妊活の知恵倉庫

2020-09-10 19:40:00

(この記事は約4分で読めます。難解度★★★)

総裁選の討論会にて『不妊治療の保険適応化』が言及されました。
今朝のTVニュースでもその話題が中心となりアレコレ言っていたので、
妊活支援している身としての意見をまとめていこうと思います。
(政治的な意見について書くつもりはありません。誰がどうなろうと妊活者が、日本の未来が良くなるように私は尽力するのみです。)

不妊治療が保険適用化することに賛成か否か

簡単に答え難い問題ですが、不妊治療をしている夫婦の金銭的負担を軽減しようという考えには大賛成です。
金銭面を理由に自分の子供を諦めてしまう方は多く
不妊治療のためにお金が必要で、妊活に専念したくても仕事をしなければいけずというジレンマに陥りなかなか妊娠できないなど
ただでさえ妊活中では精神的負担が強いのに、金銭面の負担だけでも解決できれば、という思いは前から強く感じていたからです。
こちらの支援も、基本的に相談料はいただかないなどしてはいるのですが、
お出しする漢方薬やサプリメントは自費であるため、妊娠力を高める効果はしっかりとありますが、決して安いものではないという面でも
費用面での苦労はヒシヒシと感じております。
ですので、それを国が支えてくれるという動きには大賛成です。
ですが保険適用に賛成かというとそう単純でもありません。
朝のニュースでも誰かが言っていたと思いますが、
『保険適用されるのは”疾病・病気”』ということが大原則であり、
不妊症というのは”疾病・病気”ではないため、
その解釈を改正していくことは多大な労力と時間とお金がかかると思います。
(どことは言いませんが、日本の未来のことを考えず、その時の首相が属さないグループの多くが足を引っ張ることで)
保険適用化するということ自体は強く後押ししたいのですが、
理想現実の違いを考慮し、効率的には賛成していません。
現実的には、現在もある”助成金”による支援を優遇改正していく方が手早く効率的ではないかと思います。

お金と時間の問題

助成金に偏った優遇処置を施すと、その面での経済的負担はとても大きくなってしまうでしょう。
もちろんお金の問題は簡単なことではないですが、かける価値があると思っています。
より深刻なのは時間です。
時間は取り戻すことはできません。
特に妊活においての時間は残酷なほどにこれ以上ないほどに重要です。
妊活している女性たちを支援する体制を整えるためにお金を使うことは一時は仕方ないことでしょう。
それは、今は苦しくても、未来の日本のために必要な投資だと思います。
ですが、時間は投資しすぎると根本の妊活している女性に影響してしまい、
少子化問題がより深刻化して、取り返しのつかない状態にまで発展してしまいます(もうなりかけていますfが)
保険適応でも助成金の改正でもなんでも、一刻も早い支援を目指すべきだと思います。
そういった面で、保険適用を目指してしまうと、打ち出してもなかなか施行するまでに時間を費やすリスクがあると考える為、
保険適用よりも助成体制を整えることを優先すべきかと思います。

今の助成体制

現在の厚生労働省での不妊治療に対しての助成詳細はこちら↓

 

簡単にまとめると、43歳未満年間世帯収入730万円以下、1回の助成が15万まで(初回のみ30万)で計6回まで(条件によっては3回まで)
などの条件があることで、経済的支援が欲しくても得られない夫婦の方が多いことが現状です。
具体的な数字は簡単には述べられませんが、例えば所得制限は撤廃したり、助成回数上限を増やすなどすると良いでしょう。
一部が助成適応されるのでなく、保険適応に近いレベルで、誰もが適応対象となるくらいが良いでしょう。(簡単に言ってますが)
タイミング療法は元々保険適応で、人工授精・体外受精・顕微授精は保険適応外ですが、
人工授精に関わる費用はタイミングと比べそれほど大きくなるわけではないので、助成は必要ないのではないかと思っています。
実際に現在の体制でもタイミング療法→人工授精においてのハードルは低めで、大概の人はすぐにステップアップしますが、
人工授精→体外・顕微授精においてはほとんどの人がスムーズにステップアップしません。
その一番の理由は体外受精・顕微授精となると、桁が上がりグッと負担が増える、つまり金銭的負担のためです。
この段階で諦める人は多いでしょう。
特に、チョコレート嚢胞多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害などでまず受精ができていなかった人の妊娠率が著しく低く、
体外受精をすると明らかに妊娠率が上がるケースでも、
年齢が比較的若いご夫婦の場合、経済的余裕もないことから諦めてしまう方は多いです。
体外受精により受精卵こそできたらそれからの妊娠率はとても高いはずの若い人たちこそ、体外受精の高額費用で諦めてしまうのです。
ですが、助成体制、もしくは保険適応となり、ここのハードルも下がることで、グッと妊娠率は変わってくる可能性があります。
体外受精・顕微授精が人工授精レベルでできるように負担軽減できることは少子化問題を少しでも解決に導くカギとなるかもしれません。
まだまだ書き足りないので次回に続きます・・・

 


ここまで読んでくれた

あなたに感謝です。

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

赤ちゃんとの出逢いへと

繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じている

 

妊活苦しさ・疲れを感じる

 

そんな時はご相談ください

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 


「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

 

たった一度の人生

 

これからの人生に後悔を残さない為

 

そして

 

楽しい妊活を送るために

 

私の力をお求めください

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)