妊活支援ブログ

2021-09-16 13:00:00
体外受精・人工授精中のSEXが良くない例

前回

不妊治療中のSEXが良くない例①:精子濃度

採卵・人工授精の際には精子を採取します。

 

 

その時に精子濃度が低かったり数が少ないと良くないです。

 

 

採精子の際に事前の射精間隔が短いと濃度が薄まるため

採精子の前日のSEXは控えましょう。

 

 

体外受精の中でも移殖の際は精子濃度は関係ないので

移殖日前日のSEXもOKです。


不妊治療中のSEXが良くない例②:衛生上

妊娠出来ても膣内がバイキンだらけだと赤ちゃんが困ってしまいます。

 

 

また膣内の菌バランスは子宮頸がんや子宮内膜炎などのリスクもあげてしまいます。

 

 

不潔な環境下でのSEXは控えましょう。


不妊治療中のSEXが良くない例③:卵巣の腫れ

特に採卵のための卵巣への高刺激は卵巣の腫れを生むことがあります。
卵巣の腫れは
左右どちらかの鼠径部(足の付け根の辺り)が
痛んだり張る症状として感じるでしょう。
SEXでは卵巣への刺激はほとんどないと思われますが
生殖器に負担がかかっている時は無理をさせない方が良いでしょう。


不妊治療中のSEXが良くない例④:夫婦関係

人工授精や体外受精にステップアップした理由が

セックスレスや射精不全などのSEXにおいての機能面である場合

無理なSEXは不妊治療に良くないというよりも夫婦関係に良くないでしょう。

 

 

不妊治療による夫婦間の気持ちのズレが

夫婦生活を終わらせてしまうことも時々目にしています。

 

 

夫婦の幸せの形としての”命の誕生”ですので

例え妊娠できたとしても

夫婦の形が壊れてしまう妊活は「本当の妊活」ではありません。

 

 

元々理由があってSEXをしていない夫婦は無理をしないでください。

伝えたいこと

『セックスレス→不妊治療』であれば

不妊治療中のSEXはお勧めしません。

 

 

性生活がない夫婦の形を否定するつもりはないので

むしろ今の夫婦の形を壊さないでください。

 

 

『不妊治療→セックスレス』であれば

不妊治療に対してストレスも抱えているはずですが

そこにセックスレスでの欲求不満によるストレスも溜まっているかもしれません。


 

何となく不妊治療中のSEXが良くないと思い込んでいた人は

そんな考えを捨ててご夫婦の気持ちが合うときはSEXしましょう。

 

 

妊娠率を上げるためにという理屈をつらつらと書きましたが

もっと単純に夫婦生活を楽しみましょう。

 

 

不妊治療は夫婦生活を縛るものではありません。

 

 

夫婦のお気持ちが合った時にSEXしましょう。

タイミング法のまとめ

→次回(9月19日午後にUP予定)

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。