妊活支援ブログ

2021-09-06 12:35:00

 

今は超音波検査排卵検査薬、オリモノの状態基礎体温から

排卵日を予想できるようになり

タイミング療法では排卵日ばかりに集中しがちです。

 

 

もちろん、排卵日付近にタイミングが取れていないことと比べると妊娠率は上がりますが

だからといって毎周期に1~2回だけ排卵に合わせた夫婦生活では

妊娠率はそれほど高くありません。

タイミング法の盲点

排卵にタイミングを合わせることは悪くないですが

妊娠率が高まらない原因は女性の排卵ばかりに目がいきがちなことです。

 

 

卵子はもちろん大事ですが

妊娠する為には精子も同じくらい大事です。

 

 

今回は排卵だけに意識するのではなく

夫婦にとって最善なタイミング法について書いていきます。

 

 

”夫婦のベストなタイミング法”を考える

 

 

精子・卵子それぞれの特性を学び

互いにとってのベストなタイミングを考えてみましょう。

 

精子にとってのベストタイミング

精子の量・運動率・白血球数などは

射精頻度に影響されます。

 

  • 性交回数は多い方が良い
  • 禁欲するほど精子量が多くなる

 

これらは間違いで

適した射精頻度、タイミングがあります。

 

適した禁欲期間

 

↑の記事で書いたように

精子は1日1~2億個作られます。

 

 

そして、精子の溜められる精巣には限りがあり

平均的には5~6億個くらいでいっぱいになってしまいます。

 

 

つまり3日ほどで精巣に溜められる精子量はMAXとなるため

それ以上経っても精子の総量や濃度は変わりません。

 

 

むしろ禁欲期間が7日以上経ってしまうと

精液の白血球数が増加

精子の質が落ちてしまいます

月1回だけのタイミング法

排卵日だけに合わせて1周期に1回しかタイミングが取れていない場合

射精間隔が長すぎて精子の質がかなり劣っている可能性があります。

 

 

自然妊娠だけでなく

人工授精や体外受精でも同じことが言えるので

不妊治療でセックスレスだとしても

精子を採取する2~7日前には一度射精した方が良いでしょう。

 

 

タイミングを合わせたい日から逆算して7日以上の禁欲は厳禁ということです。

毎日の性行為は良い?悪い?

これは男性の状態によります。

 

 

男性の性欲や機能が問題ないのであれば

毎日でも元気な精子が十分量出ている可能性が高いでしょう。

 

 

ですが

  • 年齢と共に性欲が落ちている
  • スムーズに射精できない
  • 射精後に違和感を感じる
  • 精液検査で精子濃度が低い

これらの場合は生殖機能が落ちていて

精子が作られる数も減っているため

性交頻度を高くしてしまうと逆効果です。

 

 

どうしても精子は日々作られているとはいえ

射精回数が多いと1度に射精される精子数が減ってしまいます。

 

 

子宮内は酸性で多くの精子は卵子に合うまでに淘汰されてしまいますが

スタート時点(射精時)で精子数が少なければ

卵子まで到達できる精子は激減していしまいます。

精子目線で見たベストタイミングのまとめ

  • 7日間以上の禁欲は精子の運動率を下げる
  • 1日1回以上の射精は精子の濃度を下げる
この2つを考慮すると
「本命のタイミング日前2日以上7日以下の禁欲」
が望ましいということです。

排卵目線でのベストなタイミング

→次回に続く(9月10日アップ予定)

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。