妊活支援ブログ

2021-11-04 19:20:00
ストレスが生殖器に与える影響

(この記事は3分で読めます。専門度★★★★)

ストレスは血流悪化を生む

交感神経が昂っている時は無意識に身体に力が入ります。
「交感神経が昂る」という表現が分からない場合は
”緊張した時”を考えてみましょう。
緊張時は肩に力が入って身体が固くなるイメージはわかりますね。
力が入ると大きな筋肉に血が集まりますが
逆に毛細血管は縮み上がり血が通いにくくなります。
卵巣や子宮へ酸素や栄養を送っているのは
最終的には毛細血管です。
つまり緊張状態やストレス状態は一時的ではあまり問題ありませんが
長い期間その状態にあると子宮や卵巣機能が落ちてしまいます。
強いストレスを受けた時に生理が飛んでしまったり遅れる人がいますが
これは「ストレス→血管収縮で生殖機能低下」によるものです。

ストレス時の血行改善の漢方薬

  1. 血府逐瘀丸
  2. 芎帰調血飲第一加減
  3. 野牡丹+逍遙散を始めとした柴胡剤
  4. 野牡丹+香蘇散
  5. 折衝飲+逍遙散を始めとした柴胡剤
  6. 折衝飲+香蘇散
”柴胡”と言われる生薬はストレス時などの気鬱改善のお薬に有効です。
その為、ストレス社会と言われる現代では柴胡の入った処方が使われる機会が多く
それらを”柴胡剤”と言います。
ストレスからの気鬱を改善する作用は良いですが
柴胡剤は基本は気を動かすだけで血を動かす作用は弱いため
柴胡剤+血剤の組み合わせで子宮内をお掃除しながら
ストレスを緩和して身体を整えていきます。
子宮内を整えるお薬は前回にも出場した野牡丹や折衝飲
また、柴胡剤は少し身体を乾かす作用があるため
渇きすぎないように潤い要素も補助として追加したり
柴胡剤が身体の負担になる人には香蘇散などの理気剤で調整していきます。

補足

ストレスは環境によるものもありますが
自分で生み出してしまう性格の方もいます。
特に妊活は妊活が上手くいかないこと自体がストレスであり
その原因は治療方針に対して先が見えないと感じることや
自分の身体への不安が強くなるためでしょう。
上記の漢方で気鬱を取ることも大事ですが
身体作りを通して自分の身体に自信を持ち
これからの妊活の道筋をはっきりとさせることでストレスを軽減することも大事です。
平成堂薬局での子宝相談は漢方を出すだけでなく
カウンセリングも兼ねているのはその為です。
妊活がストレスになっている人はとても多いです。
1人で悩まず
漢方薬でも妊活カウンセリングでも
赤ちゃんを受け入れるための身体作りをしたい方はご相談ください。

体内の邪熱により血流が良くない場合

→次回 『11月6日(土)』 にUP予定

 

いつも当ブログをお読みいただき

ありがとうございます

 

 

このブログを読んだことが

赤ちゃんとの出逢いへ繋がれば幸いです

 

 

また、私の言葉がに届き

ブログ以上に私の力が必要と感じましたら

お気軽にご連絡ください

 

 

妊娠する為に必要なパズルのピースは

心も身体も人それぞれです

 

 

妊活サポートカウンセリングにより

妊活に対しての不安”を

妊娠できる自信”に変え

 

 

子宝相談から導かれた体質を基に

あなたの体質に合ったあなただけの漢方薬の調合により

赤ちゃんが気持ち良く育てる環境作り

体の内側から行っていきます

 

 

心の通った技術性・臨床性の高い子宝相談が

あなたの妊活を全力でサポート致します

 

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。