも楽な事ではありますが、
楽な事だけで妊娠に至らないこともあります。
心から子供を欲する気持ちがあるのであれば、
自分の身体と向き合い、楽をして妊娠するのでなく、妊娠する為の心と身体作りをしていきましょう。
こちらはいつでもそんなあなたを全力でご支援いたします。

 


ここまで読んでくれた

あなたに感謝です。

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

赤ちゃんとの出逢いへと

繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じている

 

妊活苦しさ・疲れを感じる

 

そんな時はご相談ください

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 


「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

 

たった一度の人生

 

これからの人生に後悔を残さない為

 

そして

 

楽しい妊活を送るために

 

私の力をお求めください

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)