妊活支援ブログ

2021-07-21 19:32:00

基礎体温で体質改善しよう!関連リンク↓

 

 

 

 

⑧体温が高いタイプ

低温期の平均体温が36.7度以上、

または高温期の平均体温が37.0度以上の方がこのタイプに当たります。

 

 

女性は冷えなどが原因で

体温が十分に上がらないタイプが目立っているため

一般的な基礎体温の分類にすらされていないこともあるようです。

 

 

ですが、私の臨床経験上

一定数いることは事実で、決して見逃すわけにはいきません

 

 

このタイプには

 

ホルモン剤多用or加齢により卵巣や脳下垂体がオーバーヒートしている方

 

 

ストレスで脳がオーバーヒートしている方

 

 

子宮内膜炎などで子宮内環境が熱を持っている方

 

 

・バセドウ病などで代謝過剰により体温が高まっている方

 

などに多く見られます。

 

妊活≠温活

妊活≒温活』という認識も広まっているように

妊活においては「冷えは大敵!とにかく温めると良い!

という認識をされている方がほとんどだと思います。

 

 

ですが⑧基礎体温が高いタイプの場合は

温めることが『妊活の大敵』となり得ます。

 

 

体温が高いと血流が早くなり、栄養・エネルギー・酸素も多く送られるため

卵胞は普通よりも急激に成長してしまいます

 

 

「栄養などが多いのは良いことでは?」 

 

「成長が早いのは良いことじゃないの?」

 

と思うかもしれませんが、やはり何事にも適度なペースがあります

 

 

急激に育った卵は外側の卵胞の殻の成長は早くても

中の卵子の成長が伴わないことが多いです。

 

 

成長が早く、身体の大きさだけ大人と同じくらいに成長した子供が

心がまだ発展途上な状態で社会に出されるようなものです。

この状態だと本番に弱いんです。

 

 

また、このタイプは排卵が早い(低温期が短い)ことで

理周期が短い(25日以内)ことも連動しやすいです。

 

 

生理周期も早まってしまうので、

どんどん卵が消耗されてしまいます。

 

体温が高くなる理由

①過亢進

 

②体温をコントロールする潤いが少ない

 

③巡るべき熱が滞って熱が溜まってしまう(部分的)

 

以上の3つの理由で体温が高くなります。

 

 

違いが良くわからないかもしれませんが、ここで東洋医学っぽく語っていきます。

 

 

↑の陰陽マークは見たことはあると思います。

 

 

これは白が陽黒が陰といい

陰陽のバランスが綺麗に整っている状態です。

 

 

このように綺麗に円が出来ている時は健康な状態で

妊娠力が最大限に活かせているということです。

 

 

人の身体に置き換えると

体温はエネルギー→陽

体温を調整する潤い→陰

と考えてください。

 

 

①の過亢進タイプ白い部分が大きくなってしまうことで

相対的に陽>陰となり熱が強まります

 

 

走り回っていると誰でも代謝が活性化します。

 

 

そうすれば身体は暑くなっていきますね。

 

 

これが①の過亢進タイプの熱が生まれる理由です。

 

 

一方火が強くなくても

②の体温を抑制する潤い(陰)が少ない場合

白はそのままですが、黒が小さくなってしまうことで

相対的に陽>陰となってしまっています。

 

 

パソコンの熱を排出するファンが良い例で

ファンが壊れてしまうとパソコンの熱が籠ってしまい熱くなってオーバーヒートしてしまいます。

 

 

これはパソコン自体は通常運転であっても

それを捌かないとどんどん熱が溜まってしまいます。

 

 

人間も生きている限り体温を生じながら生きています

 

 

この体温も呼気や毛穴から上手に排出したり

汗の気化熱で冷ましたり、気が付かない間に体温は調整されています。

 

 

これが陰の働きです。

 

 

当たり前に行われ過ぎて、熱が外に出ていることは感じにくくなっていると思いますが

身近に感じられる例ではマスクです。

 

 

マスクをしていると顔が暑くなるでしょう。

 

 

これは外の暑さに関係なく

自分の体温を上手く逃がせないだけでこんなに暑くなるんです。

 

 

それだけ、人は熱を生んで生きているということです。

 

 

何気なく暑さを感じなく生きていても

実はこの熱をコントロールする陰(潤い)の働きが大きいということです。

 

 

それがバランスを崩してしまうのがホルモン剤過剰加齢による陰の消耗です。

 

 

そして③の巡りが悪いことで熱を生んでいるパターンは

例えばストーブで部屋を暖める時に

その前に段ボールなどのものが置いてあるようなパターンです。

 

 

温かい空気の流れを止めてしまっている状態で

ストーブ~段ボール間だけは過剰な熱を持ちますが

段ボールの後ろは十分に温まらず冷えたままです。

 

 

人の身体で起きやすいのはストレスで血管が収縮するなどによる血行障害で

熱が溜まっている所で熱が溜まり

血が少ないところが冷えている状態となったりしています。

 

 

頭はのぼせるけど足は冷えているなどの部分的な熱症状がコレです。

 

 

3つの体温過剰の原因が分かったので

それぞれの解決法をまとめていきます。

 

①過亢進タイプを落ち着かせる方法

 

→次回

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。