インフォメーション

2019-09-06 19:05:00

今日は子宮頸がんの要因となり得るHPVについてです。

 

名前にある通りウイルスですので、感染することが始まりとなります。

感染ルートはほとんどが性交渉によるもので、性交渉経験のある8割の女性は閉経前までに1度は感染しています。

 

ですが、ほとんどが発症に至らず、気付いていません(感染していても自覚症状はないため検査しない限り気付きませんが)

 

それは身体を守る力、つまり免疫力のお陰です。

風邪やインフルエンザにかかりやすい人、かかりにくい人がいるのは日常の中で自分と他の人を比較して感じられることと思います。

 

一時は死亡原因のトップであった結核も、実はこっそり感染していても9割方は発症に至らずに治っています

 

それはやはり免疫のお陰なのです。

 

水虫になる人も白癬菌というカビ排卵期に陰部が痒くなる膣カンジダ、つまり感染症であり、世間には感染症がたくさんあります。

 

降圧剤糖尿病の薬抗がん剤などは年を追うごとに新しい薬は増えても抗生剤ほどの寿命の発展には繋がっていないように、

 

西洋医学の一番の功績は結核を始めとした感染症の特定とそれに合う抗生剤を見つけたことだと個人的には思っています。

ですが、菌・ウイルスの特定ができても、それを倒すだけの抗生剤が無いものもまだまだ多く存在します

 

その一つがHPVで、予防注射というものは存在するものの、感染した場合に身体から除去する抗生剤なるものは存在しません

 

感染が発覚した場合は(色々な試みがある場合もあるとは思いますが)現代治療では基本的にウイルスを自分でやっつけられるか定期的に観ること

 

つまり経過観察だけ。

 

それで治ったら良し。

 

治らずガン化したり、そのリスクが高まれば円錐切除子宮全摘などでガン化する可能性から絶つという形です。

経過観察。後に治ったら良かったね、か悪くなったら取ってしまうか。その2択・・・(まるでギャンブルのよう・・・)

 

HPVには、限られた種類だけにはなりますが、感染予防できる”ワクチン”が存在します。

 

ワクチンに関しては日本では国が摂取推奨からの副作用問題で1度大きな騒ぎになったことで

 

今でも世間では警戒MAX状態です。

 

それに関しては副作用は嘘だった子宮頸がんに有効だからすべきやはり副作用は怖いなどの意見が乱雑に見られ、

 

どの意見を信用して良いのか、今の段階ではわかりかねます

 

まだ静観することが一番なのではないでしょうか。

 

今回のテーマは感染した後のことですが、それは感染しにくい身体作りにも繋がる為、

 

今回と次回書くことを心がけるだけでも、自分自身でワクチンを作ることにも繋がるんだと思って読んでください。

8割の人は作れているのですから、あなたの何かを変えるだけでそれが出来得るのです。

 

妊娠することも、外邪から身体を守ることも、科学の発展に頼るだけでなく、自分の力をもっと信じてあげましょう

 

自分の力が足りないと感じるならば、伸ばせば良いのです

 

科学の発展は確かにめざましいとは思いますが、一方で妊娠率・出生数は上がっているのでしょうか

 

今ではタイミングでできなければすぐに人工授精体外受精顕微授精に移行することもありますが

 

数十年前にはそれらは無かったのにもかかわらず、妊娠率などでは現代は圧倒的に負けています。

 

これは科学に頼った結果、自分達の本来の妊娠力が落ちているためかもしれません。

科学の力を疑っているわけではないです。むしろ凄いものだと思っています。

 

頼りすぎて自分の力が出せなくなるのではなく、時に頼っても良いですが、

 

自分でできることは自分で改善していく気持ちが大切だと思います。

 

たった数十年、世代でいうとたった2~3世代生殖能力が遺伝子レベルで落ちるわけがありません

 

自分の隠れた力を発揮できるように、漢方・生活習慣を今一度見直してみましょう。

 

 

 

本格的なHPVに対しての漢方治療に関しては次回に続く・・・

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-09-05 13:34:00

前回は”月経痛”という身体からのサインを妊娠力向上に活かしていくお話

を書きました。

 

今回は月経前・月経中の頭痛、それに伴う吐き気・嘔吐について解説とそれを妊娠力向上に繋げるお話を書いていきます。

月経前と月経中の身体の状態

月経が来ているのに出血しない人はいないですね。
出血しているということは、月経前が月経周期の中で一番、身体から血が失われている状態というのはわかると思います。
逆に言うと出血前である月経前に血の総量が一番多い状態になるということです。
またその血は他の時期よりも子宮に集中しているというのもわかると思います。
血はイメージ湧きやすいですが、と同じように重要であり
血の多い月経前にはそれに伴って気も多い状態であり、また月経という作業を行うために気も子宮に集まっています
気のつく言葉での気分気持ちなどは一日の中でも変動が激しいなどからもわかるように、気は気分屋です。
月経前に子宮(本当は衝脈)に気が充満することにより自由に動きたい気がギューギューに詰められるため、
ためにその経絡に関わる部位は風船のようにパンパンに張ったように胸に張りを感じたり、腹部に張りを感じたり、コメカミに張ったような痛みが出てきます。
気はエネルギーですので、局所に滞ると熱を生み、その熱が悪さをすることもあります。
例えば大腸にその熱が行けば月経前の便秘頭部に行けばノボセ肌に行けばデキモノ口に行けば口内炎など、多岐に渡ります。
アトピー持ちの方で月経前にひどくなり、月経でスッキリするなどはこういったことが原因が多いです。
例えば人前などで緊張した時にノボセっぽくなったり、恥ずかしさで顔が紅潮するのは
緊張や羞恥心により気が滞り熱を生んで顔に症状が現れているのですね。

頭痛の場所・質から特性を見分ける

気の滞りでの頭痛は先ほどの張った痛み、部位はコメカミなどが多いですがその都度場所が移動するなどの特性もあります。
痛みは出たり引いたり出たりを繰り返し、それこそ”気”の気分屋のような頭痛です。
”気”繋がりで、気圧の変化によって頭痛が顔を出すこともあります
血の滞りが原因であるとズキンズキンと脈拍に合わせた痛み刺すような強い痛み、また部位も固定的でいつも同じ場所です。
胆経のコメカミに出やすいことが多いです。
寒凝を伴うと、ギュッと絞られるような痛みのこともあります。
水の滞りが原因の頭痛では、痛みは鈍痛であり、頭全体に及んだり、集中力が落ちたり頭が重たく感じたりします。
湿度の影響で頭痛が強まることも多いです。
他の部位では後頭部~首筋前頭部、また頭頂部の痛みなどもあり、それらは経絡の流れで陽明経厥陰経太陽経などを考慮したり、筋膜の緊張なのか血の巡りなのかリンパの問題なのかなども含めて考えていきますが、妊活に絡むことは少ないかもしれません。

頭痛や吐き気の原因

頭痛にしても吐き気にしても、なぜ子宮の問題が頭痛や胃→口などの上部に出るのでしょうか
それは本来、食べたものは口から入り胃→小腸→大腸などの流れで下っていくのが常です。
気の滞りがあるとその下る流れが阻止されてしまいます
下方向に行けないのであれば、横に消化器官を破ってしまうと死ぬリスクもあり、相当なストレスでないと起こりません
下も横もいけないなら、入ってきた上にしか逃げ道がありません
ですので、その溜まったエネルギーが一気に上方向に突き抜ける吐き気頭痛となります。
気だけの問題であれば吐き気えずきですが、水滞が強く絡むと嘔吐になってしまいます。
嘔吐物の消化の度合いでも未消化物であれば胃は冷えていますし、消化されていて臭いもきつければ熱が絡むなども考えていきます。
つまり、頭痛や吐き気は「”頭痛”の薬にはこれ」ではなく、頭痛の質や部位、出るキッカケなどを重要視するのです。
その分析により、気・血・水や五臓・八綱の問題とまたそれを妊活の状態になぞらえることで、妊娠力を上げるように考えていきます
繰り返しになりますが、月経前は誰しも身体に気血が溜まります
特に月経に深く関わる衝脈に気血が溜まり衝脈は肝経などとの関係が深く
肝経→情緒をコントロールする経絡であり、胸を通るために月経前の情緒の変動や胸の張りは、多少なりとも皆さん感じやすくなります
この生体反応は正常なことですが、その症状の強さが正常の範囲内か、それを超えて身体に負担をきたしているかなどを漢方家は見極めています
例えば今回のテーマの”頭痛”や”嘔吐”からの状態を探っているんですね。
ただ身体のことを心配して質問しているのではなく、身体の状態を思い描きながら色々聞いているのです
「片頭痛には呉茱萸湯」など痛みの場所も痛みの質も原因も考えない漢方処方のなんと多いこと

「妊活で漢方を飲んでます」という人も大概、その人を見ないで『不妊だからコレ!』というものを出されている人が多いです。

 

しっかりと相談できる人に相談することで、自分の妊娠力を上げていきましょうね。

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-09-04 12:52:00

前回の”月経痛と痛み止め

痛み止め薬の弊害を書きました。

 

痛み止めを飲まず、痛みを我慢しろといっているわけではありません

 

しんどい時には痛み止めを飲んでも良いんです。

悪いのは身体からのサインを無視してしまうことです。

 

月経が終わり痛みがなくなったらすべて忘れてしまうのでは身体は悪化の一途を辿ってしまうという話でした。

 

しかも目に見えない内側からじわじわと

 

元気な時こそ、身体を立て直すチャンスなのです。

元気になると忘れがちですが、しんどい時に出ていた身体からのサインを見過ごさないでください。

 

見過ごしているうちにどんどん状態は悪化し、痛み止めなしにはいられない状態になってしまうばかりか

 

月経の本来の目的である、赤ちゃんを育む場が荒れた状態が当たり前になってしまっている方もいます。

 

今妊活中の人は、これを見て「過去に戻れたら自分を叱りたい

 

今妊活中ではない人は「先のことを今考えていても仕方ない。ツラい時に一時しのぎで何が問題あるの」

 

そう思っている人がほとんどでしょうが、過去や未来の自分に責任転嫁しない

 

今の自分を変える一歩を踏み出しましょう

過去は過去!

 

今を変えたら未来は変わります

 

今の自分を変えられない人は、未来に今以上の辛さが待っているというのは覚悟してください。

 

今鎮痛剤を使って一時しのぎしかできないのであれば、先の辛さを受け入れることはきっとより難しいでしょう。

 

そんな方はしっかりと以下の内容を心に留めましょう。

 

私がその状態を改善するために提案するのが漢方薬での月経痛を始めとした子宮環境を整えることです。

前回書いたように、月経痛は血行不良が原因でプロスタグランジン増加し炎症が起こることでの痛み

 

子宮筋の過緊張からの痛みがほとんどです。

 

血流環境が負担となり、炎症が起きてしまうタイプの月経痛は経血の血に酸素が通っていません

 

例えば鮮血色ではないドロドロしている、粘りがある、血塊があるなどです。

 

傷を負った時に出る血は鮮血でサラサラしていると思いますが、

 

時間が経つと黒ずんで固まることで止血していきますね。

 

これは血管外に血が出たため、酸素の供給や体温が伝わらなくなったため(気が抜けていく為)です。

 

体内であるのにも関わらず経血がそういった状態に近い人は、

 

血行不良が原因で、活き活きとした血と元気のない血のムラが生じてしまっているということです。

もちろんこれは赤ちゃんにとって良い環境ではない為、目に見える形でそれが出てきたり月経痛としてサインが現れるのです。

 

もちろんそのサインに対しては血流改善の漢方薬で対応していきます。

 

気不足故に血が滞る気虚血瘀、気の巡りが悪いことで生じる気滞血瘀、血が足りなくて流れが悪くなる血虚血瘀、冷えによる血行不良の寒凝血瘀、熱の存在が血の潤いを飛ばして血行不良する熱性血瘀、リンパ(水)の汚れが血の巡りにも悪影響を及ぼす痰瘀互結、打撲の痕に青あざができるように、物理的要因でできる瘀血、それと同様に手術により経絡の流れが寸断され瘀血を生成されるなど様々です。

 

それと生まれつきの血瘀体質ですね。

 

生まれつき以外は何らかの影響がないと瘀血はできません

 

血の巡りが悪いと言ってもこんなに原因があるのです。

 

しかも実際はこれらの原因が単独でなく複数絡んでいることが多いです。

 

病院のようにただ瘀血あり→駆瘀血薬→桂枝茯苓丸ではなく、瘀血の原因&性質を複合的に考えて出すことが重要です。

 

探偵のようにあなたの身体に起こっていることを読み取って、その原因を究明し犯人を更生させる、これが漢方薬の力です。

子宮筋の過緊張からの痛みの場合筋膜に血の潤いを通わせること、またストレスなどの影響での自然な力みを取ることを主体として痛みを緩和していきます。

 

漢方の作用でいうところの滋潤剤疎肝理気剤などが主です。

 

それらの組み合わせにより、子宮筋膜の柔軟性を高めることで、月経痛を緩和していきます。

 

 

このように月経の痛みという身体からのサインを身体の状態と合わせて考えることで、

 

妊娠力を上げるためにどんなお薬を出せば良いのかという解釈に落とし込んで考えているのです。

 

そして実際に妊娠へ導いております

その効果には個人差があり、1周期目から痛みが緩和する人もいれば、

 

3ヶ月~半年ほど経ってようやく痛みが緩和したりする場合もあります。

 

また、妊活を支援する上では妊娠力を上げることが一番であり、

 

その上で月経痛の原因と妊娠力向上の方向性が一致しない場合もあり、その時は月経痛の変化が少ないこともあります

 

月経痛は身体から出ている一つのサインでしかない為、他に出ている色々なサインを加味して

 

今一番あなたの妊娠力に必要なものを探していくのが私の仕事です。

 

強い月経痛に悩むあなたは、痛み止めで誤魔化してばかりいないで、今からそれを治すためにご連絡くださいね。

 

もちろん、妊活だけでなく月経痛がツラいことが主訴のご相談も受け付けております

 

今の痛みの辛さや今後のあなたのお身体の為、また未来の自分を変える為にも、

 

お身体を見直すキッカケを作っていきましょう

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢いが

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています。

 

私の言葉が心に届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください。

 

妊活サポートカウンセリングで妊活への不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します。

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は”今”ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください。

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-09-03 17:20:00

本来の健康体であれば症状が見られないはずの”月経痛”。

 

今や生理痛用鎮痛剤のCMが多数みられる程、世間では月経痛があることが一般的になってしまいました

 

月経さえ来なくなってしまえば良いと思うほど強い痛みに悩まされる人もいます

 

そもそも月経痛はなぜ起こるのでしょうか

 

痛みがない方が幸せに過ごせるはずなのに。

例えば痛みのスイッチをOFFできるとしたらどうでしょう。

 

歯痛が感じられなければ、全ての歯がボロボロになるのにも気づかず

 

くも膜下出血などがあっても痛みに気付かず死んでしまうかもしれません。

 

つまり、痛みは身体からの「異常が起こっている」というサインなのですね。

 

「痛みのスイッチをOFFしたらどうか」と書きましたが、実際にOFFできることがあります。それは麻酔です。

 

身近なものでは歯の治療の際の麻酔です。

 

歯医者で麻酔をした後、食事を控えるように言われると思いますが、

 

これは麻酔中に食事をしてしまうと自分の舌を噛んでも気づかないことなどもあるためにそう言います。

 

やはり痛みを感じることは大事なのですね。

 

月経痛のスイッチをOFF出来たらどうでしょうか

ロキソ〇ンイ〇クイックなどで代表される鎮痛剤は、月経痛のスイッチOFF剤のようなものですね。

 

それを飲み痛みを一時的に誤魔化しているから何があるというのでしょうか。

 

体感としては痛みが消えて楽になっているだけでしょう。

 

月経痛の起こるメカニズム

ここで一度、主な月経痛が起こるメカニズムと一般的な鎮痛剤の効果の出方を考えてみましょう。

 

月経時には子宮内膜をお掃除するためにプロスタグランジンという物質が分泌されます。

プロスタグランジンは筋の塊である子宮筋を収縮させ、子宮内から内膜(血)を排血させます

 

ここで上手く出血が出来ないとプロスタグランジンは余計に多く分泌されて炎症の原因となり、月経痛となります。

 

もしくは体質的に筋張りやすい方は子宮筋の収縮緊張が強すぎることで、月経痛となります。

一方、Nsaidと言われる一般的な鎮痛剤は、このプロスタグランジンの産生を抑制することで痛みを止めます。

 

プロスタグランジンが多くなる原因を考えずに、プロスタグランジンのみを減らすのです。

 

つまり、プロスタグランジンを抑制してしまうと、経血の排出が上手くいかず、内膜のリセットが上手くできない可能性が出てきます

 

前周期の内膜が上手く排出できていないと、その老廃物は血の滞りとなり次の内膜を作る上で負担となってしまいます。

 

すると、次の月経時にもその血の滞りが排血を妨げることでプロスタグランジンが増加し、痛いので鎮痛剤を飲んで・・・

 

無限ループでプロスタグランジンの増減を招いてしまいます

しかも、回を重ねるごとに血行不良状態は悪化し、痛みが強くなりすぎる人もいれば

 

血が上手く排出されな過ぎて痛みとしての症状が感じなくなる方もいます

 

この場合は痛みがなくなったからといって喜べません

 

むしろ痛みとしてのサインを出す機能も狂ってしまった可能性があります。

 

特別に体質改善に向けた何もしていないのに痛みがただ無くなった人はその可能性があります。

 

鎮痛剤は痛みを誤魔化しているだけに過ぎないため、それだけでは治らないばかりか悪化するリスクがあるということです。

 

月経痛の質や強さ、経過年数は人によって様々です。

 

特に月経痛歴が長い人や初経時から痛みがあった人などは漢方の服用で改善するまでに時間がかかることが多いですが

 

痛みという身体からのサインに耳を傾けましょう

明日は月経痛を中心とした漢方と養生(生活習慣)の説明を書きます

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢いが

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています。

 

私の言葉が心に届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください。

 

妊活サポートカウンセリングで妊活への不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します。

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は”今”ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください。

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

2019-08-31 13:58:00

私は普段、漢方薬とカウンセリングによって妊活応援を中心に体質改善を行っております

 

妊活サポートというのは子宝漢方カウンセリングを駆使し、”妊娠”、また無事”出産”できるまで、

 

子供を守りながら育む力を強化するためというのが相談者にとっての何よりの願望だと思います。

 

もちろんその願望にお応えできるように、相談時以外にも健康や妊活の情報を収集し、常に全力を尽くしています

 

ですが、その子宝漢方には副作用が存在します

子宝漢方の年齢・美への影響

子宝漢方での妊娠力を上げることは、ホルモン剤で無理矢理妊娠力を引き出すこととは違い

自分自身の持つ本来の妊娠力を最大限に引き出すことです。

 

つまりそれは、自分自身を本来の健康な身体へお導きびきしているということであり、

 

健康な身体というのは女性目線でいうと老化予防(アンチエイジング)であったり、

 

肌質(クスミや乾燥、)の改善シワ予防など、美容効果も体感される方も少なくありません

 

健康になる=若返る=美しくなる

 

妊活をする上で、これらの副作用を感じる人がいます

子宝漢方の嬉しい副作用

全員というわけではないですが、月経痛月経前後の不調冷え、また便通の不調なども漢方の服用により改善が見られる方も多いです。

 

副作用という表現で書きましたが、副作用は本来、主作用以外の作用を意味しますが、

 

西洋薬が一般的になっている昨今では、”副作用”薬の身体への負担という悪いイメージばかりついています。

子宝漢方に関して言うと、身体に合ったものは主作用である妊娠力の向上はもちろん

 

それ以外のアンチエイジング美容月経前中後の不調の改善冷え改善などが副作用であり

 

この副作用は身体にとっては良いことです。

 

棚からぼたもち」と思っていただいても良いですが、本来薬はこうあるべきと思います。

 

本来薬は身体を治すためであって、どこかに綻び(ほころび)が出るのはどうなのかなと。

 

 

 

月経症状に関しては、赤ちゃんを育てる環境作りの上で副作用というよりも主作用の範疇かもしれませんが。

 

月経の変化がわかりやすいため、当店の子宝漢方相談の上では月経の変化を事細かに掴んでいき

 

その変化が妊娠への歩みだと気付くことで、妊娠に近づけている”実感”と”自信”を感じていただくことが当店の妊活の売りでもあります。

こう書いてしまうと全部の症状の改善が見られないと効いていないのでは?と思う人もいると思います。

 

例えば、こちらの子宝漢方を始めてすぐに月経痛が改善したり、子宮とは離れた肩こりの改善が見られる人もいれば

 

あまりその辺りの変化を感じない人もいます

 

ですが、その場合のほとんどが、変わっていない症状ばかりを見つめ、経血の質の改善や体温などの改善に目がいっていないのです。

 

体質改善”と謳っているので、全部の症状が改善するイメージを思い描くかもしれませんが、

 

妊活においての体質改善を主軸としており、それに関係のない症状に関しては変わらない症状もあります。

 

例えば、子宮と離れた部位の血行不良症状(頭痛や肩こり)は、子宮への血流に関わる場合もあれば、関係ない場合など様々です。

肩こりといっても色んな原因があり、それが妊活においての原因と重なる場合は改善されるでしょう。

 

また月経痛に関しても、生殖器の一部でありながら、内膜や卵子を構成する上では関係のない場合もあります

 

子宝漢方をお飲みいただけたことで痛みをほとんど感じなくなる人もいれば、月経痛が大きく変わらない人もいるのはこの為です。

 

月経痛に関わる症状変化のみで妊娠力が左右されるわけではないので、経血の改善が見られても痛みが変わらない場合があっても安心してください

 

経血の状態改善により、赤ちゃんを育む場は確実に改善しています

肩こりや月経痛と不妊の枝が同じ場合には同様に改善し、

 

枝が違う場合は、子宮の枝は良くなっても肩こりや月経痛は変わらないということです。

 

色んな枝を含むを根本的に改善することもありますが、こちらはとても時間(数年単位)がかかる為、

 

妊活に残された時間と子宝の力を加味しつつ、状況に合わせ、幹、根、枝などを修繕して妊娠に導いていきます

 

これが私の提供する漢方での妊活です。

漢方薬には副作用がない

そういう表現をよく目にします。

 

ですが、そんなことはありません。副作用はあります。

 

しかも、今回のように良い副作用という意味でなく、身体にとって良くない副作用も存在します。

 

身体に合っていれば、その枝に繋がる色々な改善が繋がっていきますが、

 

身体に合っていない漢方であれば、西洋薬のように身体にとって不都合な副作用が出てきます

 

だから「漢方だから安心」と知識もないのに自己流で飲むのは危険な側面があると知っておきましょう。

 

 

 

漢方薬のこと、また私の子宝漢方相談についての理解が少し深まったでしょうか

 

今回はあなた自身への作用についてのお話でしたが、次回は子供のための漢方の効果を書こうと思います。

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢いが

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています。

 

私の言葉が心に届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください。

 

妊活サポートカウンセリングで妊活への不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します。

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は”今”ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません。

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください。

 

 

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...