妊活支援ブログ

2021-05-31 19:30:00

2020年はコロナの1年でした。

 

 
それは今年もそうですが
コロナ禍にも関わらず、子宝相談件数が増えた2020年。

 

 

元々遠方の方からの問合せも多く電話相談の形は出来ていたため
コロナの影響を受けにくかったということもありますが
県内・県外共に相談件数はとても増えました

 

 

そして今年はその2020年に相談した方の9割近くは
身体作りが実を結んで2021年現在妊娠・出産報告が続いております

 

 

もちろん早い方では年内に子宝相談を始めた方でも結果が出てきています。

 

 

2020年は妊娠相談件数&妊娠・出産報告数が過去最高を記録しましたが

このままでは2021年は妊娠&出産報告はほぼ間違いなく超えるでしょう。

 

当店の数字の話

 

 

見てわかるように31歳以上が9割以上で

一番相談依頼の多い30代の妊娠割合は70%以上

妊娠しにくいとされる35歳以上の妊娠は全体の58%(つまり半分以上!)

さらに40歳以上では妊娠自体が難しいと言われる中でも全体の約2割を占めています。

 

 

また、お身体の状態では

 

・最近不妊治療を経て妊娠報告があった南明奈さんも抱えている子宮内膜症チョコレート嚢胞の方

 

・数cm~十数cm級の子宮筋腫をお抱えの中妊活している方

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で排卵が上手くできない方

 

体外受精顕微授精を繰り返してもなかなか結果に繋がらない方

 

・着床しても流産してしまう不育症の方

 

・色々調べても原因不明の不妊症の方

 

など、一般には高度の不妊治療をしていても妊娠しにくい

かなり複雑な状態での子宝相談が多いです。

(もちろんわりと簡単な身体ですぐ妊娠してしまう方もいますが)

 

 

こちらに相談するに至る前に色んな不妊治療をやってきていたり

または別の漢方薬局で子宝相談していたけど上手くいかない方からの相談が多く

最終的に相談する場所になってきているように思います。

 

 

安心してください。

 

ダメ元な気持ちでこちらに相談し

妊娠し、嬉しい驚きを味わってくれている方はたくさんいます(↓随時更新の妊娠報告リンク

 

 

最終的に相談し、赤ちゃんを迎えないまま卒妊活するのでなく

赤ちゃんと出逢える卒妊活を全力で支援しています。

 

子宝相談をお考えの方へ

妊娠した方からのご紹介からのご相談は少しずつ増えてきています。

 

 

こうした繋がりで幸せが増えていくことをモットーに漢方相談しているので

ご紹介が増えていることはとてもありがたいです。

 

 

ただ、少し残念なのは
当薬局の「お問合わせページ」にまでは来ていても

そこからいざ『お問合わせ送信』・・・

というところで止めてしまっている”躊躇(ちゅうちょ)さん”が増えていることです。

 

 

繋がりで幸せが増えることはありがたいですが
ご紹介だけでは与えられる幸せが一部のコミュニティ、つまり限定的になってしまいます。


ネットでたまたま見つけた。


その”たまたま”という偶然から
その時に子宝相談をしてしまえさえすれば
授かっていた命があったかと思うと切なく感じることもあります。


偶然が”奇跡”を産むことはありますが
それは受け身ではなく行動することで”奇跡”へと繋がります。


漢方相談は
ページを見ている時だけでは始まりません。


漢方という身近にない世界で
金額も良くわからない・・・

だから初めての相談は不安・・・


気持ちはとても良くわかります。


こちらもその不安を解消したいのですが
人の身体の状態によって出来ることは違うため
これだけはご相談していただくことでしか解消できません。


少しでも解消に繋がることとしては
先輩ママ達の相談を通して得られた声でしょう。


薬局業界では70%以上で高水準と言われる相談リピート率ですが
当薬局では97%で、ほとんどの方が相談を続けてくれます。


数字の高さは相談後の安心の証。


相談された方からは

「相談して良かった。もっと早く相談していれば良かった」

というお言葉を良くもらいます。

自慢したいのでなく、
ご相談を迷っている方の背中を押して
その一歩があなたの幸せに繋がるように、と思っているのです。


平成堂へ相談した先輩ママ達の言葉は
これから相談することで
未来のあなたの言葉にもなるでしょう。



あなたが今までの苦しんだことは
ここに導かれるためだったのかもしれません。


こちらに相談して、命の誕生に繋がった時それを実感するでしょう。


直接お話して初めて
あなたの妊活に新しい活力が与えられます。


一度考えたお問い合わせを止めてしまうと
ずっと気にはなっていてもその先に進めないまま時間が過ぎてしまいます。


妊活において何よりも大事な時間が。


相談してから子宝漢方を”飲む”・”飲まない”の選択はいくらでもできますが
相談をしないことは赤ちゃんとの出逢いを選ぶことすら拒否してしまっているかもしれません。


身の回りの方の妊娠報告が嫌になったり嫉妬してしまうこともあるでしょう。


そういう自分が嫌いになることもあるかもしれません。


その知り合いの中にも、実は子宝漢方で授かった命があるでしょう。


今度はあなたの番です。


未来の命のために
そして何より自分自身の為に
赤ちゃんを育む身体作りを始めませんか? 

ダウンロード (8).png