妊活支援ブログ

2021-08-09 14:10:00

東京オリンピックも終わりましたね。

 

 

賛否の分かれる大会になったと思いますが、(政府批判云々は置いておいて)

アスリートの方々には賞賛こそ送られ、否定的なものとならずに良かったと思います。

 

 

特に、今まで見知ってきたベテランのメダル候補者よりも

若い力がメダルを勝ち取っていた印象でした。

 

 

スポーツ界で若い力が台頭する度に

職業柄、どうしても気になってしまうのは

 

(yahoo記事引用の為、いつか記事元は消えてしまうと思います)

 

この記事にもあるように

金メダルなど、トップを目指す身体作りは必ずしも女性として身体作りでないこともあるとお伝えしたいのです。

 

身体のことを想う

一般には運動は身体作りに必要な要素ですが

極限の運動は身体の気血を運動する為の機能に消耗してしまうため

月経が来なくなったり不順になることもあります。

 

 

過去には将来有望なテニスプレイヤーバレエダンサーから

生理不順で漢方相談を受けたことがありました。

 

 

その方々はやはり過酷な運動状況にあることで

食べた栄養が子宮や卵巣の生殖器でなく

筋肉や運動エネルギーに使われているため疑似的閉経状態になっていました。

 

 

気血を補う漢方薬で生理は再開しました

日数のばらつきはまだ見られました。

 

 

その原因は身体を酷使する以外にも

その世界で勝ち上がる上での”極度なストレス”により

ホルモン分泌などが不安定であったためでした。

 

 

気血を適度に補いつつ

気鬱を取る理気剤も併用することで標準の28日周期ではないとはいえ

32~33日周期で安定しました。

 

 

基本的にはこれで安定していましたが、

大会などがありストレス↑、トレーニング量↑↑となってしまうと

その時は少し月経が遅くなることもあったので

漢方ですべてがコントロールできるわけではありません。

 

食べたものから身体は出来ているという当たり前のこと

アスリートの例はかなり極端ですが

自分が食べた栄養・エネルギーには限りがあり

それをどのように分配しているかによって生殖力も変わるということです。

 

 

もちろん運動すると気・血を消耗するからいけないのでなく

適度な運動をしないと血流やリンパの巡りが鬱滞し

生殖器に栄養が運ばれず、脂肪として蓄積してしまいます。

 

 

それはいくら糖質制限をしても同じです。

 

 

むしろカロリー量だけを意識したダイエットは

飢餓状態に耐え抜くように脂肪を身体に蓄積する本能が強まります。

 

 

つまりここに例に挙げた『食事』・『運動』はやりすぎもやらなすぎも

身体の負担になってしまうということです。

 

 

なかなか妊娠できない身体の状態は

本来妊娠できるはずのあなたの力が眠ってしまっているだけです。

 

 

その眠りから覚めるために必要なものは

ディズニー映画にありがちな”王子様からのキス”や”魔法”ではなく

確かな身体作りです。

 

 

時間も手間もかからない方法が魅力的に見えることもあるでしょう。

 

 

ですが、1つの命を創り育てる

1人の命が生まれる身体になるには

今の自分の身体に合わせた最善の身体作りをするべきだと、私は思います。

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。