子宝漢方相談・妊活サポートカウンセリング・健康漢方相談

平成堂薬局

お知らせ

赤ちゃんの為に、子宮内を断捨離する!

2022年05月09日


『不妊治療と子宝漢方の良さを活かすために』『不妊治療と漢方の良し悪しについて』   今日のポイント  不妊治療と漢方のメリット・デメリットを知り、最大限に生かした妊活を見つけよう!   不妊治療のメリ…ameblo.jp

 TODAY'S
 今日のポイント

  子宮内膜を整えることの大切さ

子宮内膜は私たちでいうところの『家』、つまり”住む環境”です。

胎児は寝て成長する時間が多いので、ベッド布団と考えても良いでしょう。

赤ちゃんが産まれると赤ちゃんの肌に優しいお布団を買ったり、空気清浄機を買うなど

赤ちゃんにとって心地良い環境を作ってあげると思います。

生後数か月の赤ちゃんはとてもか弱いですが

胎児はもっともっと小さく、か弱いです。

少しの衝撃や少しの血行不良が不妊・流産・早産に繋がることがあるということです。

そんな胎児を包んであげるものが『子宮内膜』

産まれてから、つまり目に見えるところだけ可愛がるのではなく

自分の身体の中から赤ちゃんが育みやすい環境を作ることで

あなたの元にコウノトリは訪れるでしょう。

  まずは自分の子宮内膜の状態を知ろう

前回『不妊治療と子宝漢方の良さを活かすために』『不妊治療と漢方の良し悪しについて』   今日のポイント  不妊治療と漢方のメリット・デメリットを知り、最大限に生かした妊活を見つけよう!   不妊治療のメリ…ameblo.jp

書いたように、子宮内膜の状態を知るには体内イメージを深めないといけません。

子宮内膜の場合は「自分の生理の血の状態」を観察して、体内イメージを深めましょう。

血はサラサラと勝手に身体全体を巡っているイメージだと思いますが

いざ生理の血を考えてみると

血の質がドロドロしていたり、茶色や赤黒かったり、レバーのような塊が出る人も案外多いはずです。

血が固まったり黒ずむのは血行が悪く酸素濃度が薄くなっている証拠です。

身近な例では怪我した時に出る血は明るくサラサラしていますが

時間が経つと黒ずんで固まってきますね。

これは身体の中にある内は酸素が充実してサラサラ明るい血色ですが

傷口から身体の外に血が漏れると血液内のヘモグロビンの酸素が無くなってしまうため

黒く固まってしまいます。

つまり生理の血の色が暗い、ドロドロしている、塊がある人は

子宮全体、もしくは一部が酸欠になりやすい環境が出来てしまっているということで

妊娠出来ても赤ちゃんが酸欠で成長がストップしやすい可能性が高いということです。

  子宮内を断捨離して赤ちゃんが育ちやすい環境へ

子宮内の酸素濃度が落ちている原因は

「冷え」、「ストレス」、「過労」、「運動不足」、「睡眠不足」、「病気・怪我」、「薬の副作用」、「過食」、「栄養不足」、「熱過剰」、「タバコ」など様々です。

これらの原因が一時的に血の巡りを悪くしてしまったのであれば原因を除去し

酸素濃度の高い良い血で満たしていけば問題ありませんが

長い間血の巡りが悪い状態が続いていると瘀血(血の老廃物)が常駐

良い血を補っても酸素が十分な血で子宮が満たすことができません。

そこでしなければならないのが子宮内の『断捨離』

生理の血の状態が良くない人の他にも

生理痛の強い人、生理前症状が多い人、冷え、頭痛などある人も

子宮内を断捨離しなければ妊活や不妊治療を続けても可能性は低いままというわけです。

  断捨離する上でたまに受ける質問

子宮内を断捨離する上で

「活血剤や駆瘀血剤が妊娠中に良くないと聞いたことがある。妊娠したいのにそういったお薬を使っても良いのか?」

といった質問を受けることがあります。

言われているように、駆瘀血剤や活血剤は妊娠時には胎児に影響を及ぼすこともあります。

ですがそれは妊娠できてからのことであり

やはりその前に断捨離しないとできる状態になれない場合もあるため

カラダ作りの最中であれば駆瘀血剤や活血剤は良く使いますし問題はありません。

痛みがあるから一時しのぎの鎮痛剤を使用するように目先を追うわけでもなく

ただ後のことだけを考えるのでなく

順序立てて先に繋がる今できることをすることが

子宝漢方の効果を最大限に引き出すことができるわけです。