妊活の知恵倉庫

2020-02-03 19:28:00

の続き、”問診の重要性について”です。

 

”問診”のメリットは治療者が情報を得るだけじゃない

問診をする大切なポイントはもう一つあります。

 

それは、今この記事を書いている目的もそうですが「”妊活者”が自分で自分の身体のことを知る意識を持てること」です。

 

「問診されるまでは生理のことなんて気にしたことなかった」という人は多いですが、問診されてからは今までよりも自分の生理の状態を気にするようになる人がほとんどです。

 

「そういうことを聞くのはこういう意味があるんだ!」と知れば、自分自身の妊活の為に、他人任せじゃなく自分で自分を知ろうと思うのは自然なことだと思います。

 

そうすると、次の問診時により詳しい情報を得られ、問診の精度が上がっていきます

 

問診の一番の強みは、そうして治療者主体でなく妊活者と治療者の二人三脚で進んでいけるところにあります。

逆に、妊活者が自分の身体を顧みず、漢方を飲めば良いとだけで問診時に非協力的だと効果の出方に差が出ることもあります。

 

定期的に問診する意味

ヒトの身体は常に変化しています。

 

もちろん漢方相談している目的は”妊娠できる身体”へ変化することです。

 

『漢方相談をしてから、どう変わったのか』 これが子宝漢方相談での妊活において最重要です。

 

人の身体は複雑なので、1回の相談だけで全てが見えるわけではありません

 

漢方を出し、生活習慣を改善してみることで、身体にどんな影響が起こっているのか。

 

またそこから新しい考察が生まれ、より良い状態に導いたり、そのままが一番良いなどの判断を行っていきます。

 

身体からの情報は一つずつだと””ですが、色々な症状を結ぶことで””となり、時間経過を考え線を繋ぐことで””が生まれていきます。(面から立体へは次回以降の他の三診との融合です)

漢方相談の弱みと強み

子宝漢方の弱みであり強みであるのが、妊娠力の向上がすぐには感じられないところにあります。

 

人によっては冷えがマシになり温かくなったなどをすぐ感じる人もいますが、ほとんどの方は1日ずつの微妙な変化を感じ取れませんが、長い年月をかけて変化したと気付いていきます。

 

なぜ効果が遅く出ることが強みであるかというと、確かに積み重ねた変化は後々にしっかりとした土台となって崩れにくいものとなるからです。

 

「効果が早い方が良いのでは?」と思う方は某国と日本の建造物の作り方を例に考えてみましょう。

 

某国は壁をブロック玩具のように積み重ねていくだけで建物を完成させます

 

これはとてもスピーディーで、たった数日で建てたビルの動画なども見られたり、今もコロナウイルス罹患者で足りない病院を作っているらしいです。

 

一方で日本は、建設に取り掛かるまでも設計や土台・基盤作り、使用する材質の選定などにも時間とお金を費やし、急に壁から作るのでなく、大黒柱の質・位置・立てる作業などに時間をかけ、大黒柱を中心にそれを支えるように柱や壁などを組み合わせて作っていきます

これははるかに時間がかかり、例えば同じ規模の病院なんて作ろうものなら数日なんて夢のまた夢で、数年単位で出来上がります。

 

一軒家だとしても出来上がるまでに数ヶ月はかかりますね。

 

「逆に今日作り始めるから来週住んで良いよウインク」なんてところに住みたいとは思えないはずです。

 

そういった、数日でできる建物に価値はあるのでしょうか?

 

実は、これは”価値はある”のです。ただし、地震などの外からの影響がほとんどない場所に限った話です

 

日本は地震大国であり、日本の場合にはそのスピーディーさはむしろ魅力減でしょう。

 

私だったらしっかりと建てたところに住みたいです。

 

赤ちゃんも同じだと思います。

元々の環境に問題が無い身体(地震が起こりにくい身体)の場合、ホルモン剤のスピーディーな効果だけで妊娠できるでしょう。

 

ですが、現時点でホルモン剤の使用のみで上手くいっていない場合、他の人に比べ、地震大国日本の様に、動揺しやすい身体の可能性が高いです。

 

そんな身体にホルモン剤で急速に作られた子宮環境の中で、赤ちゃんが安心して育つことができるでしょうか。

 

自分が建設に時間をかけたしっかりした家に住みたいと思うなら、赤ちゃんも同じように時間をかけた場を望むのは当然のことと思います。

 

つまり、赤ちゃんの育む場所を付け焼刃な修復で満足せず、土台作りから意識する大切さを学びましょう。

 

時間はかかりますが、時間をかける価値はあると思います。

日々の微妙な変化は感じとりにくいですが、それは月日を重ねることで確実に身体は変化していきます。

 

変化を感じ始めるのは漢方を飲み始めて1周期目の生理から感じる人もいれば、長くて半年ほどで変化を感じる人もいます。

 

皆が早く効いてくれれば、と私も治療者として歯痒く思うこともありますが、個人差があることは仕方がないことで、効果の感じ始めが遅いからといって意味がないことではなく、その歯痒い期間も必ず明るい未来に繋がっていきます。

 

また、Aという状態がBになればOKと単純なものでなく、人の身体は複雑なので、A→B→C→Dと、妊娠力を最大限に引き出すまでの漢方薬は必ずしも最初のものを飲み続ければ良いわけではありません。

 

その時の変化に応じて、より良いものをお飲みいただくことが重要です。

 

例えば、冷えて血の巡りが悪くなっている単純な場合は血を温めるお薬だけで良いでしょう。

 

ですが、血にドロドロと汚れが混ざっていることで血流が悪く、その汚れは水毒からきており、水毒ができた理由も脾(消化機能)の低下からきている場合、血の汚れを取るお薬だけを使うのでなく、脾気を高め、水毒を取り、血の汚れも除去する必要があります。

 

それらを順序だててやる場合、全部同時に攻める場合なども状態によりますので、常に経過を聞いてその状況に合わせていきます。

問診はとても重要ですが、その情報源は妊活者の声のみです。

 

「自分自身のことは自分が一番知っている」と思っていても、自分では気づかない身体の状態も多く存在し、先ほども書いたように生理の状態すら気にしていない人もいるほどです。

 

自分を把握していないと、質問に対し上手く情報を得られず、時に間違った情報が入ることで漢方処方にズレが生じることもあります。

 

その為に”問診”以外の他の”三診”からも身体のサインを読み取ります。

 

”望診””聞診””切診”についての説明は次回に続きます。

 

私の拙いブログを読んでくれた

あなたに感謝です。

 

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを

願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要と感じましたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じているのなら

 

妊活苦しさ・疲れを感じるのなら

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

2020-01-31 16:49:00

妊活において、身体に合った漢方薬を見極める上で必要なものがあります。

 

それは”身体からの情報”。

 

漢方を扱っていてもあまり勉強していない方は『不妊症』や『内膜症』、『多嚢胞性卵巣』、『貧血』などのような病名や検査結果に応じた漢方だけを出しますが、身体に合った漢方を出す上では”四診(ししん)”しなければ適当な処方となってしまいます

 

その”四診”とは、”問診””望診””聞診””切診”という4つの技術から体質を見極める方法です。

今回は、自分で自分を見つめ直すための参考として、例を交えながら”四診”についてまとめてきます。

 

問診(もんしん)

病院でも”問診”表の記入や医師の診察においても”問診”という言葉が使われる為、四診の中では一番身近でしょう。

 

ですが、現在の医療機関は”問診”という言葉は使いつつも、待ち時間は長くても医師と話す時間はほんの数分。

 

しかも本人と話すというよりは検査結果を見て一方的に説明しているだけということが多いのが現状で本来の問診にはなっていません。

 

医師は多忙であり、一人一人に時間をかけていたら全員を診てあげられないなどもあるため、問診を省いて効率を高めるのは仕方ないことだと思います。

 

だからこそ、医療機関だけでは上手くいかない場合はしっかりと問診する必要があります

 

私の場合は初めての相談では相談時間を2時間程いただいておりますが、問診時間が5割程、カウンセリング時間が2~3割、説明が2~3割です。

 

それほど問診身体に合った漢方を導くうえで重要なものなのです。

月経(生理)を知ることは赤ちゃんの育む環境を知ること

妊活においては赤ちゃんの育む環境を示す”月経(生理)”の情報は重要ですが、

 

「生理の状態はどうですか?」と聞いただけで、こちらの欲しい情報をスラスラと言える人はいません。

 

「経血の色はどうですか?」と聞いても「普通です」と答える人が大半でしょう。

 

それもそのはず、生理の状態なんて、他の人と比べられず、自分の状態しか知らない為、自分に起こっていることが”普通”と捉えるでしょう。

 

「血の色は、怪我をして出る血の様に鮮血ですか?それよりも時間が経って血が固まってくる時のように黒ずんだ色ですか?その中間であったり、鮮血よりは茶色っぽいなどはありますか?水で薄められたような色ではないですか?」

 

などと血の色だけでもこのように怒涛の質問攻めで情報を得ていきます(問診表の記載の時点で細分化もしている)。

 

もちろん、この”経血の色”はたった一つの情報でしかない為、内膜の状態を知るためには血量血の質(サラサラ~ネバつきの程度)、血塊の有無(有なら大まかな数や大きさ)、出血日数なども同様に一つずつ大事に聞いていきます。

それ以外にも生理痛の場合は、生理痛があるか無いかだけでなく、痛む部位痛み方(絞られるような痛み、刺すような痛み、重たい痛み、圧迫痛、張った痛みetc)、月経何日目に痛むか、触ると痛みは強まるか、軽減するか温めると軽減するか、ひどくなるか、変わらないか、動くとマシになるか、ひどくなるか、1日中続くか、一時的かなどで子宮にどういった負担がかかっているかを推測していきます

 

なんでこんなに詳しく聞くのか?と思う人もいると思いますが、例えば経血のことを詳しく聞く理由は

 

経血=子宮内膜が掃除されたもの」であり、「子宮内膜=赤ちゃんの寝床」ですので、

 

経血の状態を知ることは、赤ちゃんの育む環境を知り、経血の状態を改善することは赤ちゃんの住み良い環境作りに繋がるのです。

 

自分の寝床の布団を買おうと思った時に羽毛布団、羊毛布団、綿布団などの中から選び、また羽毛布団の中でもダックやグースなどの種類や、品質、軽さ、サイズ、保温性などはたくさんあり、適当に買うのでなく自分に合ったものを選びたいですよね。

 

布団だと高価で高品質なもの、つまり高いお金を払うほど誰にでも合う良いもの、と思いがちですが、高いものでも合わないこともあります。

 

例えば寝ている時に熱が籠りやすく寝汗をかきやすい人の場合、フカフカで保温性が高い高級羽毛布団は睡眠中の熱籠りを強めてしまい、睡眠の質が悪くなってしまいますが、高級な羽毛布団じゃなくても熱や空気の透過性が高い布団であると心地よく眠れるでしょう。

 

逆に冷えが強い人は、透過性の高い布団は寒さを強めてしまい、保温性の高い布団にすることで睡眠の質が良くなるでしょう。

 

同じように経血の状態から、赤味が強すぎて粘り気があり出血の勢いがあるが血の量が少なめである、といった場合、それらは子宮に熱が籠っていることからきている症状なので、熱透過性の良い状態に整えてあげる必要があります

 

血の色が紫~黒く、出血の勢いが弱く塊はあっても他はサラサラした血の性質であると、子宮内が冷えていると想定でき、温かい血を巡らせ、保温機能を高める必要があります

布団なら質なんて関係なく眠れる人もいますが、睡眠障害が出やすい人の場合は、普通の人より布団の質による影響は大きいはずです。

 

生理の状態も、気にしないですぐに妊娠できた人は気にする必要はありませんが、なかなか妊娠できない人は、そういったところから身体作りをしていく必要があるということです。

 

また、経血の状態だけでなく、月経周期の期間、生理痛の状態、生理前症状(精神的なもの、冷え、熱感、頭痛など多様)、基礎体温なども考慮し、内膜だけでなく子宮の状態やホルモンの状態も加味していき、身体の情報をからへ繋げることで、身体の理解が深まっていきます

 

またこれらは内膜の状態を整えるための情報ですが、卵子の質や排卵状況も大切です。

 

ですので、排卵時の眠気や排卵痛、オリモノ、お腹の張り、胸の張り、吐き気、浮腫みなども考慮していきます。

 

また月経期や排卵期以外の普段の中でも、冷えの状況から血流状態への影響を読み取ったり、疲労の状態から気の状態、貧血症状から血の状態、食欲や食後の眠気からも気の状態、睡眠の状態から陰血やホルモンの安定度合いなど、様々な角度から赤ちゃんにとってどういった環境作りが良いかを考えていきます。

問診の重要性が見えてきたでしょうか。

 

”問診のメリットは漢方処方を決めるためだけじゃない”&”問診を定期的にする理由”

 

といった内容は次回に続きます。。。

 

私の拙いブログを読んでくれた

あなたに感謝です。

 

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを

願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要と感じましたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じているのなら

 

妊活苦しさ・疲れを感じるのなら

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

2020-01-30 17:15:00

ほとんどの現在妊活中のプレママは不妊治療のために病院へ通い、またネットで得た情報やサプリなどで妊娠力を高めていると思います。

 

ですが、今も妊活中ということは、それらが上手くいっていないということかもしれません。

 

そんなあなたに、妊活は皆の真似をした妊活をするのでなく、自分自身の妊活を見つけることの大切さをお伝えしたいと思います。

 

不妊治療は多数決による治療方針

医療機関による不妊治療は今までの臨床データや研究した結果でできたマニュアルに沿って行うのが一般的です。

 

「10人の妊活者の内、4人はAという薬で上手くいった、2人はB、Cも2人、あとはDでは1人、あと1人は色々やっても上手くいかなかった」

 

といった場合、マニュアルはAの薬を推奨し、妊活者も確率の高いAを望むでしょう。

 

そしてAが合わなかったらB、そしてC、そしてDと確率の高い順に行っていくことが一般的です。

 

また、不妊治療はお金と身体は妊活者が消耗しますが、治療法を決めるのはほとんどが医師の独断(過去の症例多数による)であり、妊活者の意思はほとんど尊重されず、医療機関とのコミュニケーション不足は広がっているのが現実です。

 

ネットの妊活情報は少数派が際立つ

逆に、ネットで目に留まる妊活法は多数派の妊活法ではなく、少数派である奇抜な妊活法です。

 

例えば、妊活の食事において、

 

「バランスの良い食生活で妊娠できた!」 と 「1週間で納豆を3kg食べたら妊娠できた!」

 

などの記事があった場合、目を引くのは納豆の方ではないでしょうか?

 

当たり前の内容よりも、少し嘘っぽいくらいの「えっ?!そうなの!」と思う記事の方がとりあえず読んでみたくなるはずです。

 

しかも、”納豆!の場合も偽りはなく、その人はそれで妊娠できたというのは事実なのが厄介ですが、それが皆に当てはまる方法かというと難しいことの方が多いでしょう。

 

このようにネットの場合は、皆に当てはまるかどうかよりも”面白い”、”趣深い”ものが目立つ傾向にあります。

 

アメブロも良い例で、一般的なことをしているブログよりも奇抜なブログの方が世間の心を刺激しているはずです。

 

特に、これをしたら”1ヶ月で妊娠できた!”や”3ヶ月で妊娠できた!”などの短期間ワードがあると、どんな方法でもとりあえずやってみても良いかなと思うはずです。

 

一つ一つの期間は短くても、複数回色んな方法を試しているうちに、ふと気が付くと積み重ねの中で長い月日が経ち、またいろんな方法の影響で身体は複雑になってしまいやすいです。

 

何より、アレを試してダメだった、コレをしてみてダメだった、などと繰り返しているうちに何をどう信じて良いのかわからなくなり、妊活によって心が疲れてしまいます。

 

大事なのは”自分に合った妊活”を見つけること

大多数が上手くいっている方法は、もちろんあなたも上手くいく可能性は高いはずです。

 

ですので一般的な不妊治療を否定するつもりはありませんし、実際にそれで妊娠出来ている人も多いです。

 

ですが、”大多数に良い”というのは、逆に言うと全員が上手くいくわけではなく、合わない人もいるということです。

 

先ほどの10人の例だと、Aは他の薬と比べると一番優秀ではありますが、Aで上手くいかなかった割合は60%と、半分以上の人はそれで上手くいっていないのです。

 

私が力を貸して妊娠に導きたいと思う人は、そんな一般的な方法から溢れてしまった人たちです。

 

現在のお不妊治療の難点は、マニュアルや確率論をベースにし過ぎてその人の状態を見ていないところにあると思います。

 

例えば顔色や常日頃の元気さ、精神的なタフさ、生理の状態、基礎体温の状態、ホルモン剤を使用した時に結果だけでなくその過程での反応を見ているかというとほとんど見ていないでしょう。

 

生理痛がある人もない人も、血塊がある人もない人も、生理周期が乱れている人も正常な人も同じ治療法で良いのでしょうか。

 

そんな状態を見なくても妊娠した人はそれで良いと思いますが、身体からの信号を見過ごしてチャンスを逃してしまっているのは悔しくありませんか?

 

「身体からの信号を大事にし、心の声を聴いて欲しい」

 

これは例えマニュアルに沿うことを信じている妊活者でも、不妊治療を続ける中で芽生える感情でしょう。

 

私はそのを、身体からの信号を、あなた自身を一番に考え、あなたをあなたに合ったベストな妊活法へ導きます。

 

 

 

「不妊治療をやっているが、皆が上手くいく妊活では自分はあまり上手くいっていない。だからネットの情報に頼ろう!」と思うことも悪くはありません。

 

可能性を見出すために色々なことを知ることは大事なことです。

 

ですが、それが自分に合っている情報かどうかを判断する力が無ければ、その努力はマイナスに働いてしまうこともあります

 

ネットに飛び交う情報の中から自分に合ったものだけを取ることはできますか?

 

不妊治療以外に自分でできることとは?と思い至っても、何が自分に合っているのかがわからずにスマホを手放せず、頭の疲労は強まるばかりでしょう。

 

例え自分にたまたま合った方法に巡り合えても、妊娠力の向上はすぐに体感できるわけではないので、それに気づかずに続けられないこともあるでしょう。

 

苦しい妊活から抜け出すには道しるべが必要

多数派の妊活少数派の妊活の中から自分に合う妊活方法を探すことに疲れたなら自分の妊活探してもらいましょう。

 

その道しるべとなるのは”子宝漢方相談”です。

 

漢方相談は身体の状態はもちろん、あなたの心の叫びもお聞きし、あなただけの妊活を探し出し、そしてその妊活をゴールまで支えることができます。

 

そうなんです。

 

漢方相談は漢方を飲んでもらえばいいだけではなく、漢方相談を通して心が楽になることはもちろん、自分の身体の状態を知ること、これからどんな妊活をしていけば良いのかを一緒に考えること身体に合った漢方を飲むこと、生活習慣の中で自分が何に気を付けるべきなのかということなど、様々な角度から相談することが可能なのです。

 

それはもちろん、漢方相談は他の期間での不妊治療との併用も問題なく、むしろホルモン剤の効果を高めたり、副作用や老化などの身体の負担を軽減させることにも働き、至れり尽くせりです。

 

妊活にストレスを感じる方へ。

 

今の妊活は霧がかって、ゴールへの距離感もわからなければ、方向も定まっていない感覚だと思います。

 

ですが、必ずあなたの求める妊活はあります。

 

あなたの求めている”妊活”はきっと、漢方相談することで明るく、そして霧が晴れて見えてくることでしょう。

 

 

私の拙いブログを読んでくれた

あなたに感謝です。

 

このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを

願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要と感じましたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じているのなら

 

妊活苦しさ・疲れを感じるのなら

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

2020-01-29 19:27:00

妊娠する為に必要なことは

 

・子宮内膜を整えること

 

・受精卵(卵子と精子)の質を高めること

 

です。

 

また、年齢と共に妊娠率は低下し、流産率は上昇しますが、

これは”卵子の老化”によるところが大きな理由です。

 

”子宮内膜”は赤ちゃんにとっての寝床であり、重要ではあるのですが、”老化”という側面においては影響は受けにくいです。

 

”卵子提供”から見えてくること

”老化”と妊娠率、流産率の関係は上図を見ると一目瞭然ですが、なぜその理由が子宮の廊下でなく、卵子の老化由来だとわかるのでしょうか。
それは、”卵子提供”の妊娠~出産結果を見るとわかるでしょう。
ドナー卵子とは第三者から提供された卵子(20~30歳の卵子)であり、ドナー卵子を使用した体外受精は、胚移植する母体側の年齢に関わらず、ほとんど50%ほどの出生率であることが分かります。
(20代で上下が激しいのは、卵子提供を行う臨床母数が少ない為、変動が大きくなっています。)

子宮の状態は戻せるが、卵子の若返りは難しい

ドナー卵子であれば閉経間近な47歳であっても問題なく妊娠&出産出来ていることが分かりますが、

 

逆に自己卵子であると30代前半から出生率に10%も開きが生じてしまっており、

 

35歳以降はさらに明らかに妊娠低下傾向となり、

 

それからたった10年しか経っていない45歳には高度な不妊治療技術の体外受精や顕微授精であっても出生率は0~2%です。

 

ほとんどの人がしている医療機関での不妊治療では飲み薬や点鼻薬、注射などを多用して卵巣を高刺激し、数多くの卵子を育てます。

 

現代医学では「卵子の質を高める方法は不明」とされており、つまり数多く採り、「数撃ちゃ当たる」戦法で良い卵に当たるように攻めていきますが、ホルモン剤による刺激は卵子を若返らせることは無く、むしろ刺激し終わった後に残された原子卵胞の老化は加速してしまいます。

 

一度老化した卵巣・卵子は若返りません。

 

なぜ漢方は『卵子を若返らせる』などと謳うのか

それには、2つの理由があります。

 

1つは本来の力を引き出せていない為に、実年齢より劣った力しか発揮できていない場合に、それを引き出すことができること。

 

もう1つは、若返らせることはできなくても老化を遅らせることはできます

 

例えば、見た目が老けて見える人を若作りして美しく変化することがありますが、これは前者です。

 

本来の年齢以上に若返らせることはできませんが、血の巡りや身体の機能を高めることで肌にハリとツヤが出て若返って見えるように、

 

今は一見して卵子の質が低下し、妊娠率が年齢以上に低下していても、お肌と同じように卵子にハリとツヤを出してプリプリの質の良い卵子を作れるように漢方で身体作りすることができます

 

ですが、その効果は過ぎた時間は戻せませんので、効果には限界がありますが、逆に言えば限界まで自分の力を引き出すことができるということでもあります。

また、広告などでも見かける「この方は何歳に見えますか?→実は〇〇歳!」のように、見た目が信じられないほど若々しい人がいます。

 

これはちょっと若作りした程度では難しく、常日頃の身体のケア数年~数十年単位で気を付けてできた差です。

 

そんなに期間がかかるのか・・・効果は早く出て欲しい・・・と思うかもしれませんが、自己卵子とドナー卵子の図を見返してみましょう。

 

例えば自己卵子が35歳の頃と、その2年後の37歳の時の出生率の差は10%ほど低下しています。

 

たった2年で10回に1回、もしくは10人に1人の赤ちゃんが産まれなくなる状態になるということです。

 

更に言うと、35歳時点で40%だったものが30%となるので、自分が妊娠・出産出来る可能性の1/4も失うということになります。

 

とても大きい変化ではないでしょうか。

 

2年は捉えようによっては長い月日ですが、妊活している人はわかると思いますが、妊活していての2年はあっという間です。

 

そのあっという間に1/4の可能性を失ってしまうのです。

 

しかし、この期間に漢方を飲みながら妊活すると、(ベースとしてこの平均線よりも出生率は上がることもありますが、)

 

下降ラインの斜面がなだらかになり、2年で10%減のところ、2~5%ほどと老化の影響を半減することができます

 

今妊娠出来たらそれに越したことはありませんが、妊活している中で、一番不安に思うことは、”自分には一生子供が授かれないんじゃないかという恐怖”でしょう。

 

すぐ効果が出ないからと焦っていると、逆に遠回りになってしまい、また気が付くと人生全体においての妊娠するチャンスを大きく逃してしまうこともあります

 

長い月日をかけないといけないとは言いませんが、命の誕生はあなたの、またあなた達夫婦の一生に関わる出来事であり、その数年間の過ごし方は人生を変えるものです。

 

まずは卵子の老化を止めよう

卵子の質さえ高くなれば、子宮内膜を整えることは後からでも大丈夫です。

 

もちろんこれは、自然療法、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精などの様々な状態にもよるので全てに言えることではないですが、

 

特に体外受精・顕微授精は質の良い受精卵を育てることが何より優先されるべきで、移殖するのは間をおいて良いのです。

 

卵子の老化を止めたいけれど、方法が分からない方は、是非相談してください。

 

 

私の拙いブログを読んでくれた

あなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを

願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要と感じましたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じているのなら

 

妊活苦しさ・疲れを感じるのなら

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

2020-01-28 19:20:00

「不妊の原因の半分は男性側にある」と言われます。

 

その言葉に隠された”真実”を暴こうと思います。

確かに『精子の問題』と『卵子の問題』、『子宮内膜の問題』のように、妊娠する為のポイントのみを取り出した場合、精子に問題がある割合は24%+24%=48%とほぼ半分の割合であることに間違いはないでしょう。

 

しかしこの数値はWHO(世界保健機構)によるもので、その前提条件『避妊しない性行為によって少なくとも12ヶ月経過しても妊娠にいたらない場合』の不妊原因率です。

 

この前提である”避妊しない性行為”を正常に出来ているカップルはどれだけいるでしょうか?

 

日本はこの前提条件の時点で圧倒的ビハインド

ここで世界日本性交回数を比較してみましょう。

 

日本の性交回数は48回/年であり、世界平均は103回/年です。(ちなみにトップのギリシャは164回/日)

 

グラフを見ることからわかるように、日本は明らかにダントツで最下位であり、世界の平均回数の半分にも満たないことが分かります。

 

晩婚化や独り身の増加によって性交回数が減少していると考えるかもしれませんが、子供を望む妊活中の夫婦であっても日本の平均の48回/年、つまり週1回すら満たしていないことも少なくありません

 

私の相談経験では、私が妊活相談する前時点での性交回数は1周期に1~2回、または週に1回以下の夫婦が7割以上であり、年の性交回数は20回にも満たないようなカップルも多く見かけます。

 

ここで、先ほどのWHOの不妊条件に戻ってみましょう。

 

『避妊しない性行為によって少なくとも12ヶ月経過しても妊娠にいたらない場合』です。

 

この条件には”12ヶ月”という期間は書いていますが、回数は書いていません。

 

ですが、これは暗に性交回数においては世界平均を満たすことも含まれます。

 

その点において、日本は世界の性交回数平均の半分以下であるということ。

 

つまり、こと日本に限っては、不妊原因は男性のみ24%、女性のみ41%、男女両方24%は正しくなく、不妊の原因は性交回数不足の割合が多くを占めてしまっています

 

しかも、性交回数不足の原因の多くは男性側にあり(後述)、冒頭の「不妊の原因の半分は男性にある」というのは間違いで、半分以上の割合で男性に原因があるとわかると思います。

性交回数減少の原因

セックスレス傾向を生んでいる原因は、男性側が忙しく時間が取れない、単身赴任で物理的に無理、疲れて性交するどころではない、タイミングの日と意識すると勃起や射精に問題が生じるなどの、男性側の問題がザクザク出てきます。

 

「疲れているから寝たい」 「嫌なことは酒で忘れたい」 「性欲が湧かない」

 

相談にのっていると、これらのような声をよく聞きます。

 

つまり、他国や過去の日本の肉食系男子であれば性欲>>>疲労・睡眠ムキーであったものが、疲労・睡眠>性欲チーンとなってしまっているのが今の日本の男たちです。

 

性欲の減少は何も気持ちの問題だけではありません。

 

実際に昔と今の精子数を比べると、総精子数はたった40年間で59.3%も減少しているという結果が出ました。

40年といえばたった1~2世代の違いです。

 

自分の父や祖父と比べて半分以上の精子が失われているというのはかなり衝撃的な結果ではないでしょうか。

 

精子数は激減、性欲も減退。そしてセックス回数も減り・・・

 

男性の性欲減退の原因と対策

「疲れ>性欲」ですので、疲労が原因の一つではあるでしょう。

 

それに対して医療現場では”補中益気湯”を出すことが多いようです。

 

気を補って疲労を取り去り性欲を高めるとても良い漢方薬です。

 

本当に”気不足”で性欲が減っているならこれで効くこともあるでしょうが、ほとんどの男性の性欲減退原因は気不足ではない為、効かないことが多いでしょう。

 

もう一つは、腎の低下=性欲の低下であるため、腎を鼓舞させる”八味地黄丸(八味丸)”を出されることも多いでしょう。

 

腎=生殖機能は男性にも当てはまりますので、これも時に効果は示しますが、水毒体質の人には八味丸の地黄が負担になったり、附子が陽気を巡らせすぎて生殖機能を守らないことにもなりかねません。

 

男性不妊専門の医療機関であっても男性に出す薬といえばこの2つばかり見かけますが、実際に性欲や精子の質を高める上では身体の疲労ではなく、頭の疲労を取る”抗酸化物質気を巡らせる疎肝理気剤、また補腎薬は補腎薬でも、陽気を走らせるのでなく、真陽を補う鹿茸海馬海狗腎などを含む方剤が良いでしょう。

 

疎肝理気剤は保険適応の漢方でもありますが、抗酸化剤や補真陽剤は保険適応外のものしかなく、それだけに効果はしっかりとあるでしょう。

 

例えばマムシ!スッポン!などのような滋養強壮ドリンクはそれらの真陽を多く含み、1本で高価なのにも関わらずリピート客が多いことからも効果は実証済みです。

 

ですが、毎日そんなものを飲むわけにはいかないので、日々の中で腎を補うものをその人に合わせて飲むと、性欲や精子力は昔の力を取り戻すでしょう

母は強し!そして未来の母になる為に妊活しているプレママも強し!

若い世代は”草食男子”などと言われるように、恋愛や性に対しての関心が薄れ、つまり性欲が減退傾向にあることも性交への意識を減らしてしまっています。

 

このままでは、より一層の性交回数・精子数の減少を生む未来しか見えません。

 

一方、女性側は仕事に家事に両立する時代になっても、疲労を理由に夫婦の営みを見送ることは少ない傾向にあり、

 

また男性が嫌がる病院に行って色々検査してもらうことも進んで行っています

 

好きで病院に行く人はいませんし、女性だって悪い検査結果を知りたくないという気持ちは一緒

 

でも自分達の未来のために、頑張っているんです

 

妊活していると、妊娠できないことで自分を責め、また周りからもプレッシャーを感じることもあるでしょう。

 

頑張っていても誰も褒めてくれないでしょう。

 

ですが、私はその努力を知っています。

 

完璧な妊活じゃなくても、常に妊活が頭から離れない苦しい中を過ごし、少しでも良いことをしているあなたは素晴らしい。

 

私は今妊活中の、また途中で諦めたとしても、今まで妊活に励んでいたプレママ達に最大級の賛辞を贈りたいと思います。

 

子宝漢方相談中の方も、漢方が好きで飲んでいる訳じゃないでしょう。

 

少しでも妊娠する可能性を高められるならという思いがその行動を生んでいます

一家の大黒柱は子供ができてから?否!

性欲減退や勃起不全などは、精神的な負担も関わる為、プレッシャーをかけられすぎると悪循環になってしまいますが、それを盾にするだけで良いでしょうか?

 

排卵日付近でセックスしないと思うとプレッシャーが・・・と思うかもしれませんが、お腹の中に命が芽生えているかどうかをずっと考え、その結果生理が来てしまうなどの苦しみに比べたら小さいものです。

 

そんな苦しい気持ちを克服するために不妊治療子宝カウンセリング漢方を飲んでいるんです。

 

男性側はどうしてそれをしないのか。

 

子供が生まれてから大黒柱になるのですか?

 

生まれる前から、家族を育み、守るために行動すべきではないでしょうか

協力的な男性もいますが、それでもどう協力して良いかわからないという人も多いです。

 

プレッシャーとの付き合い方が分からない。

 

妊活中の妻をどう支えてよいかわからない。

 

自分の気持ちだけではどうもできていない。

 

自分で選んだサプリメントで自己完結する方もいますが、自分を納得させるための行動が、本当に家族の為の行動なのかわからない。

 

そんな時はご相談ください。

 

男性はプライドが高くプレッシャーに弱いのは承知しております。

 

だから男性側は何もしなくていいわけではなく、男性だからできる身体作り、また妊活する妻を支える気持ち作りをするために、男性も子宝漢方相談をおススメします。

でもこれをお読みいただいているのはほとんどが女性です。

 

男性がレスの原因である場合、女性ができることは”責めること”ではありません。

 

互いの粗を探しあうことはプラスになりません

 

互いを高めあうことでプラスになるのです。

 

つまり、”誘導すること”です。

 

言葉でいくら誘導しても上手くいかない場合は、ホルモンを刺激して性欲を掻き立てることです。

 

その方法は”匂い”。

 

きつすぎる匂いは逆効果ですが、うっすらと夫の好きな匂いを纏うことで、キッカケを作ることも出来るでしょう。

 

また、夫婦ともに互いを認め合い、努力を認め合うことができたなら、そこに愛の結晶が生じる可能性は増えるでしょう。

 

 

私の拙いブログを読んでくれた

あなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた

出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを

願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要と感じましたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング

妊活に対しての不安

妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元に

あなたの妊娠力向上へ必要な

パズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った

子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

皆がしている妊活では

上手くいかないと感じているのなら

 

妊活苦しさ・疲れを感じるのなら

 

あなただけあなたのため”妊活”

 

見つけましょう

 

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できる
LINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg

LINE登録からの妊娠者増加中!

 

ご予約・お問い合わせは

登録後にお気軽にメッセージをください。

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

あなたの妊活応援・漢方相談の平成堂薬局

 

完全予約制(遠方・積雪の場合は電話相談・メール相談可)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...