妊活支援ブログ

2021-10-19 19:16:00
間違ったホルモン剤の連用は老化を生む

(この記事は2分で読めます。専門度★★★)

 

 

ホルモン剤過剰は渇き(老化)を生む

ホルモン剤をむやみやたらに使用することは

卵巣の疲労を生み、卵の老化に繋がります。

 

 

しかし、ホルモン剤がないと妊娠できない人もいます

 

 

その場合、ホルモン剤の使用を過度にならないようにしながら、漢方で潤いを補助し、

よりホルモンの感受性を高めて効率を良くすることが大切です。

 

 

もちろん、ホルモン剤が合わない人の場合は

ホルモン剤を使用せずに自分本来のホルモンの力を活かす漢方を使用するなども臨機応変に対応します。

 

 

現代の不妊治療は、妊娠力を高める治療と称していますが

実際のところは一時的な妊娠力向上が主であり

先を見据えた治療でないのが現実です。

 

 

一時的に妊娠力を高めた時に成功すれば良いですが

なかなかそうもいかないのが現実で、次こそは!と繰り返し

気が付くと連続でホルモン剤を多用してしまっていることも多いでしょう。

 

 

そうしているうちに気が付くと妊娠力が下がってしまい

不妊治療で前に進むはずが停滞、さらには後退し

欲しい気持ちが強いほど妊活全てが負担になってしまうでしょう。

精神安定剤も陰虚を生む

そうした心の負担から、精神安定剤に頼る方もおられます。
しかし精神安定剤ホルモン剤以上に身体を渇かす副作用が・・・

次回(10月22日金曜日にUP予定)に続く。

 

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。