妊活支援ブログ

2021-06-15 19:30:00

前回

の続きです。

 

ピル服用後の現実

こちらの薬局にピルを数年服用してから服用を止めたことで起こる不調で相談される方は多いです。

 

 

こういった相談ばかり受けていると

婦人科医「ピルは後々の影響は無いので安心してください」

って何なのって思いますよ、ほんと。

 

 

処方医からすると

「不調が出てもまたピルを飲めば治まる」のかもしれません。

 

閉経するまで飲み続けられたらそれで良いのかもしれませんが

『子供を産みたい!』となった時には絶対ピルの服用は止めなければなりません。

 

 

それは妊活を始める大事な時まで生殖器に負担を残すことです。

 

 

お金を借りてその日暮らしをしていた人が

新居を建てたいとなった時に頭金はおろか

ローンも組めない状態になっているようなものです。

 

 

知り合いだったら

「いつかのためにお金を大事に生活しないとダメだよ」

と伝えようとはしないでしょうか。

 

 

ピルを飲んで月経の不調に目を向けないことは

私からしたらこの状態で、安易にピルを飲んでいる人には注意したくなります。

 

 

本来ならそうならないために婦人科に通っているはずなのに・・・

ピルの使用自体を否定しているわけではない

・人生がかかっている日(受験日etc)にひどい生理痛に襲われないように予防する

 

・成人式や結婚式の人生においての大事な写真を撮る時に肌荒れが出ないように、一時的に症状を抑える

 

・子宮筋腫や内膜症の肥大を一時的に抑える

 

など、人生において大事な瞬間の為に一時的に生殖機能に邪魔させないピルの飲み方には賛成です。

 

 

ですが、月経前後の不調に対してのピルの役割は

問題を解決するのではなく

問題を先延ばしにしているだけです。

 

現在ピルを服用している人はそれを知っているのでしょうか?

 

 

使い始めは、今までの月経時の不都合がパッと無くなるので

スゴく効いている気がする方が多く、また止めた時に不調がドッと出るので

止められなくなっている人がほとんどです。

 

 

ほとんどの相談者は

10代後半~20代前半で大学生や社会人になった時から

ストレスや環境の変化で生理に異常が起き、ピルを飲み始める人が多く

 

結婚や妊娠のことを真剣に考えている人は少ないです。

 

 

そんな先のことよりも今が大事に生きている人が多いのでしょう。

 

 

ですが、未来の自分へのリスクは絶対に伝えるべきです。

 

 

「子供が欲しい」となった時、

今の月経においてのツラさよりも強い苦しみが待っていることを。

ピルは閉経状態を産むためのもの

ピル服用中は生理日数が整って生理痛もなく

順調に生殖機能が働いているように感じるでしょう。

 

 

しかし現実は薬により疑似的閉経状態を作っているのであり、

つまり子宮・卵巣機能がほぼ停止している状態です。

 

 

生理前後での不調を感じなく、快適に過ごせるのは

生殖機能やホルモンバランスの異常が治っているわけではありません。

 

 

ただ「停止しているから」異常が起こらないだけで、全く治っていません。

 

婦人科ではこの状態を「生殖器の休憩」と表現することもありますが

数ヶ月、長い例では数年という単位で休憩してそれは正常に働けるのでしょうか?

 

現実では数年間活動を”休憩(停止)”した生殖器は

いざ妊娠しようとなった時、上手く働けなくなっているわけです。

 

 

身体に出ている不調は身体からのSOSのサインであり悲鳴です。

 

生理痛がひどいのは子宮内の血流循環が悪いことや、子宮筋が過緊張していること、子宮内が冷えていること、子宮に炎症が起こっていること、子宮のプロスタグランジンに異常が生じていることなどを身体が教えてくれています。

 

 

例えば気が付かないで指を切ってしまっても、痛みで切れたことに気が付きますね。

 

これは”切れた”という異常を身体が知って欲しいから痛みを生じる正常な生体反応です。

 

 

傷ができたことに気付かないと、傷からバイキンが入ってしまい、バイキンが強かったり抵抗力が落ちていると腫れなどの炎症が強くなり、バイキンが身体の深くに侵入し熱を出したりすることもあります。

 

 

極端な例では、破傷風菌などでは死に至ってしまうこともあります。

 

 

その為の痛みです。

 

 

月経による不調は、子宮は体内にあって中の状態は見れませんが、痛みが出ているということは異常が出ているということ。

 

人は目に見える異常は気にしますが、目に見えない異常は感覚的に治まれば良いという適当な考えを持っているのが常です。

 

 

身体の中のこと、そして未来の自分のことをもっと考えて生きる。

 

 

そうすることが、今の自分の幸せにも繋がるでしょう。

 

 

楽な体験は一瞬は楽しいですが、その後はむしろ自分を絞めつけてしまうものとなるでしょう。

 

 

今、楽するのではなく、自分と向き合って幸せを見つけましょう。

 

 

いつでもお手伝いいたします。

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。