妊活支援ブログ

2021-09-14 19:23:00
不妊治療中のSEXはして良い?ダメ?

前回

 

人工授精・体外受精期間中のSEX

タイミング周辺以外は性行為の可否の説明はほとんどないため

指示の無い時期にはSEXをしない方が良いと思っている人が多いようです。

 

 

その流れで人工授精や体外受精などにステップアップするほどに

性交回数が減っていくご夫婦はとても多く

 

 

「不妊治療期間中にSEXすることは望ましくない」

と勝手に思い込んでいる節があります。

 

 

ですが本当は、不妊治療していたとしても

夫婦の体力面や夫婦関係に支障が無ければ

通常の性生活を続けていたご夫婦の方が妊娠率は高いです。


受精だけが妊娠率を上げるわけではない

ステップアップすると

精子と卵子の距離は縮まり

受精率は確実に上がります。

 

 

ですが”受精すること”だけが

妊娠の可能性を高める要素ではありません。

 

 

体外受精で胚盤胞にまでは育っても着床しない人もいるように

受精の後に”着床”しなければ『妊娠』には至りません。


精液は着床を整えるスイッチをONにする

体外受精の際に

受精卵を培養した培養液を事前に体内に入れることで

妊娠率が上がると言われています(SEET法)

 

 

この理屈は培養液を受精卵より先に戻すことで

「受精卵が子宮に行くぞー!」というシグナルを送ります。

 

 

すると子宮内膜は着床準備を整えるため着床率が上がるというわけですが

培養液以外にもそのスイッチを入れるものがあります。

 

 

それが”精液”です。

なぜ”精液”や”培養液”が着床率を高めるのか

着床率を高める理由は精液や培養液、受精卵が母体にとって”異物”であるためです。

 

 

受精卵すら、半分は自分のものですが半分は夫という他人のものです。

 

 

”異物”が急に体に入ると、それから守ろうと本能、

つまり『免疫』は働きます。

 

 

花粉に対してクシャミしたり

風邪やコロナに対して熱を出したりするのも免疫反応です。

 

 

つまり、急に異物が来ると抵抗してしまうため

その反応を慣らすような役割が事前の精子や培養液というわけです。

 

結論:移殖前や人工授精前のSEXはOK、むしろ

ということで不妊治療中の夫婦の夜の営みはOKです。

 

 

むしろ、不妊治療に影響があるからと控えていた人は

無理に控えない方が良いということです。

 

 

ですが、逆にあまり良くない例もあります。

不妊治療中のSEXが良くない例

→次回に続く(9月16日木曜午後にUP予定) 

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。